第5回 最新シングル「Absolute Soul」インタビュー到着!

sp-150109-002-top

リスアニ!WEBスペシャル企画「鈴木このみが18歳になっても」の第5回。遂にリリースされた鈴木このみ2015年最初のシングル「Absolute Soul」。TVアニメ『アブソリュート・デュオ』のOPテーマでもある楽曲について、話を聞いた。

――鈴木このみさんの2015年最初のリリースとなります「Abusolute Soul」ですが、鈴木さんらしいパワフルな楽曲に仕上がりましたね。

鈴木このみ はい!メロディがかなり難しい曲なんですけど、聴いた瞬間に「この曲を歌いたい!」って思った楽曲なので、そのぶん気合いが入ったものになっています。かなりインパクトの強い曲でもあるので、聴いてくれるみなさんもきっと好きになってくれるだろうなって想像しながら歌いましたね。

――アッパーながら、デジタルなテイストがまたキャッチーですよね。


鈴木
 前作のオーケストラと合唱が印象的な「銀閃の風」とはまた違うテイストで、アニメ(『アブソリュート・デュオ』)が学園バトル・アクションものなので、それに負けないように歌もかなりアグレッシブな仕上がりになっていますね。

――こうしたバトルものの楽曲でガツンと攻める鈴木さんのボーカルがまたピタリと合う印象ですが、歌ってみていかがでしたか?


鈴木
 今までとちょっと違うのは、例えば憎しみや恨みなどの負の感情もありながら、それに立ち向かって頑張るというバトルソングは今までにもあったのですが、今回はアニメに合わせて、絆や希望というものを歌っていて。なので歌もそこまでシリアスになりすぎずというのを意識しました。ガツガツいくだけじゃなくて、最後まで聴くと感動するような曲、というのが今回のテーマです。

――なるほど、歌唱についてもこれまで以上に開かれた印象があるわけですね。


鈴木
 最初なんて特に「塞がれた過去に」という歌詞から始まるので、ついついネガティブな感情に行きがちなんですけど、アニメのオープニング曲なのでちょっと明るめに、という意識はありましたね。

――そこはアニメ作品のテイストの違いもありますが、やはり昨年からの楽曲のバラエティに応じて得た、鈴木さんの表現の幅というものもありますよね。


鈴木
 昔はわりと押せ押せな歌い方が得意で、逆に引き算のようなものが苦手だったんですよね。でも最近は「ここはもうちょっと引いたほうがいいな」とか、表現のバリエーションも増えたなって思います。

――アルバム『17』から1年、非常に濃い経験をしてきただけありますよね。


鈴木
 もう18歳ですから!(笑)。

――なるほど!(笑)。

鈴木 引いている部分があるから押す部分が輝くというのを、最近覚えまして(笑)。

――そこはご自身でも実感があることなんですね。


鈴木
 前はどの曲もわりと全力で行っていたんですけど、最近は余裕を持たせるというか、わざと抑えるというバリエーションを手に入れました(笑)。

――そうした表現というのは、この曲のスリリングな掛け合いのような構成でも真価を発揮していると思います。


鈴木
 やっぱり「この曲を歌いたい」という気持ちがあったからこそいい歌が録れたと思います。それにアニメだけじゃなくて自分の想いもこの曲には入っていて。アニメだと透流とユリエのふたりの絶対的な絆を描いていると思うんですけど、自分と、応援してくれるみなさんとでもそういう“ふたり”の関係になれたらと願っていて。みなさんと絶対的な絆を深めていきたいなと思って歌いました。

――ある意味、鈴木さんとファンの“デュオ”でもあるわけですね。


鈴木
 特に今回は楽曲の構成がデュエット仕様になっているので、ライブだとメインパートを自分が歌って、追っかけパートをみんなに歌ってもらいたい、みたいな。ライブで一緒に歌ってもらったら楽しいなって思っています。あと今回、デュエットというのを意識したところでは、マイクも各パートごとにそれぞれ変えて歌っていますし、そのぶんレコーディングも時間をかけて歌いましたね。まさしく二人分の魂を使いました。

――そうしたふたりの鈴木さんがせめぎ合うような歌唱は、非常に頼もしいパワフルさがありますよね。


鈴木
 今回は、くよくよするタイプじゃなくて、正義感が強くてまっすぐな主人公・透流のような、熱い人を意識して歌いました。

――これまでもそうでしたが、楽曲から受けたイメージで、鈴木さんの歌い方というも大きく変わってくるわけですね。


鈴木
 そうですね。私の場合はイメージを先に決めて、それが勝手に歌で出てくるという感じなので、そういう意味ではイメージがすごく大事ですね。今回、こういう曲を歌ってみて自分の可能性も広がったと思います。

――そして本作のカップリングですが、「Absolute Soul」のリ・アレンジ・バージョンということで、なんと奥井雅美さんとのデュエットが実現しました!


鈴木
 そこもまたデュオということで(笑)。

――奥井さんとのデュエットはいかがでしたか?


鈴木
 奥井さんの歌声が大好きなんです。今回のデュエットバージョンで、自分の歌とはまた違った歌の世界を作ってくださって、とても素敵で感動しました。特に、これまで自分はコーラスやハーモニーの勉強をあまりしたことがなかったので、奥井さんのそういうところを吸収できたらなって思いました。

――そしてもう一曲「Deep red heart」もダンサブルな仕上がりになりましたね。


鈴木
 実はそれもデュエット形式になっているんですけど、「Absolute Soul」のスパっとした攻撃的なポップさではなくて、炎が燃えているような、ラスボス戦前という感じで(笑)。

――シングル一枚でさまざまな“デュオ”が見られる作品というわけですね。


鈴木
 これまでもそうですけど、シングルごとにカラーがはっきりしていますね。ひとつのシングルだけで山盛りなので、たっぷり楽しめると思います!

――そうしたあらたなアプローチが見られるあたり、さすが18歳といったところですね(笑)。


鈴木
 うふふふふ(笑)。でも実は、今も18歳になった感じがあまりしていなくて。実感としては昨年にバースデー・ライブをしたときは18歳になった気がしたんですけど……今までと変わりなく歌っているので。ただ18歳、19歳、20歳と経てできることもきっと増えてくるはずなので、例えばいずれはカウントダウン・ライブもしてみたいな、とか、夢は広がるなあ、と思っています(笑)。

――17歳から18歳の1年でこれだけの経験や成長が見られたわけですし、これから先の1年間もまたいろいろなことが待っているんでしょうね。


鈴木
 やりたいこともまだまだ増えていきますし、それを実現できる年になっていくんだなって思います。とにかく今はこれからがすごく楽しみです!

Interview & Text by 澄川龍一

<このみんによる『18 -Colorful Gift-』全曲解説 Part5>
「LLL:CONNECTION」(新曲)

作詞:畑 亜貴 作曲:石井伸昂 編曲:石井伸昂&草野よしひろ

ずっと歌いたかった、タオルソング! ライブで歌うのに、どんな曲があったらもっと楽しくなるかな~?と考えた時に、すぐに出てきた私からのリクエストです。
最初から突き抜けたPOPなタオルソングじゃなくて、切なさのフレーズがある所が好きです。その中でも特にサビの歌詞が好きで、ずっと1人で頑張ってると思っていたけど、本当は周りを見ればみんな頑張って輝いてて、この歌詞のように皆さんとちゃんと繋がっているから乗り越えていけるんだ!って励まされます。
2ndアルバムをリリース出来るのも、皆さんの 応援とスタッフさんの支えがあるからこそ。私は歌うことによって沢山の人から力をいただいて、 沢山の人と繋がっています。
ステージに立ったら1人のように見えるけど、本当はそうじゃないし、孤独を感じる時だって、本当はいつも誰かが自分のことを見ていてくれてて、気付かないだけで、必ずいつも誰かとの繋がりがある。
それに気付けたら、きっと次の世界が見えてくる。そのことをもう1度、この曲で改めて考えました。
レコーディングの時は、エアタオルを振り回しながら、実際にライブで皆さんとタオルを回してる所を想像して歌っていました。これから、ライブの時はタオルが必須になりそうです♪ 一緒にタオル回しまっしょい!!!

「私がオバさんになっても」(カバー曲)
作詞:森高千里 作曲:斉藤英夫 編曲:依田和夫&ck510

永遠のアイドル? 今も素敵な、森高千里さんのカバーをさせて頂きました! きっと皆さん、アニソン以外のカバーに「意外!」とビックリしたと思います。今までここまで可愛さに振り切った曲を歌ったことがなかったので、大きなチャレンジでした!
レコーディングは、笑顔満開で歌いました。私がオバさんになっても、変わらず見守っていてほしいし、何より皆さんと一緒に成長していきたいな!!って願いをこめて、歌いました。18歳の今だからこそ歌える曲だと思います。
そして歌詞の中で「女ざかりは19だと あなたがいったのよ」というフレーズがあります。2015年11月に19歳になる私がどうなってるか……ぜひお楽しみに!
1番好きな歌詞は、「私がオバさんになったら あなたはオジさんよ」ってところです♪ 一緒に年をとれるのは本当に素敵なことだと思います。アレンジもキュートでPOPな感じに仕上がりました。今までになかった自分の声を生かして表現出来たかなと思います。
ちなみに、私がオバさんになったら、お母さんにそっくりになる!? とよく言われています。


  <INFORMATION>

8thシングル
TVアニメ『アブソリュート・デュオ』OPテーマ
Absolute Soul
2015年2月18日発売

【DVD付き初回限定盤-blade-】
news-1501141630-c002

《CD》
①Absolute Soul(TVアニメ『アブソリュート・デュオ』OPテーマ)
②Absolute Soul-blade-(歌:鈴木このみ、奥井雅美)
③Deep red heart 作詞:深青結希 作・編曲:若林充
④Absolute Soul(off vocal)
⑤Absolute Soul-blade-(off vocal)
⑥Deep red heart(off vocal)

《DVD》
①「Absolute Soul」Music Clip
②「Absolute Soul」Music Clip メイキング
ZMCZ-9897 ¥1,700+税

【通常盤 -shield-】
news-1501141630-c003

①Absolute Soul(TVアニメ『アブソリュート・デュオ』OPテーマ)
②Absolute Soul-shield-(歌:奥井雅美、鈴木このみ)
③Deep red heart 作詞:深青結希 作・編曲:若林充
④Absolute Soul(off vocal)
⑤Absolute Soul-shield-(off vocal)
⑥Deep red heart(off vocal)
ZMCZ-9898 ¥1,200+税

2ndアルバム
『18 -Colorful Gift-』
2015年3月4日発売

【DVD付き初回限定盤】
sp-1502051900-c003
《CD》
①Absolute Soul(ALBUM VER.)
②This game
③銀閃の風
④NOT PYGMALION
⑤Tomorrow’s best
⑥思い遣り
⑦Fly to the stars 2015
⑧フラジャイルな君
⑨LLL:CONNECTION
⑩私がオバさんになっても
⑪I believe
⑫卒業写真
<BONUS TRACK>
⑬鈴木このみメドレー

《DVD》(※初回限定盤のみ)
①「さよなら17歳、こんにちは18歳 鈴木このみ誕生会」(2014年11月1日@J-SQUARE SHINAGAWA)ライブ映像
②1stライブ「鈴木っ!!走るなっ!!」(2014年3月15日@新宿BLAZE)ライブ映像
③メイキング映像
ZMCZ-9900 ¥3,600+税

【通常盤】
sp-1502051900-c004
ZMCZ-9901 ¥3,000+税

発売・販売元:株式会社KADOKAWA メディアファクトリー

TVアニメ『アブソリュート・デュオ』
sp-150109-001-c001
AT-X 毎週(日)20:30~
TOKYO MX 毎週(月)24:00~
サンテレビ 毎週(月)24:00~
KBS京都 毎週(月)25:00~
テレビ愛知 毎週(月)26:05~
BS11 毎週(木)24:00~ 
※AT-Xはリピート放送あり。 
※放送時間は変更になる場合があります。

(C)柊★たくみ・株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/アブソリュート・デュオ製作委員会

関連リンク

この記事を書いた人