セブンスの伝説の扉が開く。「Tokyo 7th シスターズ」ニュー・シングル「SEVENTH HAVEN」リリース記念・茂木伸太郎総監督×水瀬いのりスペシャル対談!

 int-1602242200-02

「Tokyo 7th シスターズ(以下、「ナナシス」)」のニュー・シングル「SEVENTH HAVEN」が2月24日に発売される。今回は発売を記念して「ナナシス」総監督の茂木伸太郎氏と、セブンスシスターズのセンター・七咲ニコル役の声優・水瀬いのりの対談をお届けする。

Donutsがサービス提供しているゲームアプリ「Tokyo 7th シスターズ」の舞台となるのは、2034年の近未来の“第七新東京区”。アイドル文化が衰退した世界でのアイドルの卵たちを描くのが「ナナシス」のオリジナルな世界観だ。今回のシングルでフィーチャーされるのは、かつて「ナナシス」世界に存在したアイドル・セブンスシスターズ。彼女たちの解散とともにアイドル文化が終焉したとまで言われる「伝説」に迫る新たな扉が開かれる。

本作の表題曲「SEVENTH HAVEN」作曲は、「ナナシス」の始まりの楽曲「Star☆Glitter」を手がけたkz(livetune)。サウンドはこれまでのセブンスシスターズのイメージを塗り替える破壊的なまでのカッコよさで、大手コンビニチェーンでヘビーローテーションされている楽曲の印象度に釘付けになった人も多いのではないだろうか。今回は伝説の6人を代表した水瀬いのりと茂木総監督にたっぷりと語ってもらった。

続きを読む

この記事を書いた人