ニューシングル「The Bandits」リリース記念Geroスペシャルインタビュー

int-1506032100-c001

1stインディーズ・アルバムに収録され、以降4年の間、ライブで観客を熱狂させ続けた代表曲をリメイク。積年の思いを乗せ、「The Bandits」はどのように生まれ変わったのか。

新生「The Bandits」がきっかけとなったアルバム『ZERO』についてなど、Geroが今の思いを込めて語る。

 

自分にとって“宝”みたいな曲なんです

――「The Bandits」をリメイクするきっかけはなんだったんですか?

Gero 4年前に初めて作ったアルバムの1曲目なんですけど、インディーズ時代ということもあって、不甲斐なさというか「もっとこうすればよかった」っていうのがずっとあったんですよね。それに、メジャーで2枚のアルバムを出させてもらって、新しいお客さんが入ってくる中、「ライブでいつもやるあの曲は何に入っているんですか」って聞かれることも多いんです。でも、完璧に納得してはいない曲をお勧めできないので、機会があれば作り直したいとは思っていたんです。ただ、ホントに「機会があれば」ぐらいだったんですよ。でも、今年はアルバムを出すつもりはないけどライブはしたいし、ならリメイクのシングルを出すいいタイミングだと思ったんですね。それでレーベルの方に相談したらノリノリで、「最高のメンバーでやりましょうよ」って言ってもらえました。

――心残りというのはどんな部分で?

Gero 初めてのアルバムだったし、インディーズなのでスケジュールもむちゃくちゃだったし。1日3曲録ってたんですよ。だから、体調も悪かったしのども壊してるし、みたいな悔しい思いがいっぱいありました。その4年分の恨みを晴らしたわけです。

――アレンジをお願いした黒須さんにはどのような意図を伝えましたか?

Gero ライブでずっとやっているので曲が成長しているんですよね。だから、それを崩されるとファンは絶対嫌だろうし、待ったこの4年間が無駄になってしまうんです。黒須さんはプロフェッショナルとして信頼できますし、ずっと一緒にやってきた方なので意図をわかってもらえると思いました。それで、お願いするときにまず、「とてもデリケートな曲です」って伝えて、ライブ音源を渡したんですよ。いやー、さすがですよね。(原曲より速くなっている)ライブバージョンよりもめっちゃ速くしてきましたから。疾走感がよりかっこいい、今のロックになっているんですよ。でも、黒須さんと仕事してきた中でいちばん注文させてもらったと思いますね。「これは最高です」「このアレンジは元に戻してください」って感じで。テンポも3回ぐらい直してもらいました。最初はもっと速かったんですけど、僕が早口になってしまうので遅くしてもらったら今度は遅くなりすぎて。ミリ単位で調整した感じでしたね。

――MVもそうですが、「The Bandits」=バンド曲というイメージは変わらなかったんですか?

Gero やっぱりライブで成長した曲でしたし、僕にとってライブとバンドは切っても切れない関係だと思っているので。最初MVは、断崖絶壁で歌っているところを空撮しよう、というプランもご提案いただいたんですが、やっぱり最初のアルバムの1曲目なので。背景のないところで僕とバンドだけで曲を聴かせる、そんなストロングでストイックなMVにしてもらいました。あと、今回はドラムにもこだわって、ディレクターさんと黒須さんと打ち合わせしたとき、「いちばんいいドラムを連れてきてほしいんです」ってわがままを言ったんですね。そうしたらふたりとも、かどしゅん(たろう)さんの名を挙げて。ホント、完璧でしたね。打ち込みと錯覚するぐらい全然ぶれないけど、出音がすごいし。最高でした。

――「The Bandits」を手がけたGomさんには連絡されましたか?

Gero しましたしました。Gomちゃんとはずっと仲良くしているので「リメイクしたいんだけど」ってLINEで。「すげー楽しみ」「ぶちかましてやってよ」っていうロックなお言葉いただきました。

――リメイクしたい話はGomさんにも言ってなかったんですか?

Gero 誰にも言ってなかったです。レーベルの方にちょっと言ったぐらい。でも、担当ディレクターも昔のアルバムをすごく気に入ってくれていて、アレンジし甲斐があるし、かなりいいものになるとは言ってもらえたんですよ。それが実は、アルバムの『ZERO』につながるんです。

――4年付き合ってくると、いろいろな思い出があるかと思うんですが。

Gero そうですね。当時、東京に引っ越して1年目ぐらいで、何もわからない状態で“Gourmet Tour”19公演を回ったんですよ。毎回、1曲目から「The Bandits」をやったら、とにかく盛り上がって。ニコニコ動画系のライブっていろいろありますけど、誰が歌っても曲のパワーで盛り上がるので、シンガーとしては悔しいとこがあったんですよね。でも、自分の曲で初めて盛り上がってもらえたので、すごく興奮を覚えた記憶があります。ライブの実感と、シンガーとしてのスタートできた喜びが強烈でした。“One little Two little Three little”の振りもどこかでふざけてやり始めたんですよ。テンポもやるたびに速くなっていったし。なんだろうな。「The Bandits」って歌詞もそうですけど、“僕たち”の歌なんですよ。僕たちが星空というライブハウスのステージに立ってお客さんの心を盗みに行くという、ちょっとクサイ歌詞なんですけど、自分たちを投影する気持ちがどんどん強くなってきて。とにかく人生でいちばんぶっちぎりで歌った曲ですね。それかカラオケで歌う「ペガサス幻想」のどっちかです(笑)。

――思ってもみなかった方向に曲が転がったってことはありましたか?

Gero 僕の中で革命的だったのは、「アニぱら音楽館」にゲストで出て遠藤正明さんと「The Bandits」を歌わせてもらったときのことで。そこで僕の中の「The Bandits」が壊されたんですよ。遠藤さんの横で歌っていたら楽しいし、遠藤さんはかっこいいし、僕の中で凝り固まっていた「The Bandits」の見せ方、歌い方っていうのが完全に変わりました。自分にとって“宝”みたいな曲なんだな、ってことも再認識しました。でも、笑いましたけどね。ハモリなんかない曲なのに自由に上ハモしてきて、しかも僕より声がデカイ(笑)。

――もし、歌ってみたシンガーの後輩たちに「The Bandits」のポイントを教えるとしたら、どんなレクチャーをしますか?

Gero なるほど! これも遠藤さんの歌を聴いて思ったんですけど、張り上げるところやハイトーンを意識しているかもしれないんですけど、Aメロの低いところとかの輪郭をしっかりとって歌ってほしいですね。それによって「The Bandits」の奥行きがさらに増すというか、逆に言うてしまうとAメロやBメロをしっかり歌わないと薄っぺらくなってしまうんです。そこは遠藤さんの歌を聴いてすごく勉強になりました。あの人たちは厚みが違うじゃないですか? 低音でも高音でも。あとは、楽しくノリノリで歌ってもらえれば。よく、ナルシストっぽい歌い方、みたいに叩いているコメントがあるんですけど、ナルシストにならなければいい歌なんて歌えないと思うんですよ。なりきって調子のって歌わないと。いやー、でも(歌ってみた動画を)上げてほしいなー。カラオケにも入ってますしね。

――カップリングについても、どんな曲ができたか教えてもらえますか?

Gero 僕も出演させてもらった「アウターマン」って映画で、河崎実監督からエンディングも歌ってくれって言われたんですよ。しかも、「餅は餅屋だからそっちで考えて」って。それで、ヒャダインさんなら何でもできるから、ってことでお願いしたんですけど、最初はめっちゃふざけてたんですね。河崎監督の映画ですし、ふざけた「ルパン三世〜愛のテーマ〜」みたいな感じで、とか言いながら。ヒャダインさんとはいつも、15分間げらげら笑って最終的に何も覚えてないみたいな、内容のない打ち合わせばっかりなんですよ。でも、撮影に入ったら、そんな映画じゃないってことがわかってきて。勇気を与えてもらえるようなハートフルな映画だったので、急遽ヒャダインさんに「そっちじゃないです、方向転換してください」ってお願いしました。河崎監督は前のバージョンも気に入ってくださったんですけどね。でも、炎上したら怖いので引き取らせてもらうことにして(笑)。縄で縛ってとか下ネタばんばん出てきてましたから。それで、作り直したんですけど、こっちも気に入ってもらえました。でも、レコーディングは早かったですね。テストを入れて、3回歌っただけじゃないかな。30分ぐらい。ヒャダインさんとのレコーディングはいつも、どうボケるかに時間をかけていて、「もうちょっと泣きの演技も」とか指示が入るとか、何のレコーディングだ、って感じなんですよ(笑)。今回はそれがなかったので早かったですね。とてもキャッチーなメロディで歌いやすいし、みんなに歌ってほしいです。

――先ほど少しお話が出ました、アルバムの『ZERO』についてもぜひお伺いしたいのですが。

Gero ぜひぜひ。

――どんなイメージで作り始めたんでしょうか?

Gero さっきも話したように、今年はアルバムを作るつもりはなかったんですよ。「作ってもミニ・アルバムかな」ぐらいで。でも、「The Bandits」の仕上がりを聴いたら、「こんなに良くなるならほかの曲も」って盛り上がって。急遽収録曲を決めて、作ることになりました。でも、レコーディングは楽でしたね。いつも昼過ぎから録るんですけど、明るいうちに帰れましたから。早かったら1時間以内で終わってましたね。「昼から飲み行っちゃう?」ぐらいでした。

――全曲リメイクということでレコーディングではいろいろ思い出したんじゃないですか?

Gero 思い出しました。「あんなに苦労したのに」とか「ここのニュアンス苦労して録ったよな」とか。最後のサビで転調してキーが上がる、なんてところも普通に歌えましたし、「成長したな、自分」って思いましたよ。このアルバムでいちばん激しい「しゃよう」って曲は、1年目の“Gourmet Tour”のラストで突発的にやったことがあるんですね。アンコールが終わって、配信もしてたんですけどそれも終わって、だけど「まだ聴きたいかー?」ってつい言っちゃって(笑)。で、その時、張り上げるキーを5度ぐらい上げて歌ったんですよ。それがすごくハマったので、そこからはずっとそのキーになったんです。楽曲自体アレンジされ直してますけど、そういったライブで成長したところ、新しく生まれた部分もたくさん入っていますし、すべての気持ちを注ぎ込めたアルバムになりましたね。

――Geroさんには先日、“リスアニ!STUDIO”にも出演していただきました。

Gero いやもう、お声がけいただいてありがとうございます。最初、スタジオみたいなところで歌う、ニコ生配信する、そのふたつしか聞いてなかったので、広めのリハスタで歌うのかと思ってたんですよ。そうしたら楽屋の机は内閣の打ち合わせに使いそうな大きさだし、セットもすごくしっかりしてるし、レールでカメラ動かしているし。途端にすごく緊張しましたね。元々、めっちゃ緊張しいなんですよ。ただ、佐香智久、GARNiDELiAのおふたり、みみめめMIMIと、知ってる人ばっかりだったので、楽屋ではワイワイ過ごしていました。あと、澄川龍一(編集長)のトークに助けられましたね。げらげら笑って、肩の力が抜けました。ダイエーホークスを応援しに来てるおっさんみたいな風貌はツボでしたよ(笑)。

――いや、あれは勿論計算ですから。

Gero 僕の肩の力を抜くために身を削って?(笑)。ありがとうございます。でも、あの汗の量にはちょっと引きました。ずっとコメントで「ラード」って書かれてるし。澄川さんが強心臓で良かったです(笑)。

――最後に、「ゼロ」に舞い戻った今年の目標を教えてください。

Gero これ、ずっと恐れ多くて言えなかったんですけど……。今、影山さんや遠藤さんと「アニぱら音楽館」をやらせてもらっていて、終わってから一緒に飲みに行ったとき、男性アニソンシンガーが少ないなかで期待している、みたいなことを言っていただいたんですね。その兄貴たちの思いに応えるため、一気に成長したいとは思っています。音楽面の体幹を鍛えるというか、芯を作る年だとは思ってるんですよ。自分が成長したかどうかなんて、兄貴たちにはすぐにわかると思うので、「成長したな」って思ってもらえるように底力をつけたいですね。

Interview&Text By 清水耕司(ボーグナイン)


●リリース情報
ニューシングル
「The Bandits」
発売中
int-1506032100-c006

品番:GNCL-0053
価格:¥1,000+税
<CD>
1.The Bandits
 作詞・作曲:Gom 編曲:黒須克彦
2.You Can Do It!! 〜夢を追いかけて〜(映画「アウターマン」エンディング主題歌)
 作詞・作曲:前山田健一 編曲:サイトウヨシヒロ
3.The Bandits[INST]
4.You Can Do It!! 〜夢を追いかけて〜[INST]

ニューアルバム
『Zero』
7月1日発売
【初回限定盤(CD+特典CD)】
int-1506032100-c002
品番:GNCL-1256
価格:¥2,500+税

【通常盤(CD)】
int-1506032100-c003
品番:GNCL-1257
価格:¥2,000+税

<CD>
01. The Bandits
 作詞・作曲:Gom 編曲:黒須克彦
02. 名古屋のデブ
 作詞・作曲:梨本うい 編曲:黒須克彦
03. OIRAN UTOPIA
 作詞・作曲:Nem 編曲:黒須克彦
04. アイ
 作詞・作曲:minato 編曲:黒須克彦
05. しゃよう
 作詞・作曲:鬱P 編曲:黒須克彦
06. モノクローム
 作詞・作曲:鈴木ぷよ 編曲:黒須克彦
07. Love-Letter
 作詞・作曲:papiyon 編曲:黒須克彦
08. 道名津
 作詞・作曲:Gom 編曲:黒須克彦
09. you
 作詞・作曲:Gero 編曲:黒須克彦
10. へたらぶ
 作詞・作曲:that 編曲:黒須克彦
11. 楽ニナレマスカ
 作詞:yonji 作曲:二村 学 編曲:黒須克彦
12. C.a.P.
 作詞:Gero 作曲:鈴木ぷよ 編曲:黒須克彦
13. 空の青さと思い上がり
 作詞・作曲:古川本舗 編曲:黒須克彦
<特典CD>
“歌ってみたver.Gero”
01. アイのシナリオ
 作詞・作曲・編曲:HoneyWorks
02. 心做しfeat. koma’n
 作詞・作曲:papiyon 編曲:koma’n 

●イベント情報
3rdアルバム『ZERO』発売記念イベント
6月20日(土)アニメイト渋谷店
6月21日(日)アニメイト水戸店/アニメイト柏店/アニメイト大宮店
7月 1日(水)アニメイト新宿店B2Fイベントホール
7月 3日(金)1アニメイト池袋本店9Fイベントホール
7月 4日(土)アニメイト天王寺店
7月 5日(日)第3太閤ビル(アニメイト名古屋店)
7月11日(土)アニメイト熊本店/アニメイト福岡天神店
7月12日(日)アニメイト広島店/アニメイト岡山店
イベント参加方法など詳細はこちら

●ライブ情報
ライブツアー「Gero Live Tour 2015 -ZERO-」
7月17日(金)【神奈川】CLUB CITTA’
7月25日(土)【茨城】水戸 LIGHT HOUSE
7月26日(日)【栃木】HEAVEN’S ROCK 宇都宮VJ-2
8月 1日(土)【埼玉】HEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3
8月 2日(日)【千葉】柏 PALOOZA
8月 8日(土)【岩手】盛岡 CLUB CHANGE WAVE
8月 9日(日)【宮城】仙台 CLUB JUNK BOX
8月22日(土)【岐阜】CLUB ROOTS
8月23日(日)【滋賀】U★STONE
8月29日(土)【北海道】旭川 CASINO DRIVE
8月30日(日)【北海道】札幌 cube garden
9月 5日(土)【島根】松江 AZTiC-canova
9月 6日(日)【岡山】CRAZYMAMA KINGDOM
9月12日(土)【石川】金沢 Eight Hall
9月13日(日)【新潟】GOLDEN PIGS RED STAGE
9月19日(土)【熊本】Be.9
9月21日(月・祝)【福岡】イムズホール
9月26日(土)【高知】X-pt.
9月27日(日)【香川】高松 MONSTAR
10月 3日(土)【沖縄】桜坂 セントラル
10月 4日(日)【沖縄】桜坂 セントラル
10月 9日(金)【愛知】名古屋 ダイヤモンドホール
10月12日(月・祝)【兵庫】尼崎 アルカイックホール
5thシングル「The Bandits」CD封入先行実施
※ 受付期間:5月27日(水)22時〜6月8日(月)23:59まで
※ 抽選制となります。
※ CD封入先行の詳細は5月27日発売シングル「The Bandits」に封入の応募チラシをご確認ください。

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人