彼女の強い信念と、感じた“絆”の込められた1枚。三澤紗千香ニュー・シングル「フェイス」リリース記念インタビュー

int-140806-002-c001

 

約1年ぶりに三澤紗千香が3枚目となるシングルをリリース!『白銀の意思 アルジェヴォルン』EDテーマの「フェイス」とカップリングの「シグナル」はともに絆がテーマ。そこには彼女が自分を見つめ、活動の中で成長をしていく姿が込められた。「妥協したくない」と語る彼女の意志の強さが宿るこれらの楽曲について語ってもらった。

 

――新曲の「フェイス」に対してはどんなお気持ちで臨まれましたか?

三澤紗千香 これまでと違って今回は作品の中に自分の演じているキャラクターが登場しないので、最初はどこから手を付けたらいいものやらという想いだったのですが、声優の仕事をさせていただいてきたなかで、現場にいる人が「こういうエンディングが欲しかったんだよね」という曲にしたいなと思っていました。作品が本格的なロボットアニメで、命に関わる部分もあるので単純に優しいとか悲しいだけでなく、緊迫感がありつつも重厚感を込めつつも曲としても奇をてらいすぎず、新しい時代のロボットアニメだと伝えたいなと思って曲を選ばせていただきました。

――楽曲を選ばれるにあたっての基準はどんなポイントがありましたか?

三澤 デモの時は作家の方のお名前を伏せて聴かせていただいたのですが、この曲には力強さもあるし私らしさも感じられました。これを一緒に作っていくことで、作品にも自分にも近づけていきつつ、さらに新しい自分の表現を見せられると想像した時にすごく楽しそうだなと思いました。”faith”という単語には「絆、確信、信念」という強い意味があって、やっぱり人を信じるには自分を信じなくてはいけないなと思うんです。まず自分をしっかり持って、人を信じて前に進むという曲だなと思っています。

――自分を持つ、あるいは自分らしさとはご自身でどのように考えていますか?

三澤 かっこいいことや素晴らしいこと、きれいなことだけではリアリティや人間味がなくなっちゃうので、もがきながら諦めないで進んでいく、というのが私らしさだと考えています。というのも、私は小さい頃からすごく歌に助けられることが多くて、悩みごとがあってもTVでアニメが流れていたらアニソンを一緒に歌っていたし、歌が常に自分の近くにありました。だから、聴いてくれる皆さんにとっても、私の歌が何か意識を変えたり、辛い時に踏ん張れたり、背中を押したりする存在になれたらいいなと思っています。

――歌詞にも表れますよね。

三澤 はい、もちろん。私は抽象的な言葉で歌詞を作ってもらうことが好きで、実際それが多いのですが、そうすることで作品を観てくださっている方がいろんな感じ方ができたり、物語が進んでいくにつれてまた言葉の感じが変わってくると思うので、それもぜひ感じていただければと思います。

――収録はいかがでしたか?

三澤 収録前には自分が歌いこなせるのかなとか、自分の声になったらどうなるんだろうとか不安で仕方がなかったんですけど、歌っていくうちにアドバイスを受けたり反応をスタッフさんからいただいて、そこで客観視してくれる皆さんがいるからこそ自分も出せて、もっと言葉に意志を詰められるようになり、それが自信に繋がりました。やっぱりこの歌は自信がないと歌っちゃいけないような気がして。歌詞を読んでいて、こういうふうに歌いたいなと想像したことがマイク前では思ったように出せなかった場合、どうすればこの言葉は伝わるのかと考えました。そこで、ひとつひとつの単語や文章を意識しつつ、だんだんと自分の気持ちと聴いてくださる方の気持ちを乗せてサビに向かって運んでいって、最初から最後まで楽しく希望が持てる曲であるように歌いました。

――出演されない作品の場合でも気持ちの流れを意識するというのは、役者ならではだなと思いました。

三澤 自分の曲でもキャラクター・ソングでも曲のパートごとに録るということがあるんですが、最初はそれで自分の感情がちゃんと繋がれるのかなと思っていたんです。でも、慣れるとAメロ、Bメロ、サビとパートごとにいろいろな気持ちを、むしろブレずに固めていけるので、(パートごとに録るのは)そういう意味があるんだと知ることができました。

――より作品の根本がわかっていないとできない方法ですよね。

三澤 そうですね。「なんとなく」では絶対に歌えないし私も妥協したくないので、作っているときに疑問があったら投げかけますし、それに答えてくれる信頼できる方が周りにいて、そうした想いがギュッと詰まった曲になっていると思います。ぜひライブでもその想いを乗せて歌いたいですね。

 

みんなに伝えたかった歌で
自分が元気づけられる

 

――この曲はMVも撮影されたそうですね。

三澤 森の中で廃線があるような場所なんです。これまでロケ地にはそんなに希望を出していなかったのですが、今回「作品イメージに合うか分かりませんが、廃線が好きです」と伝えたら、行かせてもらえました。廃線って、ずっと愛されて使われていたもので、それが取っ払われずに残っているということはまだそこに想いがあるんだろうなと。どこまでも続いているし途切れることもあるけど、確かに人がそこにいて時代を感じさせるし、未来にも過去にも繋がっているというのが好きなんです。だからぜひMVにも入れて、昔会った仲間のことを思い出したり、自分の少し前の過去を思い出したり、変わらない気持ちというものを表現できたらいいなと思いました。

――三澤さんのMV恒例の、ダッシュするカットもありましたね。

三澤 トンネルの明るい方向に走っていて、それが今後の私の展望というか、走ることで前に進んでいくという意思表示にもなっているかなと。曲がりくねった暗い道でも諦めずに希望の方に向かっていくという自分が表現されているなと思います。

――ポジティブなご自身が見られるようになりましたが、ご自身ではそれについてどのように分析されますか?

三澤 ずっと変わらず暗い部分もあると思うんですけど、それがないと三澤紗千香じゃないとも思えるようになりました。最初は暗いとか考えすぎなことをすごくマイナスな意味として捉え、人前では言ってはいけないと思っていたんですけど、ファンの方から「共感しやすい」と言ってもらえて、そういう声優や歌手がいてもいいんだなと、自分のこの2年間で認めることができるようになった感じがしています。この曲ではそこも大人になれた部分かなと。いろんな自分を認められて、周りを見渡して絆を再確認して次に進むというのが今の自分らしいと思います。前作の「リンクス」で表現した「ありがとう」という気持ちを経て自分を顧みて、また次に進む自分がいなきゃいけないし、弱くても進まなきゃという気持ちがあるので、そんな自分の今の心境を歌えているから、無理のないポジティブさだと思います。そして、ちゃんと暗い部分もあります(笑)。全部前向きだったら無理が生じて歌えなくちゃうし、みんなも違和感を覚えてしまうからそこは正直でありたい。私の場合、みんなに伝えたかったことがいつも自分に伝わってきて、結果、自分の歌に元気づけられるんです。だから「こういう自分もいたな」とか、「がんばって前に進むか」って思ってほしいですね。今回も自分で聴いて、もうちょっと諦めずに頑張ろうと思いますね。

――三澤さんご自身の等身大が込められている曲ですから、きっとファンの方に届くと思います。

三澤 曲だけの感想と映像と合わせての感想と、アニメのエンディングとしての感想をワクワクしながら待っている感じです。どんなふうな反応が返ってくるのか心配でもあり楽しみでもありますが、自信があるのでやっぱりワクワクのほうが強いです(笑)。

 

負けず嫌いな性格を
的確に表した歌詞の一節

 

――カップリングの「シグナル」についても教えてください。

三澤 「フェイス」とも同じテーマなんですけど、またちょっとしっとりした感じで日々を思い巡らせ顧みて歌っていく曲だと思います。周りの人の言葉とか態度で自分に自信が持てたり、自分への期待を感じることで「もっと頑張ろう」と思う機会も多いので、この曲も感謝の気持ちを持ちつつ歌いました。作詞・作曲のカヨコさんはこの曲で初めてお会いしたのですが、キーチェックの日にも来てくださって私の歌声を聴いて、私が表現したいことへのアドバイスとか意見交換をしました。作詞の際にも私のインタビュー記事をたくさん読んで、どんな人物かを理解したうえで書いてくれたりと、すごく愛情を感じました。ちょっと負けず嫌い感とか、ただ暗いだけの人じゃないって(笑)。

――この歌詞に歌われているなかで、特に共感が強かった部分はどこになりますか?

三澤 「泣けもしない帰り道」ってのが自分らしいなと。一日のことを思い返して反省して泣きたい気持ちになることはたくさんあるんですけど、弱みを見せたくない自分がいるので泣かないようにしているんです。「カヨコさん何でそれを知ってるんだろう、それ毎日のことだわー」って思いました(笑)。歌の中で別の自分も発見できましたし、どちらの曲も絆とか周りの人がいるということを強く感じます。

――収録はどんな様子でしたか?

三澤 リズムの取り方とか歌詞の解釈をいろいろ教えてもらったからこそ歌えた曲だと思います。「『だから未来、怖くはない』キミがボクを強くしてる」という歌詞は自分の気持ちを歌うのだと理解していたのですが、カヨコさんとお話をしたら、その言葉は「大切な”キミ”という方からもらった言葉」だと聞いて、なるほどと。そのままだったら歌に乗せる意味も変わってきたと思います。自分が込めている気持ちと作家さんが込めたい気持ちは一緒になっていたいので、お話ができてすごくよかったです。私としては今後もずっと私の曲として生きていくものですから、絶対に妥協したくないし、そこに答えてくれるのもすごくうれしかったです。作ってくれる方、聴いてくれる方がいないと歌えないとずっと思ってきたんですけど、今回深く制作に携わることでなおさら思いました。いつ聴いてもいろんな感情に寄り添える曲であったらいいなと思って歌ったので、いろんなときに聴いてもらいたいですね。

――リリース・イベントもさまざまな箇所で行なわれますね。

三澤 ファンの方のほうが「ここにも行くの?」って驚かれていました(笑)。自分も山梨出身でそんなに声優とか芸能人の方が来てくれたことがなくて、来るだけでちょっとしたニュースになるからお気持ちはよくわかります(笑)。これまでご存じなかった方とも、「三澤紗千香ってこういう者です。よろしくお願いします」と新しい出会いをいっぱいしたいですし、今回はじめて行く広島も美味しいご飯もありそうですし、楽しみです。廃線とか電車の切り離しも見られるといいですね(笑)。ふだんは手紙やメールは出せない方でもぜひ来ていただいて、私はこういう人ですって言いに行きたいですし、そんな方たちとも出会いたいですね。

――三澤さんのそういう心持ちの変化って、どこにあったと思いますか?

三澤 みなさんから求められている三澤っていうのが昔よりちょっと見えてきてそれに答えられるようにしたいというのがあるからだと思います。それもありつつ、すごく天邪鬼な性格をしているので、そこだけじゃないよってところも見せたいとも思うんです。だから、イベントでもこの回に来てよかったなと思えるような新しい話や「ここだけの話」をしようと思っています。このインタビューでもお話しなかったような「これ聞いちゃっていいの?」っていうようなことを言うと思いますので、楽しみにしながら来てください(笑)。

Text by 日詰明嘉

[プロフィール]
ミサワサチカ/2009年2月「アイドル☆声優オーディション2008」にてグランプリを受賞し、アニメ『シャングリ・ラ』でデビュー。2012年、アニメ『アクセル・ワールド』でヒロインの黒雪姫役に抜擢され、同作のEDテーマ「ユナイト」で歌手デビュー。これまでに2枚のシングルと1枚のミニ・アルバムをリリース。このほか『悪魔のリドル』(生田目千足)、『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』(小日向 縁)などに出演。


■CDリリース情報
三澤紗千香 3rd Single「フェイス」
2014年8月6日発売
【初回限定盤(CD+DVD】】
int-140806-002-c002
価格:1,800円+税
品番:1000505211

【通常盤(CD)】
int-140806-002-c003

価格:1,200円+税
品番:1000505212
<CD収録曲>
1.フェイス(オリジナルTVアニメ『白銀の意思 アルジェヴォルン』EDテーマ)
作詞・作曲:y0c1e  編曲:千葉”naotyu-”直樹
2. シグナル
作詞・作曲:カヨコ 編曲:千葉”naotyu-”直樹
3. フェイス(instrumental)
4. シグナル(instrumental)
<特典DVD内容>
●「フェイス」MUSIC VIDEO
●MV Making Movie
●TV-SPOT

関連リンク

この記事を書いた人