第1回【アニソン名作曲家列伝MONACA&F.M.F篇】

2015.05.27

sp-150529-720-240

「うたパス」×「リスアニ!」コラボチャンネルは、さっそくの濃ゆ〜い企画「MONACA & F.M.F」でスタート! ヒットソングの裏に名作曲家アリ。近年のアニソン業界を牽引する音楽クリエイター集団の仕事から、“アニソン”の概念を変えた革命的名曲たちをピックアップ!

★リスアニ!×うたパス特集チャンネル「アニソン名作曲家列伝MONACA&F.M.F篇」はこちら


神前 暁とTom-H@ck。2010年に創刊したアニメ音楽誌「リスアニ!」が、最初期より注目し特集してきたクリエイターである。『涼宮ハルヒ』『〈物語〉シリーズ』などの名作アニメで名を馳せ、トップクリエイターの名をほしいままにしている神前暁は、MONACAの所属。そして『けいおん!』で鮮烈な楽曲を残し、一躍スターダムに駆け上がったTom-H@ckはF.M.Fの所属だ。

アニメソング業界では、もちろん個人で活躍する優秀なクリエイターも活動しているが、90年代末からはI’veやElements Gardenといった、作曲家集団の活躍が顕著になっている。実はアニメやゲーム作品の場合、単曲のみの提供に止まらず挿入歌や劇伴など音楽制作全体の構成を求められるケースが多々あり、その場合、複数の作曲家を抱えるクリエイター集団が重宝されるのだ。

そんな背景のもと、『鉄拳シリーズ』『太鼓の達人シリーズ』などを手がけた元ナムコの岡部啓一が中心となり立ち上がったMONACAと、COMPLEXや布袋寅泰、GLAYといったアーティストのレコーディングやライブに参加してきた小森茂生をプロデューサーに迎えアニメソング界に本格参入したF.M.Fが、整合性が取れたコンセプチュアルな音楽を次々と生み出し、2000年代中頃より台頭してきたわけだ。

関わるアニメ作品の多くでヒットに恵まれた両事務所には、必然、若手のクリエイターたちが集まってくる。田中秀和ややしきんといった次世代のスタークリエイターも誕生し、2015年現在もMONACAとF.M.Fは安定して良曲を提供し続けている。

さて、今回はそんなMONACAとF.M.Fの楽曲たちより、『〈物語〉シリーズ』を中心としたチャンネルを作成。事務所ごとの特色や作家ごとの個性など、“ヒットの要因”を探りながら聴くのも良し。ただ単純にあのアニメの名シーンを思い浮かべながら、楽曲に身を委ねるのも良し。思う存分堪能してほしい。

Text By 西原史顕

sp-150529-xlsx

※クリックすると画像が拡大表示されます

<情報>
登録なしですぐ聴ける試聴機能はコチラ

関連リンク

この記事を書いた人