榊原ゆい、J・A・シーザーとのコラボ曲を含む10thアルバム『Lofty rose』リリース記念インタビュー

int-1508142000-c001

LOVE×TRAXレーベルで10枚目のオリジナルアルバム『Lofty rose』をリリースする榊原ゆい。今回はそんなスペシャルなタイミングにふさわしく、J・A・シーザーが作曲として参加した楽曲や、ライブDVDが2枚も付属するという豪華なパッケージになっている。キャリアを重ねたからこそできる、自信のある表現。彼女が今、歌に向かう姿勢を聞いた。

毎年アルバムを出し続けて、10枚を重ねてきたことに対する達成感がありますね

――今回、10枚目のオリジナルアルバムということでご自身で何か思うことはありましたか?

榊原ゆい そうですね……。感慨深い思いもありつつ、毎年アルバムを出し続けて、10枚を重ねてきたことに対する達成感がありますね。スタッフとも話したんですけど、「1年に1枚のアルバムを出せる人ってあまりいないよね」って。セルフプロデュースですので、私自身も頑張ってきましたが、楽曲や周りの方に恵まれて今まで続けて来ることができたということに対する感謝の気持ちがあります。その意味において”10″という数字の重みはすごく感じています。

――榊原さんは歌手以外にも声優やイベント出演など、多忙に過ごされていますが、毎年コンスタントにリリースできるそのモチベーションはどこからくるのでしょうか?

榊原 う~ん、たぶんそこには「好き」という気持ちしかないと思います。もちろん、好きなだけではできない部分もあるとは思うんですけど、これまでのお仕事の中でみんなの笑顔とか仕事の達成感とか、いろんな喜びや幸せを味わっちゃっているので、たぶんやめられないだけなんです(笑)。周りの方から信頼していただいている以上、お引き受けする際には榊原ゆいに頼んだ意味があるようなお仕事にしようと常に心がけています。そうしたことが積み重なっての今回の”10″という数字だと思いますし、その上でここまでやってこられたことをとてもうれしく思います。

――そんな想いも込められてそうな表題曲の「Lofty rose」ですが、ご自身の中でどんなテーマを掲げましたか?

榊原 今回はライブで歌うときに盛り上がる曲を書きたかったので、アレンジの若林タカツグさんには、ちょっと前の年代の戦う変身魔法少女のオープニングみたいな感じで作りたいというイメージを伝えました。サビでも「Hey Yes!」と入っていて、ファンからレスポンスを返してもらえるような作りになっています。ただ、キラキラ明るくしすぎるのではなく、どこか切なさとか頑張っている子たちの戦いや感動が見える感じにしていただきました。コード進行も細かくやりとりをして、私のワガママをいっぱい入れていただいています。一番最後の進行は当初、明るく終わっていたんですけど、グッと切なくくるようなロングトーンのコードにしたくて変えてもらったりとか、リズムの遊びをAメロBメロに入れてもらったりしています。もちろん大枠は作って頂いたあとの詰めの作業だったんですけど、最後に私の理想を細かくお話して入れ込んでいただいた感じです。

――歌詞についてはどんな思いを込めて書きましたか?

榊原 この歌詞はバラをモチーフにしています。刺もあるので取り扱うのが大変な花なんでしょうけど、気高さや美しさがあり格好良くて、女性として守られるだけではない凛としている感じが好きで、そんなバラに自分を例えてみました。

――そうしたイメージのあるバラは以前からお好きでしたか?

榊原 そうですね。花の中ではバラが一番好きです。私自身、守られるようなタイプではありませんし(笑)。凛と咲き続けたいなという思いもあります。10枚アルバムを出してきたことによって、自分の心の中にあるバラを誇らしくも思っています。バラというと赤いイメージがあるかと思いますが、私のアーティストカラーはピンクなので、歌詞の中にわかりやすく書きました。ライブではピンクのペンライトを振ってくれるとうれしいですね。

――2曲目の「Delusion」は『少女革命ウテナ』の楽曲を手がけたJ・A・シーザーさんによる楽曲です。榊原さんはかねてから『ウテナ』のファンであることを公言されていますのでうれしい企画だったかと思います。まず、このコラボレーションはどのようにして実現したのでしょうか?

榊原 ある日私のバンドでパーカッションと、この曲の編曲を担当している田中まさよしさんのtwitterを見たら、「シーザーと飲んでる」って書いてあったんです。私たち『ウテナ』オタクにとって、J・A・シーザーさんは神様的存在なのですが、その方を呼び捨てにした上に「飲んでるってどういうことだ?」と(笑)。それで連絡をしてみたら彼はシーザーさんの舞台でもドラムをやっていたんです。そんなこと今まで知らなかった!……と(笑)。それで、シーザーさんの舞台を見せていただいたら、世界観はその舞台のものですけど、やっぱり私はシーザーさんの曲が好きだなと思いまして。ちょうどそれがアルバム制作が始まる時期だったので、ダメモトで「アルバム10枚目なんですけど、1曲書いていただけないでしょうか」とオファーをさせていただいたら、「私で良ければ」というお返事をいただいたんです!

――おおっ! 楽曲イメージはどんな風にお願いしたんですか?

榊原 今回はハロウィンライブがあるので、ハロウィンをテーマに、ちょっと滑稽な闇の者たちのドンチャンパーティーみたいな感じにしたかったので、それをお伝えしました。シーザーさんは歌詞に合わせて曲を作るという手法で、それは私にとっては珍しい方法だったのですが、なんとか先に1コーラス分の作詞を書いてお渡ししました。

――仕上がりはどんなでしたか?

榊原 「まさに神様の曲だ!」と思いました(笑)。いただいたメロディはちょっと見ただけじゃ私の歌詞がどんな風にハマるのか分からないくらい難解なものでしたが、丁寧に載せていくとハマる感じでした。シーザーさんの曲って、やっぱり「ウテナ」に代表されるような合唱曲のイメージがあって、私もいただいた当初は頭の中は合唱しか鳴り響かなかったんです。でもそのままだとちょっとオリジナリティがない。そこで「夢の国」のミュージカルっぽい感じにしてみようと思って。

――これまでミュージカルに挑戦したことは?

榊原 いえ、ありませんでした。ただ、私も声優ですしそういうのは好きな方だったので、まずはやってみようと。語りの部分はおばあさんで、歌の中では魔女という感じに設定したんですけど、やってみたら意外と良い感じに声が出たので(笑)。それがレコーディングの2日前。最後の最後に出てきたこのビジョンでようやく、シーザーさんと榊原ゆいのコラボになるなと思いました。これまでもけっこう振幅の大きい曲を作ってきたのですが、これは「榊原史上、最大の振幅」でした(笑)。今まで私の曲を好きで聴いてくださった方にとってもはじめての曲になったと思うので、そこは楽しんでいただけるんじゃないかなと思います。今回のアルバム新録の2曲はそれぞれ違う視点でライブ向きで、生で聴いて迫力を味わうのに良い曲になったんじゃないかなと思います。

――おばあさんや魔女の声づくりについて、声優としての榊原さんはどのように取り組みましたか?

榊原 今までこういう役を頂いたことはなかったんですけど、家で仮歌を録ってみたときにポンと掴んだ感じでしたね。いつも事務所の後輩に言っていることなのですが、「日常がお勉強である」と。何か勉強しようと思ってするのではなく、日常の中で触れることで引き出しを作る方が勉強の効率がいいんです。日頃、おばあさんの声を聞くこともあるし、お芝居としてでも聞いたことはあるはず。魔女の声やミュージカルの歌い方もそう。見て「楽しい!」と思うだけでなく「どうやったらそうなる?」という見方がポイントだと思います。見た事や何気ない日常の中でも、自然と培われているものだと思うので、日頃からアンテナを張っておくことが大事で、それは仕事に生きるなと今回、改めて思いました。やった事ない歌い方でしたが逆にレコーディングが非常にスムーズに行き過ぎて、フルコーラスをツルッと3回録音して終わっちゃいました(笑)。

――ジャケットのイメージコンセプトについても教えて下さい。前作はセクシーなジャケットが話題になりましたが。

榊原 今までは表題曲に合わせて作りこんだ形だったのですが、今回は自然体にしてみたくて、衣装も普段着の延長上でふんわりと大人女子な感じにしてみました。私はどちらかというと作りこむほうが得意なので、ナチュラルなのは不安があったのですが発表してみたところ、男性からも女性からもすごく良いという反応をいただけたので、ちょっとホッとしています(笑)。

――そして、今回初回特典としてバースデーライブのDVDが2枚も付属します。

榊原 バースデーライブは去年で一区切りをつけたのですが、去年の2014年公演と2013年の公演が特典になっています。これがCDの特典ということに「やっぱゆいにゃんはやることが斜め上だぜ」とか「さすが規格外」といった反応をいただきましたが、一番の褒め言葉です(笑)。自分としてもワケが分からなくなっていますけど(笑)。

――贅沢ですね~。

榊原 2枚で約8時間15分あります。これを作るのがホントに大変でした(笑)。一度、映像編集と音の編集のスタッフに上げていただいたものを自分で全部メモしながらチェックをして、「ここはもう少しダンスを見せたいです」とか「このカットはもう少し引きの画で」と細かい要望を伝えて仕上げていきます。今回はアルバムの制作と平行しての作業、しかも2年分ということで本当に未知の作業量でした……(苦笑)。

――率直に伺いますが、これほどのものをどうして特典として付けようと思ったのでしょうか?

榊原 まず10回目まで開催したバースデーライブというものを皆さんにお見せしたいという想いがあります。でも映像作品を単体で買うのって、やっぱりCDを買うよりもハードルが高いと思うんです。ただ、それがCDの特典だったら、単体でリリースするよりも見ていただける方が増えるでしょうし、そしたら私のライブに興味を持ってくれる方も増えるかなと。私のライブはダンサーもいて、かなり作りこんだステージングになっています。それにファンも一致団結して空間を作り上げてくれるし、新しく見に来る方でも一緒に応援しやすい環境だと思うので、このDVDを見てライブに行きたいなと思ってくれたらすごく嬉しく思います。あと、メイキング映像にはバックステージの様子も収録してあって、ダンサーちゃん達と本当に仲良しだと分かるやりとりとか、それぞれの面白い一面も映っていて私も楽しく見ています(笑)。

――そんなライブですが、先ほどお話されていたようにハロウィンがテーマとなりますね。

榊原 10月18日開催で、結果的にバースデーライブと日程が近くなっていますが、バースデーという括りではなく、世の中のお祭りに便乗して騒ぐということをやってみたかったんです。アルバムを引っさげてのライブという点では変わらないのですけど、このライブに向けた「Delusion」という曲も作れましたし、ハロウィンらしい演出を行うといった新しい楽しみができるライブになると思います。いらっしゃる方には、ハロウィンの仮装とかフェイスペインティングとか、一緒にお祭を楽しむ感じで来ていただきたいなと思います。


●リリース情報
榊原ゆい10thアルバム
『Lofty rose』
8月26日発売
【限定盤(CD+2DVD)】
int-1508142000-c002
品番:LXCH-0011
価格:¥4,600+税
【通常盤】
int-1508142000-c003

品番:LXCH-0012
価格:¥3,000+税
<CD>
1.Lofty rose(オリジナル新曲)
2.Delusion(オリジナル新曲)
3.Marveric(PCゲーム「PENDULUM」OP主題歌)
4.COCORO Link ♡ Sync(PCゲーム「妄想コンプリート!」OP主題歌)
5.Promising Observation(PCゲーム「プリズム・プリンセス ~ふたりの姫騎士と股間の紋章~」OP主題歌)
6.Reincarnation(PCゲーム「IZUMO4」OP主題歌)
7.聖絶の煉獄(PS Vita「相州戦神館學園 八命陣 天之刻」OP主題歌)
8.憧憬ライアニズム(PCゲーム「相州戦神館學園 万仙陣」OP主題歌)
9.BLADE LINKAGE(PCゲーム「武想少女隊ぶれいど☆ブライダーズ」OP主題歌)
10.凛武繚乱(PS Vita「ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- V」OP主題歌)
11.Magical Marriage March(PCゲーム「Magical Marriage Lunatics!!」OP主題歌)
12.呪文はプリ☆まじ(PCゲーム「プリズム☆ま~じカル」EDテーマ)
[ボーナストラック]
13.アヒル隊長大行進(アヒル隊長“浴育”イメージソングⅠ)
14.アヒル隊長ぽかぽかダンス(アヒル隊長“浴育”イメージソングⅡ)
<DVD>
[DISC1]「Happy★LOVE×Live2013」ライブDVD
[DISC2]「Happy★LOVE×Live2014」ライブDVD

(c)LOVE×TRAX

関連リンク

この記事を書いた人