5枚でつながる5周年プロジェクト第二弾シングル「ルーペ」発売記念、伊藤かな恵スペシャルインタビュー!

sp-140516-001-c001

アーティストデビューから今年で5年。声優でありシンガーでもある伊藤かな恵の5周年プロジェクト第二弾シングル「ルーペ」にまつわる話を中心に彼女に迫る、スペシャル・インタビュー!

 

――5か月連続リリースの第2弾ですが。

伊藤かな恵 まだ2弾なんですね(笑)。

――まだまだ折り返しにも来ていなくて、今後のリリースも控えていますが、スタートを切った感慨はありましたか?

伊藤 大変なことをしているなぁと。当たり前ですが、今3枚目の話もしていて、それと並行して取材だったり、ゲストで呼んでもらったりとキャンペーンもあるので、自分がどこにいるんだろうって混乱するときがあります。3枚目の録音をしているのに、お話するのは2枚目のことだったり。

――マルチタスク中ということですね。逆に言うと連続している感は出ていますよね。以前もお話いただいていたとおりで、それぞれにカラーがあるじゃないですか。今回はアートワーク的なものも含めてどんなイメージなのでしょう。

伊藤 今回の色はグリーンです。テーマが前回ドット(点)だったのですが、今回は点からつながって線になるイメージでデザインしていただきました。

――5枚連続していくというのが、1枚目の点から線になっていくというストーリーも出来上がっているわけですね。

伊藤 「つながっている」ということが、ビジュアル面でもいろいろと隠されているので、「つながっている」ものを探してもらえるとうれしいですね。わかりやすいのは、帯裏に次回予告があるところですね。そことは別にいろいろとちりばめていますので。

――今回のシングルに収録されます「ルーペ」の話ですが。楽曲制作でnano.RIPEが手掛けられていますが。

伊藤 『花咲くいろは』でご一緒しました。あのときがnano.RIPEさんのデビューですよね。PVの収録の時に初めて音を聴いて、「すごくいい曲だな」と思ったことを今でも覚えています。絵を見せていただきながら緒花ちゃんのナレーションを録ったのですが、「この曲、誰なんだろう」って。

――作品も含めて楽曲制作などで伊藤さんとも交流があると思うのですが、いろんなお話をされたりするんでしょうか。

伊藤 飲みに行ったこともありますし、きみコさんとふたりでご飯に行ったこともあります。『花咲くいろは』繋がりでぼんぼり祭の時に金沢で会食したり。

――前回が畑 亜貴さんだったり、渡辺拓也さんだったりとゆかりの深い方が担当されていましたが、今回も同じようなかたちですよね。好きなバンドということもありますが、今回の「ルーペ」を聴かれた感想はいかがでしたか?

伊藤 作る前にいろいろきみコさんといろいろお話させていただいて、1枚目がスタート感のあるワクワクするような曲だったので、2枚目はもうちょっと落ち着いた感じの曲がいいなと。イメージ的にはテーマである「つながっていく」感じだったり、線の先に誰かにいてもらいたいとか、落ち着いて地に足のついた感じの曲がいいなというお話をして、作っていただきました。

――じんわりくる伊藤さんの歌始まりもあって、曲も素敵だなと思っていたんですが、歌詞も素敵だなと思って。先ほどおっしゃっていた「線」の途中にある感じですとか、2枚目ということもあって、これまでの5年というキャリアのなかで、振り返ったり前を見たりというような感じもありますが、歌詞をご覧になった感想はいかがですか?

伊藤 「こういう切り口なんだ、すごいな」と思いました。話したことをうまくちりばめてくださって。じわじわくる感じの曲ですよね。何度も聴くと沁みこんでくる曲ですよね。

――極端に前向きというわけでなく、歌詞も読ませる感じですが、そういった曲を歌われていかがでした?

伊藤 イメージがしやすかったので、歌っていても違和感がなくて、「空」とか、歌詞の中にでてくるイメージだったりとかがすっと入ってきました。

――ミディアムな楽曲ですが、歌っているときはどんな気持ちでしたか。

伊藤 A、Bからサビにかけて大きく広がるので、頭の部分を抑えて抑えて、サビをガッと飛び出すイメージで歌いました。歌っているうちに力強くなりすぎちゃって、「イカン、イカン」って。感情を出し過ぎてもだめだなって。

――カップリングの「コンパス」ですが、前回に引き続き、伊藤さんが作詞をされています。

伊藤 曲からもらったイメージで詞を書きました。初夏っぽいとか爽やかなとかあったのですが、そこは一度おいておこうと。イメージが強い曲で、感情を出して歌う曲なんだろうな、どんな気持ちを乗せたいかなと考えたときに、今まで応援ソングって書いてなかったなと思って。

――歌詞の選び方という部分で力強いというか、はっきりした言葉を使っている印象ですが、これはebaさんの曲からイメージされたものですか。

伊藤 自分で書いて「連れてくよ」とか「ここにいるよ」とかどうなのかな?とは思っていたのですが、でも誰かが言ってくれたら、自信をもって進めるなと思って。言われてうれしいこととかを入れていきました。

――歌ってみていかがでしたか。

伊藤 難しかったです。速いリズムだったり、言葉のはまり方が。音を聴いて数えて書くのですが、それが速すぎて「聴き取れないココ」ってなりながら書いていました。レコーディングの時も「このはまりはどうしたらいいんだろう」っていうのを話しながら歌いました。

――曲のほかにもうひとつ目玉の連続ドラマですが、今回はどのようなことをされましたか。

伊藤 今回はお料理です。前回とは別のエプロン姿です。猫ちゃんが出てきます。しかもしゃべる猫ちゃんです。観ている人には心の声が聞こえます。私には聞こえないのですが。

――猫の声は伊藤さんが当てられているのでしょうか。

伊藤 先輩に当てていただきました。声を聴いていただければお分かりになると思うのですが、クレジットでは伊藤かな恵以外みんな名前を変えていまして、名前だけ見ると本人の面影ゼロです。

――ちなみに料理は何を作られたのでしょう。

伊藤 ピザときゅうりの一本漬けと、あとケーキを作ろうとしています。

――先ほどもありましたが、いろいろな展開があってマルチタスクで5周年を楽しんでいらっしゃると思いますが、まだ残り3枚あります。こちらはいかがでしょう。

伊藤 どうなんでしょう?無事発売できるのか(笑)。本当にCDなのか(笑)。


【リリースインフォメーション】
伊藤かな恵「ルーペ」
(5枚でつながる5周年プロジェクト第二弾シングル)
Now On Sale!!
sp-140516-001-c002

<収録曲>
1.ルーペ 
作詞・作曲:きみコ 編曲:nano.RIPE
2.コンパス
作詞:伊藤かな恵 作曲・編曲:eba
3.ルーペ(Off Vocal)
4.コンパス(Off Vocal)

価格:¥1,200+税
品番:LACM-14211
発売元:株式会社ランティス
販売元:バンダイビジュアル株式会社

関連リンク

この記事を書いた人