サウンドからMVまで、全体でアニメに寄り添った表題曲。Pile「Melody」リリース&SPECIAL LIVE開催記念インタビュー!

int-1605171700-main

Pileのニュー・シングル「Melody」には、青空がよく似合う。そのうえ『境界のRINNE』の主題歌でありながら、単体の曲として聴いても楽しめる1曲に仕上がった。このシングルを引っさげて、5月22日には“Pile SPECIAL LIVE!!!「P.S.ありがとう…」”を開催するPileの、今の心境に迫る。

曲調がコロコロ変わる部分もすごく『境界のRINNE』に合ってるなって思います

――ニュー・シングルの表題曲「Melody」はすごく爽やかで、今までの表題曲とはサウンドのテイストが違う感じもしました。

Pile アニメの世界観の違いもあるんじゃないでしょうか?今回の『境界のRINNE』はこれまで主題歌になってきた作品よりも実世界に寄り添った世界観なので、今までとはまたガラッと変わったような感じがします。あと、私の曲によく入っている弦の音色もそんなに前面に押し出されていなくて、私も爽やかさを感じました。

――アニメの映像とも、すごくよく合っていますね。

Pile そうなんですよ、リップシンクしてて!放送まで知らなかったんです。るーみっくわーるどに関わらせていただけること自体すごくうれしいんですけど、「(真宮)桜ちゃんが歌ってるー!」って思ってびっくりしました。しかも、アニメバージョンの歌詞がCDと違う構成になっているので、そこも面白くて。

――なるほど。そんな新鮮な驚きもあったんですね。

Pile ありました。しかも『RINNE』って結構ドタバタな部分が多い作品じゃないですか?切ないこともあるけど、面白かったりオチがあったり。そういう意味では、曲調がコロコロ変わる部分もすごくこの作品に合ってるなって思います。オリジナル曲で、こんなにアニメに合う曲を書いていただけて、本当にすごいなぁって思いました。

――ロックっぽさもありながら、それよりちょっと軽快で。今までの表題曲のように、歌声含めて強そうな感じの曲ではないですね。

Pile そうですね。ちょっとポップスっぽいというか。『境界のRINNE』という作品を知ってもらうにもいい歌詞でありつつ、作品を知らなくても聴ける曲だなと思います。

――一方歌声なんですが、すごく細かく歌い込まれている印象があります。たとえば、2コーラス目のAメロ後半では歌詞に合わせて優しく歌っていたり。

Pile そうですね、歌詞を見て感情を乗せて。1コーラス目はどちらかと言うと自分に言うように切なく、2コーラス目は相手に問いかけるように歌ったので、こちらのほうが優しい歌い回しになっていると思います。

――そのほか、こだわられた部分はありますか?

Pile 1・2コーラスともに、Bメロの「キミ」からは明るく歌うようにしています。ここがサビへの転換点のような感じになっていますね。でも音域的にはサビは少し落ち着いていて、最高点を迎えるのはBメロなんです。なのでそこも聴かせどころだと思うので、そこも大事に細かく細かく歌い込んでいきました。

――そこはファンの方も、どういう形で見られるのかライブを楽しみにしていると思います。

Pile ぜひ来てもらいたいです。まだMV撮影でしか歌ったことないので。(※取材時点)

――そのMVは、どんなものになっていますか?

Pile こちらも曲調通り、結構爽やかな感じです。菜の花畑やお城みたいなところで撮ったり。あと、『境界のRINNE』って猫キャラがすごく出るので、猫ちゃんにも出てもらって。撮影の前半はめっちゃ巻いたのに、結局猫待ちで押しました(笑)。

――動物撮影あるあるですね(笑)。

Pile でもかわいかったんで、いいです、許します(笑)。MVの中ではジャケットの衣装も着てるんですけど、別の衣装では桜ちゃんにちなんで三つ編みにしてるんです。あと、高橋留美子先生ってやっぱり『らんま1/2』のイメージもあるから、お団子ヘアーも入れたいねというところから初回限定盤Bのビジュアルができたり。やっぱりるーみっくわーるどっていうのがうれしくて、そういうところをMVに反映してもらいました。

――なるほど。歌詞だけではなく、ビジュアルからもアプローチを。

Pile そうですね。だから、MVやビジュアルも込みで全体を観ると、より『境界のRINNE』に寄り添った作品になっていると思います。

――そしてカップリング曲「angel song」ですが、タイトルだけの印象だと、もっと神々しいものを予測したのですが……。

Pile もっと明るめのサウンドかなと思いきや、結構暗めで。カップリングにしては重たい曲なんですよね。元々私のシングルって表題曲が強めだったので、表題とカップリングがひっくり返って、自分のスタイルもまた変わってくるのかな?とも考えました。

――実際に歌われてみて、いかがでしたか?

Pile ブレスの歌い回しとか、全体的に難しいポイントが多かったです。特にサビをどこで切ればいいか、とか。しっかり伸ばしてるうえに、音が上下に行ったり来たりしているので。でもその分、本当にかっこいい曲なんですよ。撮影のときに流してたら「この歌めっちゃかっこいいじゃん、誰の歌?」って聞いちゃったぐらい(笑)、お気に入りの曲なんです。

――だからこそ、その分反応も気になるのでは?

Pile そうですね。この曲は笑夢(EME)さんという方が歌詞を書いてくださったんですが、安田(尊行)さんとしほりさん以外の歌詞は初だったので、新しい感じがすると思います。自分の番組で1コーラスだけ流したときの反応はよかったので、早く皆さんにフルを聴いてもらいたいですね。

――その歌詞ですが、リスナーさんが自分を見守られている側に投影して、Pileさんが“guardian angel”みたいな見方もできるのかな?と思ったんですが。

Pile 私は逆に、「キミ」が私なのかな?って思います。「涙の森を抜け」とか、つい最近も泣きましたし(笑)、みんなから「信じてるよー!」とか声援や元気をもらったりしている感じの曲なのかな、って感じました。

――この曲は、初回限定盤Bにanother versionが収録されていますね。

Pile こちらはハードロックな感じになっています。5月22日のライブは生バンドなんで、こっちのバージョンになるのかな?ライブ映えしてすごくかっこいいと思います。曲自体にアツい感じもするので、赤い光がいいなぁ……。

――その22日のライブも、いよいよ開催が迫っています。

Pile 見切れ席までパンパンと聞いてすごくうれしいんですけど、まだ何も決まってなくて(※取材時点)、「大丈夫かなぁ?」って思ってます(笑)。でも、生音を会場で聴く意味を大きいと思ってもらえるのって、本当にうれしいですよね。だからちゃんと、皆さんに楽しんでもらえるように歌わなきゃな、って思います。

――グッズはすでにデザインが公開されていて、Tシャツはアーティストネームをもじって“816”と記されたものになっています。

Pile 元々8.16を勝手に“Pileの日”にしてイベントをやってたっていうのもあるんですけど、夏前のライブなので普段着としても大活躍なTシャツを作りたくて。結構かわいいと思うんで、私も愛用しようと思います。あと、セカンドアルバム『PILE』の初回限定盤Aで使ってたフラミンゴを、「王冠つけてください」とリクエストを出してロゴにして入れてもらってまして。たぶんこれからのロゴはこれになると思います。フラミンゴ、ピンクだし!

――それが、キンブレの先端で向かい合ってハートを作っているのもかわいいです。

Pile そうなんですよ。このキンブレを使ってどうしてもやりたいことがあるんですが……それは、当日のお楽しみです!

――では最後に、そんなアイデアとワクワクの詰まった22日のライブへの意気込みをお願いします。

Pile グループ活動のほうにひとつ大きな区切りがついてすぐのライブなんですが……このライブで私の歌を聴くのが初めて、っていう人も多いと思うんです。なので、そういう人たちにも楽しんでもらえるように、来てよかったって思えるよう頑張ります。あと、どうしても大事な曲が1曲あって。その曲を私も、生バンドで歌うのを楽しみにしています。シングルもリリース後なので、ぜひこちらも聴いてきていただいて、一緒に楽しんでいただけたらと思います。

Interview&Text by 須永兼次

「Melody」ミュージックビデオShort Ver.


●ライブ情報
Pileスペシャルアコースティックライブ
7月3日(日)大阪府内某所

【応募方法】
5月18日発売シングル「Melody」に封入されている専用ハガキに必要事項を記入し、52円切手を貼り応募。
応募者の中から抽選で「Pileスペシャルアコースティックライブ」に招待される。
応募締切:5月23日(月)必着

●イベント情報
ミニライブ&特典お渡し&握手会
5月17日(火) 18:00 愛知県 アスナル金山 明日なる!広場
5月18日(水) 18:30 神奈川県 ラゾーナ川崎プラザ 2F ルーファ広場
5月21日(土) 14:00 大阪府 あべのキューズモール 3F スカイコート
※ミニライブは観覧自由ですが、特典お渡し会や握手会のご参加はイベント当日にシングル「Melody」をご購入頂いたお客様となります。

・対象商品どれでも1枚購入:イベント参加券(黄色)=トレカお渡し
・対象商品の内異なる商品番号を同時に3枚購入:イベント参加券(ピンク色)=トレカ&缶バッジお渡し&握手

詳しい参加方法、注意事項はこちら

●リリース情報
Pile 4thシングル
「Melody」
5月18日発売

【初回限定盤A(CD+DVD)】
news-1605012100-c001

品番:VIZL-963 価格:¥2,000+税

<CD>
M1. Melody
M2. angel song
M3. ドリームトリガー -another ver.-
M4. Melody <off vocal>
M5. angel song <off vocal>

<DVD>
「Melody」ミュージックビデオ、他特典映像収録

【初回限定盤B(CD ONLY)】
news-1605012100-c002

品番:VICL-37164 価格:¥1,200+税

<CD>
M1. Melody
M2. angel song -another ver.-
M3. ドリームトリガー -another ver.-
M4. Melody <off vocal>
M5. angel song -another ver.- <off vocal>

【アニメ盤(CD ONLY)】
news-1605122100-c003

品番:VICL-37165 価格:¥1,000+税

<CD>
M1. Melody
M2. ドリームトリガー -another ver.-
M3. Melody <off vocal>
M4. ドリームトリガー -another ver.- <off vocal>

【通常盤(CD ONLY)】
news-1605012100-c003

品番:VICL-37163 価格:¥1,200+税

<CD>
M1. Melody
M2. angel song
M3. ドリームトリガー -another ver.-
M4. Melody <off vocal>
M5. angel song <off vocal>

●ライブ情報
Pile初となる生バンド編成でのライブ
[Pile SPECIAL LIVE!!!「P.S.ありがとう…」]
5月22日(日) 東京/TOKYO DOME CITY HALL
開場 15:00/開演 16:00

<Pile プロフィール>
2006年、全国アジアンドールズオーディションでグランプリを獲得。2010年に「ラブライブ! School idol project」の声優としてTVアニメ「ラブライブ!」西木野真姫役を担当し、アイドルグループμ’s(ミューズ)のメンバーとしても活躍。2015年1月にはさいたまスーパーアリーナ2DAYSを敢行。2014年12月にシングル「伝説のFLARE」でソロデビューを果たし、2015年3月にはファーストアルバム「Jewel Vox」をリリース。同じく3月には有線問い合わせランキング1位を獲得。また、同年4月にμ’sとして声優アワード「歌唱賞」を受賞、11月シングル「ドリームトリガー」がオリコンウィークリー7位を記録、μ’sとしてNHK紅白歌合戦に初出演するなど現在、話題沸騰中の声優アーティスト。

関連リンク

この記事を書いた人