玉置成実『NT GUNDAM COVER』発売記念!スペシャル・インタビュー第2弾・アレンジャー岸 利至と、クリエイターからの楽曲解説!

――このアルバムは『ガンダム』35周年記念のコンテンツのひとつとして世に出ていくわけですが、岸さんにとって『ファーストガンダム』は、青春時代をともに過ごした作品になるわけですか?

 まさに青春ですね。中学のときに映画館で並んで観に行きました。そのあと小説版ではアムロとセイラが肉体関係を持ってるって知って、学校中で盛り上がったりしてました(笑)。

――あのページの挿絵が思い出されますね(笑)。そんな『ガンダム』が35年も愛されるコンテンツになるというのは、初期からご覧になっていてどう感じられますか?

 やっぱり、最初に設定したものが、魅力的かつしっかりしていたことが大事だったんじゃないですかね。『ガンダム』もそうだし、最近リメイクされた『宇宙戦艦ヤマト』もそうですし。音楽だとビートルズが最たる例ですが、基本が魅力的かつ強いコンセプトがあると、発展させやすいし、発展させたくなるんだと思います。

――一度作られたものが35年間も普遍っていう、なかなかオバケな作品ですよね。

 そうですよね。プラモデルも作りましたし、ジオラマを作ってボヤになりかけたこともありますよ(笑)。

――最後にリスアニ!としてぜひお聞きしたかったのが、岸さんは現在のアニソン業界をどのように見ているのかなというところなんですが、率直な印象をお聞かせいただければと思います。

 音楽と映像が一番リンクしやすいのがアニメやゲームなのかなと感じます。実写のドラマの世界と僕らのやっているような音楽って、リンクしやすそうでしにくいというか、現実と現実がぶつかっちゃってる感じがあるんですよ。アコースティックな音だとまた違うんでしょうけど、エッジーなサウンドはぶつかっちゃうのかなと。それがアニメとかゲームの作品だとある意味どちらも空想の世界観をもっているので、どっちもぶつからずにちょうどいい。リンクしやすいから観ている方も楽しく感じたり、逆に音楽から入っていく人もいい絵に見えたりするんじゃないかなと。

――今は映像と音が、ふたつでひとつみたいなところは感じていらっしゃると。では岸さんご自身のサウンド的に、こういうタイプの作品と合わせてみたら面白いんじゃないかっていう希望などはありますか?

 大それた質問ですね(笑)。僕は「暁の車」でやっていたような神秘的なものが好きなので、超能力とか魔法とかのダークな、超常現象的な作品に音をぶつけてみたいですね。僕の好きな『AKIRA』などで描かれる、近未来、退廃的な世界観を持つ作品の音楽をぜひ作ってみたいと思っています。子供の頃に観た『幻魔大戦』は音楽がすごく面白く記憶に残っています。『AKIRA』は芸能山城組が参加してますけど、よくよく考えると近未来、サイバーな世界にプリミティヴな太鼓のサウンドって変な話なんですよね。それでも結果、それが本当に素晴らしい。『攻殻機動隊』の菅野よう子さんの音楽も、ジャンルは違えど同様ですね。もうあの音なしじゃ『攻殻』は語れないし。

――おっしゃる通り、映像と音の組み合わせというのは、今の10代や20代前半の子にとっては切り離せない状況になっていると思うんですよね。

 そう思います。僕は『宇宙戦艦ヤマト』のサントラが大好きなんですけど、当時は子供向け作品の音楽に、宮川 泰さんのオーケストラが入るっていうのが画期的だったんです。今はオケが入るのは当たり前になっていますけど、当時はパイオニアだったと思います。 たしか、宮川さんご本人は「子供用のサントラを担当したらライフワークに“なっちゃった”」的なことをおっしゃっているんですよね。そんなつもりはなかったのにって(笑)。そういうところも面白いですよね。

 

■『NT GUNDAM COVER』に携わったクリエイターから楽曲解説が到着!

int-140624-02-c003

●Tom-H@ck 楽曲解説
M-3:MEN OF DESTINY
EDM的な要素も散りばめつつ、左右をロックギターが支えるようなアレンジです。
本格的なEDMというよりもポップス的な良い意味での軽い感じのダンスセンスでまとめました。
原曲の雰囲気もどこかに香る、絶妙な落としどころに落としてみました。
効果音的でのアプローチや、リズミックなアプローチが箇所箇所で垣間見えるように遊び心も忘れずに編曲させていただきました。

M-8:Just Communication
基本的な土台はデジタルロック調ですが、相反してミックスは尖りすぎない感じにまとめてあります。
玉置さんの歌声に合わせてアンサンブルのグルーヴを調整しました。
Voがエモーショナルに展開していくので、バックのオケがそれに付随するように、しかしそれとは反対に「ハッ!」とさせられる仕掛けも部分部分で入れてみました。
特にサビはグルーヴィーなデジタルロックに仕上げてあります。
ギターソロもジャズ、ロック要素をトリッキーに混在させてみました。
ぎゅいーん!

int-140624-02-c004

●レフティーモンスターP 楽曲解説
M-1:めぐりあい
ガンダム曲はすべからくオリジナルが最高なので、
どうしたら違った魅力を引き出せるか、大変試行錯誤致しました。
「めぐりあい」も実験に次ぐ実験の末、現在の形に落ち着きました。
ラウドなバンドサウンドに、エレクトロ要素をプラスし、
全く新しい「めぐりあい」に仕上がっていると思います!

M-4:Z・刻を越えて
「刻を超えて」は従来楽曲が持つビートを生かし、
さらに臨場感のあるサウンドに仕上げる事を目標にアレンジしました。
ぜひライブで聴きたい、いや、個人的には弾きたいです!!
成実ちゃん!ライブのお誘い心からお待ちしております!!
(直接言えないので紙面を借りてメッセージを送ります)

M-5:サイレントヴォイス
こちらも原曲ファンが聴いたらかなりの衝撃を受けるかもしれませんが……
ノリノリで踊れるロックサウンドに仕上げました!TEHEPERO☆
全然サイレントじゃないじゃないかー!!という怒りを込めた拳を
高く振り上げながら聴いてください。

M-6:ETERNAL WIND ~ほほえみは光る風の中~
『F91』は大昔、同名のスーパーファミコンソフトにハマり
四六時中プレイしたものの難易度が高すぎてクリアできず
結果泣く泣く売り飛ばした個人的にもすごく思い入れのある作品です。
そのほろ苦い過去から立ち直る、
そんな思いを込めた力強いロックバラード調に仕上げました。

M-7:海よりも深く
数あるガンダム作品の中で、唯一バトル漫画タッチで描かれているGガンダム。
その作品が持つ熱いヴァイブスを少しでも表現するため、
よりロックに、よりダンサブルに仕上げました。
2ステップを踏みながら、海よりも深い寛大な心でお聴きください。
ガンダムファイト!レディーゴー!!

M-11:Believe
玉置成実さんの代表作でもあるこの曲。
アレンジを加えるのは大変勇気が要りましたが、
本人から「ぶっ壊してください」とのオーダーをいただきましたので、
遠慮なくスクラップ&ビルドさせていただきました!
時を経てさらに成長した成実ちゃんの歌声にも注目です!!


■CDリリース情報
玉置成実『NT GUNDAM COVER』(エヌティーガンダムカバー)
2014年6月25日発売
news-1406132120-c002

価格:¥2,500+税
品番:TECI-1407
<収録曲> 
1.めぐりあい(機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編)
2.嵐の中で輝いて(機動戦士ガンダム第08MS小隊)
3.MEN OF DESTINY(機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)
4.Z・刻をこえて(機動戦士Zガンダム)
5.サイレントヴォイス(機動戦士ガンダムZZ)
6.ETERNAL WIND ~ほほえみは光る風の中~(機動戦士ガンダムF91)
7.海よりも深く(機動武闘伝Gガンダム)
8.JUST COMMUNICATION(新機動戦記ガンダムW)
9.DREAMS(機動新世紀ガンダムX)
10.暁の車(機動戦士ガンダムSEED)
11.Believe -NT GUNDAM COVER-(機動戦士ガンダムSEED)

関連リンク

この記事を書いた人