5枚でつながる5周年プロジェクト第四弾シングル「マイザーズドリーム」発売記念、伊藤かな恵スペシャル・インタビュー!

sp-140917-001-c005

アーティスト・デビュー5周年を祝う、“5枚でつながる5周年プロジェクト”も終盤。4枚目となるシングル「マイザーズドリーム」は、彼女にとっても縁の深いOAD『侵略!イカ娘』のEDテーマであり、盟友・アツミサオリとのコラボが実現。また彼女にとっての新機軸となるカップリング曲も含めて、いよいよゴールも見えてきたプロジェクトについてじっくり語ってもらった。

 

――前回の続きということで……今年の夏は満喫されましたか?

伊藤かな恵 いろんな現場でその話題になるのですが、だいたいみんなお祭りに行ったとか花火とか海とか行っていて「うらやましいなぁー」って思いながら聞いています(笑)。盆踊りを友達が教えていて、それを観に行きたいなって思っていますけど、行けるのかな……って。それはスケジュール次第ですね。

――お忙しいですからね。8月の中頃にインドネシアのイベントに行ってらっしゃいましたよね。

伊藤 慌ただしくてインドネシア感は全然なかったですね。ちょこっとショッピングモールとかに行ってインドネシアっぽい柄の洋服のお店を見たぐらいで、帰ってきて「あっという間だったな……」みたいな(笑)。でも雰囲気はすごくよかったです!すごい夏感というか、カラッとした暑さなので東京より過ごしやすかったですし、緑も多くて癒されました。イベント自体も、現地のファンの方々に盛り上がっていただいて大成功だったなと思います。あ、あとスイカは食べました!夏っぽい!(笑)。

――台湾でも食べたと言っていましたね(笑)。さて夏も終わっていよいよ5周年記念シングル5枚連続リリースも4枚目で、終盤に差しかかってきましたね。

伊藤 そうですね。でも今は次を作っている最中なのでまだまだ終わる感じはないです。録り終わった曲もありつつ、作っている段階の曲もあるので本当に並行してやっている感じで……5枚目に入る曲もなんとなく輪郭ぐらいまでは見えてきているんですけど、どういう形になるかはまだ定まっていないので、私的にはまだ終わりがはっきり見えていない感じです。

――今回の「マイザーズドリーム」のお話を聞きたいと思いますが、まずタイトルの由来はなんでしょうか?

伊藤 「なにもないところから物を出現させる」というマジックの技術の呼び名で、空中で掴んでコインを出すとからしいです。直訳すると「欲張りな夢」ってことみたいですね。

――アツミサオリさんがそういったイメージで作られたということですね。今回の曲は『侵略!イカ娘』コミックス同梱の新作アニメの主題歌でもありますが、制作にあたって曲のイメージはどのように決めたのでしょう?

伊藤 今回事前に『侵略!イカ娘』の曲って聞いていたのもあって、アツミさんの方からいくつか曲の候補を出していただいて、どの曲も良かったんですけど、よりイカちゃんっぽい曲を選びました。

――今までもEDテーマの作詞作曲はアツミさんが手がけられていて、海辺をバックにしたセンチメンタルな感じが印象的でしたが、今回もそんなイメージですね。

伊藤 今回本編がぶっ飛んでいるというか、早苗を演じていて大分引っかき回して「うわーっ!」って感じになっているのですが、最後にエンディングを聴いて「あ、結構いい話だったな」と思えるような流れがすごく好きなんです。ギャップがありますよね。

――ドタバタしていても若干いい話だったように錯覚しますよね(笑)。

伊藤 「ああ、イカちゃんも頑張ってるんだな」って印象づけられたらと思います。なんですかね、イカちゃんの夢を応援したくなるような……まあ侵略なんですけど(笑)。

――歌ってみていかがでしたか?

伊藤 元々アツミさんの書く曲がすごく好きで、歌っていてもイメージしやすいですね。イカちゃんの気持ちもすごく汲み取って作っていただいていて、「イカちゃんといえばアツミさんだな」って想いが私の中にあります。葛藤しながらも温かい曲にまとまっているアツミさんの作る世界観がすごく好きです。最後の「笑ってたい」とかそういうところって今までの曲にも入っていて、「やっぱり最後は笑顔だよね」というメッセージがすごく繋がっていて好きですね。アツミさんのデモの印象を覚えてきているので、歌ったあとに聴いてみて「自分の声の印象だったらこっちなんだ」っていうのを話し合いながら録っていました。

――伊藤さんの素直な歌い方というか、澄んだ印象がいちばん伝わるタイプの楽曲かなと思いますね。

伊藤 澄んでます(笑)。

――みずから言う(笑)。5枚出す中の4枚目としても改めていい位置づけの曲だと思います。

伊藤 そうですね、ぜひじっくり聴いていただきたいですね。

――またカップリング曲の「アンバランス」ですが、カップリングは今まで伊藤さんご自身が作詞されていましたが、今回は作詞・作曲がアキダスさんという方で「おや?」と思いまして。

伊藤 私がアキダスさんというアーティストさんが本当に好きで、春ぐらいから「書いてもらいたいです」って話をしていて、タイミングが合えば3枚目の一曲目にしたかったんですけど、ずれちゃったので今回4枚目のカップリングで書いてもらいました。

――調べたところ沖縄のシンガー・ソングライター・ユニットということで。

伊藤 そうです。沖縄出身で、今は主に関東で活動しています。最初は友達が主催でやっていたライブの対バンでいらして「なんかいいな」と思っていたんですが、また別の子が主催した対バンにもいて「お!」と思って(笑)。そういう縁もあって、ワンマンとかも観に行きまして、今回ランティスさんに提案して一緒にお仕事できることになりました。

――ある種念願かなってのお仕事なんですね。曲を作るにあたって事前にお話したりしましたか?

伊藤 打ち合わせはありました。曲を書いてもらうって段階で集まって会議したんですけど、そこで私は一方的に知っていたんですが、向こうからしたら「誰だ?」って感じで(笑)。

――「ライブ観ていたファンです」って感じですよね(笑)。

伊藤 そこで「声優やっています」みたいな話をしまして、テーマ的な、四角とか赤色とかってジャケットのビジュアル・コンセプトをお話ししつつ、好きに書いてくださいという感じでお任せしました。こっちからああだこうだ縛りたくないなと。

――なるほど、お任せしたうえで出てきたのがこの曲ということで、抜群にいい曲ですよね。

伊藤 今までにない曲だなと思います。いくつか曲を出していただいたんですが、そのなかでこの曲は今までにないというのと、こういう人間臭い歌詞がすごい好きなので選びました。

――聴いていると最初は伊藤さんに重ねたくなるんですが、聴き進めているうちにストーリーが具体的な輪郭を持っていって「あれ? 就活してる?」って(笑)。新鮮な感じがして面白いですね。

伊藤 今までの楽曲にも身近な歌詞はありましたけど、こういう限定的なシチュエーションでリアルな歌詞はなかったですよね。

――歌っていてどういう心境でしたか?

伊藤 1番と2番の時間が変化するのですが、最初のほうに出てくる「君は君だ」っていうのと最後のほうに出てくる「君は君だ」っていうのが全然違うんだろうなっていうのを思ったんです。キーも下げてもらって、歌っている自分が未来から1番の時間を振り返りながら、「こんなこともあったな」って大人な目線で言っている感じにしようって話していました。

――そういう意味では歌唱とシチュエーションが上手く機能していますね。また歌詞に書かれていたような道を振り返ったりという部分も、これまでのカップリング曲とリンクされたのではと思います。

伊藤 奇跡的に(笑)。私のイメージで書いてくださいってオーダーしたんですが、アキダスのおふたりはアニメとかも観ない人で、私のことも全然知らないのにお願いしていたので一緒にお仕事ができてうれしかったです。

――アニメや声優っていうフィールドや、伊藤さん自身のことを知っている人が書くのとはまた違う感じがあっていいですね。

伊藤 その結果が就活の曲という(笑)。アキダスさんの曲って、自分がこう思ったということを書いていて、押しつけがないところがすごく好きですね。新しい試みでどういう反応が返ってくるかというのもありますが、今回やりたいことをやらしていただいた4枚目になりました。

――ジャケ写も素敵な仕上がりですね!

伊藤 そうなんです!これも3月に撮っていて、まだ曲の影も形もない時期だったのでいろんな表情のパターンをとっていて、曲が出来上がった時点でイメージに合うものを選びました。ちょっと背伸びした感じで、もうちょっと大人っぽい印象のものも候補としてあったんですが、それよりは「マイザーズドリーム」の歌詞の行ったり来たりしてるところだなというところで、上をめざしている感じにしました。

――次の取材では連続リリースを完走した時点での思っていることとかをお聞きできると思うのですが、逆に今、5枚出し終わった段階で自分がどうなっていると思いますか?

伊藤 キャンペーンが待っているので、海外逃亡します(笑)。5枚目が形になっても「ああ、出来た……」みたいな感じで実感がわかないかもしれませんね。今の時点ではアルバムにすればよかったと思ってます(笑)。

――(笑)。量としてはアルバム1枚分でアルバムを作るよりも大変な作業をしているわけですからね。5枚目も楽しみにしています!


■CDリリース情報
伊藤かな恵「マイザーズドリーム」
(5枚でつながる5周年プロジェクト第四弾シングル)
Now On Sale!!
sp-140917-001-c002
価格:¥1,200+税
品番:LACM-14214
発売元:株式会社ランティス
販売元:バンダイビジュアル株式会社
<収録曲>
1.マイザーズドリーム
作詞・作曲:アツミサオリ 編曲:菊谷知樹
2.アンバランス
作詞・作曲:アキダス 編曲:福富雅之
3.マイザーズドリーム (Off Vocal)
4.アンバランス (Off Vocal)

関連リンク

この記事を書いた人