『薄桜鬼〜御伽草子〜』テーマソング「Don’t Cry」リリース記念 蓮花インタビュー!

news-1601292030-1

『ファイアーエムブレムif』のアクアというキャラクターを通して歌唱したデビュー曲と違い、「蓮花」として歌う意味について考えた「Don’t Cry」。蓮花にとって新たなデビューシングルとも言える楽曲であり、「さらに羽ばたいていければ」という思いの詰まった1曲となった。また、彼女は1stシングルのカップリング2曲に続き、今回のシングルでは収録曲全てで作詞を担当。シングル「Don’t Cry」に寄せる思いを聞く。

「誰もが感じていること」を意識して歌詞を書いていきました

――「Don’t Cry」はどのような気持ちで作詞されましたか?

蓮花 曲を聴いた時、切なさと力強さという正反対のイメージが浮かんできたので、それをテーマに書いてみたいと思いました。書いているうちにも、揺るがない部分と曖昧な部分という誰もが持っている感情を歌詞に込めたら、聴く人の心の中で共感する部分がひとつでも生まれるんじゃないか、という確信が出てきたんです。なのでその後は、自分の思いだけ、というのではなく、「誰もが感じていることって?」という部分を意識して書いていきました。例えば、「胸の中の思いとは裏腹なことが伝わってしまうのはなぜだろう?」とか。

――歌詞の中でポイントとなった部分はどこですか?

蓮花 “どうかずっと 穏やかな気持ちで そっと願う”というところです。静かになるので、歌もちょっと力を抜いているんですけど、そこは自分の願い、誰かの思いということを強調しようと思って書いていました。

――歌入れの際に意識したことって何かありましたか?

蓮花 息遣いですね。呼吸の仕方やブレスを入れたい場所についてはかなり気をつけて歌いました。ディレクターさんからアドバイスをいただきながら、自分からも「ここはブレスを強調したいんです。カットせずに入れてもらっていいですか」という話もさせてもらいました。「if〜ひとり思う〜」は天使や子どものような無垢な気持ちで歌ったんですけど、「Don’t Cry」は力強さを表現したかったので、かなり歌い方も変えました。むしろ1stシングルのカップリング曲「笑顔の影」と共通するところがあったと思います。

――では、「Don’t Cry」を“歌ってみた”する人にはどんなアドバイスをしますか?

蓮花 クールな印象のある曲なので、「本当は弱い自分を見せたくないと強がっている」「でも素直になりたい」という葛藤を抱えながら歌っていただくと、曲のテーマとつながるんじゃないかと思います。

――じゃあ悶々としながら歌った方が?(笑)。

蓮花 そうですね(笑)。でもそこは力強く発散していただければ。

――ジャケットのイメージについても教えてもらえますか? 初回盤は『薄桜鬼』のイメージを強く出したと思いますが。

蓮花 はい。でも実は、「Don’t Cry」は花をイメージしながら歌詞を書いていたんです。散っていく儚さとか。なので、私の中のイメージと『薄桜鬼』のイメージが一致したのはうれしかったです。そこで選んでもらえたのかと思っています。偶然の縁ですね。あと、歌詞に書いた、揺らがない自分と揺らいでいる自分、を表現するのが難しかったです。強い視線でしっかりと揺るぎなく立っているんだけど、表情は泣かないようにしている……とか。ドレスなのも「揺らぐ」イメージからで、そこでも弱い自分を表現しています。

――カップリングについてもぜひ。「夢ヒラリ」についてはどのような気持ちで歌詞を書いたんですか?

蓮花 この曲も、イントロのピアノを聴いたときに花が散るイメージが浮かんだんです。そこから、自分の描いていた夢や希望を花に例えました。どんな花でも散っていく瞬間は美しいし、切なくて悲しいと思うんです。だから、葛藤を抱えながらも生きていく自分を託すつもりで歌詞を書きました。私の歌詞って、奥底に「葛藤」が見え隠れするんですけど、恋人同士の別れを書いたのは初めてでした。でも、この曲を聴いたとき、そういう表現方法も新たにやってみたいと思い、物語を書くような気持ちで書いてみました。人に例えることは苦手なんですけど……。(作詞するとき)どうしても花がイメージとして浮かぶんですよね。花に例えるとすらすらと書ける気がします。自分の名前にも「花」って入っていますし。

――花は身近な存在なんですね。

蓮花 よく花を生けるんです。水の入った花瓶に生けてもいいし、1輪だけを置いた状態も儚げで可愛いし。そういうことを考えるのも楽しいですね。

――—今はどんな花を部屋に飾っているんですか?

蓮花 今は春が待ち遠しいので、ピンクや白の花を飾っています。束で買ってきてドンといけるとすごく素敵で。ぜひやってみてください。元気になりますよ(笑)。

――分かりました(笑)。「Melody of Memory」の歌詞はどこから着想を得ましたか?

蓮花 最初の部分のメロディからすごくインスピレーションを受けました。オルゴールっぽいというか、一枚の絵みたいなのが自分の頭の中に浮かんできたので、それを文字にしていくイメージでした。それから、若い世代の方に響く詞にしたいと思ったんですね。携帯電話の煩わしさを書いた詞で、携帯という存在に囚われないで、というメッセージが込められています。ファンの方から「同じことを思ってました」って意見もたくさんいただいたので、書いて良かったなと思いました。

――特に若い世代に向けた歌詞を書こうと思ったきっかけはあったんですか?

蓮花 曲を聴いたときにあるアーティストさんが頭に浮かんだんです。その方の歌詞はすごく女の子の共感を得ていて。この曲のメロディにはそういうジャンルが合うと思ったんです。

――身近な思いを描いた歌詞が合う曲と思ったんですね。

蓮花 そうです。女の子が寝ぼけながら朝起きたとき、携帯を見て「メールがたまってるよ」「これに全部返さないといけないのかー」ってうんざりしているシーンが浮かんできました。

――今回は2ndシングルとなりますが、蓮花さんにとってどんな一枚になりましたか?

蓮花 「Don’t Cry」も今までの曲も、全てに共通しているのは、「この人の歌は歌い方や声が変わっても深い闇の部分が見えてくるようだな」という私の葛藤や思いが表れていることで。でも、誰もが悩みや不安を抱えて生きているものだと思うので、街中のラジオやお店の中といった生活の一部で出会ったほんの一瞬、ワンフレーズを聴いて、「私だけじゃないんだ」と思ってもらればうれしいですね。救いになるとか明るい太陽のように照らすということはできなくても、聴く人に寄り添う歌を歌っていきたいと常に思っているので。

Interview&Text By 清水耕司(セブンデイズウォー)


●リリース情報
蓮花2ndシングル
「Don’t Cry」
3月9日発売

【初回盤】
news-1601292030-3

品番:JBCZ-4020
価格:¥1,600+税
※初回盤特典

・「薄桜鬼〜御伽草子〜」描き下しイラストを使用した豪華スリーブケース付き。
・「薄桜鬼〜御伽草子〜」オリジナルラバーストラップ封入(※土方歳三、沖田総司、斎藤一のいずれか一つがランダムに封入されています。

【通常盤】
news-1601292030-4

品番:JBCZ-4021
価格:¥1,200+税

<CD>
M1.Don’t Cry
 作詞: 蓮花  作曲&編曲: 大西俊也
M2.夢ヒラリ
 作詞: 蓮花 作曲:Hiya & Katsuma 編曲:池田大介
M3.Melody of Memory
 作詞: 蓮花  作曲: 小内喜文 編曲:古井弘人

<通常盤 特典内容> 
TVアニメ『薄桜鬼〜御伽草子〜』4月3日(日)開催 放送直前イベント『春の鬼祭り』参加抽選券封入

●作品情報
TVアニメ『薄桜鬼〜御伽草子〜』
news-1602131900-1

TOKYO MX、サンテレビ、三重テレビにて2016年4月より放送開始。※放送時間は追って発表

【スタッフ】
監督:篠原ぱらこ
アニメ制作:DLE

【キャスト】
桑島法子、三木眞一郎、森久保祥太郎、鳥海浩輔、吉野裕行、遊佐浩二、津田健次郎 他

<薄桜鬼とは>
「薄桜鬼」はアイディアファクトリーの女性向けゲームブランド「オトメイト」から2008年に第1作目が発売された、恋愛アドベンチャーゲーム。“新選組”をモチーフとしながらも鬼や吸血鬼などのファンタジー要素を巧みに組み込み、多くの女性ファンに支持され、シリーズ累計90万本を誇る。また展開はゲームのみならず、テレビアニメ、舞台、ミュージカル、イベントなど、広がり続けている。

(C)IF・DF/「薄桜鬼〜御伽草子〜」製作委員会

関連リンク

 

この記事を書いた人