Gero、3rdシングル「吾輩はオス猫である」を語るスペシャル・インタビュー!

int-140530-01-c001

5月21日に発売された3rdシングル「吾輩はオス猫である」のジャケ写は、まさかの雑コラ風味。しかしボーカルは本気でかっこよく、MVも本気で“やり切って”いる感が非常に伝わってくるもの。そんな3rdシングルと、これからリリースの控えるアルバム『SECOND』、さらにはこの夏~秋にかけて行われるライブツアーまで、Geroの想いに迫った。

 

――3枚目のシングルになります「吾輩はオス猫である」がリリースされますが、これまでとまたがらっと変わった感じの楽曲ですね。一応お伺いしますが、テーマはなんでしょうか。

Gero デビューアルバムの『one』の時にも前山田健一さんに「うどん」という曲を書いていただいたんですが、それがお客さん的にもはまっていたのかなと思って前山田さんにまたお願いして……。テーマはズバリ「猫」ですよ!打ち合わせの時も、猫にはまっていて飼いたいけど飼えないというお話しをしたんです。家が狭いし、ライブで家を空けることも多いので……。で、猫の曲を歌ったことがないということになりまして。カッコいい系の方たち、るーふぁいとかで「ニャンニャン」みたいな曲があるのが羨ましくて。でも今さらGeroが「君とニャンニャンしたい」とかいうカッコいい歌をうたってもカッコ付かないかなと思ったので、ジェラシーを感じる猫はいかがでしょうかと言われて。前山田さんも「いいですね」って乗ってくれたので、「カッコよくない猫を歌いましょう」ということになりました。ですからテーマは「カッコよくない猫」です。ダサい猫とかかわいくない猫……。

――「うどん」の前山田さんとのタッグなので、想像がついていたんですが、まぁ下ネタだろうと。これは前山田さんと詰めたのでしょうか。

Gero 無茶苦茶詰めました。すべて反映されたくらいの曲調から展開からこまめに話したんですよ。お客さんに「ニャンニャン」と言わせたいとか。ラップぽいところがあってもいいのかとか。プラス歌詞もかなり言いました。それを前山田さんちゃんと詰め込んでくれたんです。しかも自分で思っていた以上のものが返ってきたので、やっぱり天才だと思いましたね。

――こういう曲なんで言ってもいいと思うんですが、出だしがO崎じゃないですか。

Gero 「I LOVE YOU」っていってますもんね。

――そこからテンポが速くなって、猫だけにMIXが入るわけですよね。

Gero 「よっしゃネコ科」ってね。

――で、そのあと下ネタが来るだろうと思っていたら、酷いですね。首輪をつけられ、おもちゃで遊ばれですから。

Gero 猫との対比になっているんですね。「おまえも猫じゃないか」って。ここら辺は分解していくと完全にそうなので、分解して核に迫るのはやめましょう(笑)。

――歌い方は前山田さんから提案があるのでしょうか。

Gero そうですね。毎回レコーディングまでにフラットな自分で歌おうと思うんですよ。それで歌ってみて、聴いてみて、ああしよう、こうしようってキャラをつけていくんですよ。前山田さんは毎回自分で仮歌を入れてくださるので、すでに道しるべが出来ているというか、指標があって、「Geroさんここはアホっぽく」とか「Geroさんここはカッコつけて」とか言われて、やってみると「やり過ぎです」って言われたり微調整が入ります(笑)。

――途中ででてきますよねマタタビ。

Gero 猫ですから。

――何のメタファーなんだって。「うどん」のときもそうですが男○器のメタファーだったりするじゃないですか。これ歌っている方はどうなのかなと思って。

Gero 大笑いしながらやってます。と、いうのも普通はブースとコントロールルームが分かれていて、歌っていると視界に入らないんです。ところが前山田さんと収録するスタジオは、マイクの前にガラス張りのコントロールルームがあるんです。で、「バカっぽく歌ってください」っていう指示が入って、バカっぽく歌うじゃないですか。そうするとコントロールルームのなかでみんなが大爆笑してて、それ見るとつられて笑っちゃうので無駄なNGを重ねながら録ってます(笑)。最初はお互い大爆笑なんですけど、それに飽きてきたころにいい落としどころが見つかる感じですね。マタタビのところとかは最初さだまさしさんに寄せて歌ったりしていたんですが、向こうが笑いすぎて……。そのあと試行錯誤しながら収録するので、笑いの部分もかなりこだわりました。

――やりすぎもNGなんですね。

Gero バランス感ですよね。曲調もボケて、歌もボケたらなんだかわからなくなっちゃうので、曲がボケてるなら、歌は普通の方がより馬鹿さ加減が引き立つんです。そういった部分を話し合って決めています。

――最初ギャグで最後はほろりとさせる。

Gero あれから月日は流れてですからね。流れちゃまずいだろって。流れてる間のことはわからないんですよね。彼氏と別れたのかな……。

――ストーリーとしては抜群ですよね。

Gero 前回の「うどん」はストーリー仕立てではない曲で、ただうどんが好きだというだけなんですけど、今回は1番からストーリーがあるという歌詞の仕上がりで。テンションの持って行き方も、そのまま曲に乗っければよかったので楽でした。レコーディングもスムーズで。

――で、先日PVも撮られたそうですが、何をされましたか。

Gero Gカップはいましたね。

――それは……どういうことですか? 僕は今MVの話をしているはずなんですが……(笑)。

Gero Gカップの人がイチゴくわえたりしてて。

――いいですねぇ。Geroさんは何をしているんですか?

Gero 僕?僕はねぇ……猫に扮していました。学ランを着て鉢巻を巻いてなめ猫になりましたよ。リスナーの年代と合っていない感じ。プロデュースしてくれた方の年代ですね。僕とも合ってないです。僕がなめ猫で、バックダンサーは、なめ猫ダンサーズさんっていう前のうどんダンサーズさんみたいな感じで、ロンスカ引きずったパーマやマスクしたりチェーン持っているちょっとカッコいい昔風のキャラクターになってもらいました。今回も前山田さんがゲストに来てくださって、セクシーなグラビアの方にも来ていただいて、僕、去年全国ツアーで26か所回ったんですが、そのときにならなかった筋肉痛に苛まれています。

――何をしたかちゃんと言っておいた方がいいですよ。あらぬ妄想を呼び起こしますから。

Gero ひと言でいうと暴れ狂う猫をやりました。僕が扮する猫が暴れたおすMVですね。踊りもあり、セクシーなシーンもあり、無茶苦茶馬鹿なシーンもあり、朝イチから次の日まで撮影中ずっと笑っていました。監督もみんなゲラゲラ笑いながら撮っていましたね。みんなフットサルやったあとみたいになってて、本当に楽しかったなぁ。「うどん」を撮ってくださった監督さんとスタッフが集まって撮ってくれたので、「うどん」をふまえてよりすごいものを撮ろうという意気込みがあったので、スゴイものができましたよ。

――カップリングの「CHAN-BA-LAシャスティス伝説」ですが、これは『秘密結社 鷹の爪 EX(以下:鷹の爪)』の主題歌ですね。

Gero お話をいただいたときはびっくりしました。タイアップの前にれるりりちゃんにお願いしていて曲は作っていたんです。で、thatちゃんに詞をお願いしていて。曲をどうしようかという打合せのときに、ファンキーな曲にしようということになり、曲の設定も決めていたんです。Gero王国みたいなものがあって、俺が王様みたいな感じで、でもバカなことを言っている。ずっと的外れなことを言ってるんだけど、なんか憎めないみたいなバカファンクな曲を作りましょうって。それで進めていたら、『鷹の爪』のお話が来て、「決まりました」となったんですが、れるりりちゃんの曲が良かったのでそのままいきましょう、歌詞はまだ手つかずだったので『鷹の爪』の世界観も考えたものにしてほしい、というお願いをthatちゃんにして作っていった感じです。

――なるほど、これも歌詞のテイストはかなりコミカルですよね。1番終わったあとの「はるうらら~」とか何言ってるんだろうって。

Gero 意味なんてないんですよね。

――面白いワードを組み合わせた感じですよね。曲は面白い感じのファンクで。展開も多いですよね。

Gero 飽きない2曲です。カップリングも素晴らしいパワーを持ってますね。

――歌っていても飽きないんじゃないかなと思いますが。

Gero 楽しいんですが、ムズい……。ファンクってムズいんです。タテノリの距離感を出すのが本当に難しくて。ファンク自体は僕もとても好きで、ヌーノ・ベッテンコートのファンクとか、在日ファンクとかスゲー好きで普段から聴いているんですが、やるとムズい。曲はカッコいいんですが、歌詞がバカでそこに自分のテンションをどう持っていくかとか、ブリッジ部分の言いかたとかもかなりこだわったり、いろいろ試行錯誤しましたよ。

――自由なスタンスがいいですよね。

Gero ジャケットも「BELOVED×SURVIVAL」と「~outgrow~」と同じ人ですから。本当に同じ人か疑いたくなりますが。そんなすごい人が打合せの時に真顔で「今回はコラでどう?」って聞いてきて。「猫の顔にGero君の顔を張り付けるのでどう?」って言われたので「やりましょう!」ってふたつ返事で。

――今は、面白いこと、やりたいことに躊躇なくいけるスタンスということですね。

Gero そうですね。そしてそれをやらせてくれる懐の深さ。みなさん懐が深くて……。麻痺しているんですけどね。

――このシングルは5月21日発売ですが、聞くところによるとアルバムも作られていると。

Gero 絶賛作っています。もうレコーディングにも入ったり、ジャケット撮影を打ち合せているところです。

――ぶっちゃけて言えば、これ(「吾輩はオス猫である」)は撮影楽だったと思うんですが。

Gero 10分でした。はい、変な顔して、パシャ、パシャ、パシャ、終了。っていう感じでした。

――さすがにアルバムはそういうわけにいきませんから。

Gero アルバムはちょっとカッコつけたいかなと思っています。

――去年発売された『one』はいろいろなアーティストが参加されていましたが、今回はどのようなコンセプトなのでしょう。

Gero 基本的には同じです。僕も作詞・作曲で参加していますが、いろいろなクリエイターさんにお会いして、お願いしています。僕はいろんな音楽が好きなので、飽きさせないアルバムにしたいなと思っています。タイトルはほぼ決定していまして、『SECOND』っていうシンプルなものにしています。『SECOND』っていうタイトルなので、ジャケットも野球のセカンドにいるやつにしようかていう提案をしたら、「猫でボケるんで、そこはちょっとボケたくないな」と言われて。大の大人が集まってバカなことをしゃべりながらしっかり作っています。

――アルバムがどうなるか楽しみですね。

Gero 軽く言わせていただくと、前回の『one』が全体ロックよりだったのに比べて明るめというか、中音域に上がってよりポップでロックな曲調が多くなっているかなという感じがします。

――アルバムのあともいろいろと楽しみがあるわけですが。

Gero ツアーが決まっています。

――今回はどれくらい行っときますか?

Gero 今回も24か所くらい回ります。「ヤバかったな、でもまた行きてぇな」というこってりラーメン系です。アニソン・シンガーに憧れていて、ありがたいことにタイアップだったりいろんな仕事をいただいているんですが、やっぱりライブが好きで、ライブをやりたい人なんでそこは徹底してやりたいと思っています。今まで行けてなかったところも今回は行こうと思っているのでぜひ遊びに来てください。


■Gero 3rdシングル情報
Gero「吾輩はオス猫である」
2014年5月21日発売
int-140530-01-c002

価格:¥1,000+税
品番:GNCA-0332
発売元・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
<CD INDEX>
01.吾輩はオス猫である
作詞・作曲・編曲:前山田健一
02.CHAN-BA-LAジャスティス伝説
(TVアニメ『秘密結社 鷹の爪 EX(エクストリーム)』EDテーマ) 
作詞:that 作曲・編曲:れるりり
03.吾輩はオス猫である[Instrumental]
04.CHAN-BA-LAジャスティス伝説[Instrumental]
〈Bonus Track〉
Geroの2h特別出張版[シングル発売記念編]
※初回プレスのみGeroキャラクターカード封入予定(5種のうち1種)
※初回プレスのみライブツアー先行予約フライヤー封入(枚数制限:2枚まで)

■Gero 2ndアルバム情報
Gero 2ndアルバム『SECOND』
2014年7月2日発売

【初回限定盤A(CD+DVD)】
int-140530-01-c004

価格:¥2,500+税
品番:GNCL-1252
☆ 特典DVD:「吾輩はオス猫である」MV&メイキング、アルバムドキュメンタリー収録予定

【初回限定盤B(CD+CD)】
int-140530-01-c005

価格:¥2,500+税
品番:GNCL-1253
☆特典CD:「歌ってみたver.Gero」(5曲収録予定)

【通常盤(CD)】
int-140530-01-c006

価格:¥2,000+税
品番:GNCL-1254
発売元・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

★参加クリエイター(作詞・作曲・編曲などで参加)(五十音順)
ANCHANG(SEX MACHINEGUNS)/隅/黒須克彦/KEI/スズム/that/DECO*27/Neru/藤間 仁(Elements Garden)/HoneyWorks/ヒャダイン/MARETU/みきとP/大和 from 大凶作/ゆよゆっぺ/れるりり ほか

 

■2ndアルバム『SECOND』CD購入者イベント情報
<対象商品>
2ndアルバム『SECOND』【初回限定盤A】GNCL-1252/¥2,500+税
2ndアルバム『SECOND』【初回限定盤B】GNCL-1253/¥2,500+税
2ndアルバム『SECOND』【通常盤】GNCL-1254/¥2,000+税

●内容:握手会

<開催日時・場所>
●7月5日(土) 12:30開場、13:00開演
会場:HMV三宮店
チケット対象店舗:HMV三宮、HMVグランフロント大阪、HMV SPOTあべのキューズモール、HMV京都カナート洛北、HMV阪急西宮ガーデンズ、HMVイオンモール伊丹

●7月5日(土)
【1回目】15:45開場、16:00開演
【2回目】18:15開場、18:30開演
会場:アニメイト大阪日本橋店
チケット対象店舗:アニメイト大阪日本橋店、アニメイト天王寺店、アニメイト梅田店、アニメイト京都店、アニメイト三宮店、アニメイト枚方店、アニメイト京橋店、アニメイト高槻店

●7月6日(日)
【1回目】11:45開場、12:00開演
【2回目】13:45開場、14:00開演
会場:名古屋第三太閤ビル ※会場への直接のお問い合わせはご遠慮ください。
チケット対象店舗:アニメイト名古屋店、アニメイト岐阜店、アニメイト豊橋店、アニメイト金山店

●7月6日(日) 16:00開演 ※握手会開始15分前になりましたら9Fフロアにお集まりください。
会場:タワーレコード名古屋近鉄パッセ店
チケット対象店舗:タワーレコード名古屋近鉄パッセ店、タワーレコード名古屋パルコ店

●7月12日(土)
【1回目】12:45整列、13:00開演
【2回目】14:45整列、15:00開演
会場:アニメイト渋谷店
チケット対象店舗:アニメイト渋谷店、アニメイト池袋本店、アニメイト新宿店

●7月12日(土) 16:45開場、17:00開演
会場:SHIBUYA TSUTAYA
チケット対象店舗:SHIBUYA TSUTAYA
イベント情報ページはこちら!

●7月13日(日)
【1回目】12:45整列、13:00開演
【2回目】14:45整列、15:00開演
会場:アニメイト新宿店
チケット対象店舗:アニメイト新宿店、アニメイト渋谷店、アニメイト池袋本店

●7月13日(日) 19:00開演 ※イベント開始15分前に、7Fエレベーター横階段にご集合ください。
会場:タワーレコード新宿店
チケット対象店舗:タワーレコード新宿店

●7月20日(日) 11:45開場、12:00開演
会場:アニメイト仙台店
チケット対象店舗:アニメイト仙台店、アニメイト山形店

●7月20日(日) 14:45整列、15:00開演
会場:アニメイト郡山店
チケット対象店舗:アニメイト郡山店、アニメイト福島店

●7月20日(日) 17:45開場、18:00開演
会場:アニメイト宇都宮店
チケット対象店舗:アニメイト宇都宮店、アニメイトロブレ小山店

●7月21日(祝・月) 12:45整列、13:00開演
会場:アニメイト町田店
チケット対象店舗:アニメイト町田店、アニメイト吉祥寺店、アニメイト八王子店、アニメイト立川店

●7月21日(祝・月) 16:45開場、17:00開演
会場:アニメイト横浜店
チケット対象店舗:アニメイト横浜店、池袋本店
※参加方法等の詳細は各店舗様へお問い合わせください。

 

■2ndアルバム『SECOND』発売記念スペシャルイベント情報
イベント名:Gero『SECOND』発売記念スペシャルイベント情報「Geroの泉~REBIRTH~」
開催日:2014年7月2日(水)
開催場所:池袋サンシャインシティ噴水広場
開演:17時30分より
内容:ミニライブ+握手会
※ミニライブは観覧無料となります。
※握手会は会場物販にてアルバムをご購入頂いた方が対象となります。
イベントの詳細情報はこちら!

 

■「Gero Live Tour 2014 – SECOND -」公演概要
※3rdシングル「吾輩はオス猫である」購入者限定ライブツアー先行受付:5月21日(水)22:00~6月1日(日)23:59
チケット一般発売日:6月14日(土)より

★2014年7月26日(土) HEAVEN’S ROCK宇都宮VJ-2 
16:30開場/17:30開演
前売:¥3,800(税込)(ドリンクオーダー別)
ローソンチケット:0570-084-003(Lコード:78250)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:232-610)
イープラス
お問い合わせ先:チッタワークス 044-276-8841

★2014年7月27日(日) HEAVEN’S ROCKさいたま新都心VJ-3 
16:30開場/17:30開演
前売:¥3,800(税込)(ドリンクオーダー別)
ローソンチケット:0570-084-003(Lコード:78250)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:232-610)
イープラス
お問い合わせ先:チッタワークス 044-276-8841

★2014年8月2日(土) 新潟LOTS
16:30開場/17:30開演
前売:¥3,800(税込)
ローソンチケット:0570-084-003(Lコード:79396)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:232-631)
イープラス
キョードー北陸チケットセンター 025-245-5100
お問い合わせ先:キョードー北陸チケットセンター 025-245-5100

★2014年8月3日(日) 仙台darwin
16:30開場/17:30開演
前売:¥3,800(税込)(ドリンクオーダー別)
ローソンチケット:0570-084-002(Lコード:27061)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:232-610)
イープラス
お問い合わせ先:チッタワークス 044-276-8841

★2014年8月9日(土) 広島CLUB QUATTRO
16:30開場/17:30開演
前売:¥3,800(税込)(ドリンクオーダー別)
ローソンチケット:0570-084-006(Lコード:62827)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:232-635)
イープラス
お問い合わせ先:夢番地(広島) 082-249-3571

★2014年8月10日(日) 高松MONSTER
16:30開場/17:30開演
前売:¥3,800(税込)(ドリンクオーダー別)
ローソンチケット:0570-084-006(Lコード:62810)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:232-504)
d:089-943-9966(dコード:21313)
イープラス
お問い合わせ先:デューク高松 087-822-2520

★2014年8月23日(土) 京都FANJ
16:30開場/17:30開演
前売:¥3,800(税込)(ドリンクオーダー別)
ローソンチケット:0570-084-005 (Lコード:55010)
●発売日特電 0570-084-655(6月14日 10時~18時)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:232-582)
●発売日特電 0570-02-9540(6月14日 10時~18時)
イープラス
お問い合わせ先:キョードーインフォメーション 06-7732-8888

★2014年8月24日(日) 神戸SLOPE
16:30開場/17:30開演
前売:¥3,800(税込)(ドリンクオーダー別)
ローソンチケット:0570-084-005 (Lコード:55010)
●発売日特電 0570-084-655(6/14 10時~18時)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:232-582)
●発売日特電 0570-02-9540(6/14 10時~18時)
イープラス
お問い合わせ先:キョードーインフォメーション 06-7732-8888

★2014年8月30日(土) 札幌ペニーレーン24
16:30開場/17:30開演
前売:¥4,200(税込)(ドリンクオーダー別)
ローソンチケット:0570-084-001(Lコード:19136)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:232-589)
イープラス
お問い合わせ先:WESS 011-614-9999

★2014年8月31日(日) 札幌ペニーレーン24
16:30開場/17:30開演
前売:¥4,200(税込)(ドリンクオーダー別)
ローソンチケット:0570-084-001(Lコード:19136)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:232-589)
イープラス
お問い合わせ先:WESS 011-614-9999

★2014年9月6日(土) 青森Quarter
16:30開場/17:30開演
前売:¥3,800(税込)(ドリンクオーダー別)
ローソンチケット:0570-084-002(Lコード:27229)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:232-492)
イープラス
お問い合わせ先:キョードー東北 022-217-7788

★2014年9月7日(日) 秋田Club SWINDLE
16:30開場/17:30開演
前売:¥3,800(税込)(ドリンクオーダー別)
ローソンチケット:0570-084-002(Lコード:27229)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:232-492)
イープラス
お問い合わせ先:キョードー東北 022-217-7788

★2014年9月14日(日) 熊本DRUM Be-9 V1
16:30開場/17:30開演
前売:¥4,200(税込)(ドリンクオーダー別)
ローソンチケット:0570-084-008(Lコード:86439)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:232-379)
イープラス
お問い合わせ先:キョードー西日本 092-714-0159

★2014年9月15日(月・祝) 福岡DRUM LOGOS
16:30開場/17:30開演
前売:¥4,200(税込)(ドリンクオーダー別)
ローソンチケット:0570-084-008(Lコード:86440)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:232-379)
イープラス
お問い合わせ先:キョードー西日本 092-714-0159

★2014年9月20日(土) 高崎club FLEEZ
16:30開場/17:30開演
前売:¥3,800(税込)(ドリンクオーダー別)
ローソンチケット:0570-084-003(Lコード:78252)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:232-610)
イープラス
お問い合わせ先:チッタワークス 044-276-8841

★2014年9月21日(日) 水戸LIGHT HOUSE
16:30開場/17:30開演
前売:¥3,800(税込)(ドリンクオーダー別)
ローソンチケット:0570-084-003(Lコード:78252)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:232-610)
イープラス
お問い合わせ先:チッタワークス 044-276-8841

★2014年9月23日(火・祝) 郡山CLUB ♯9
16:30開場/17:30開演
前売:¥3,800(税込)(ドリンクオーダー別)
ローソンチケット:0570-084-002(Lコード:27229)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:232-492)
イープラス
お問い合わせ先:キョードー東北 022-217-7788

★2014年9月27日(土) 松山サロンキティ
16:30開場/17:30開演
前売¥3,800(税込)(ドリンクオーダー別)
ローソンチケット:0570-084-006(Lコード:62810)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:232-505)
d:089-943-9966(dコード:21314)
イープラス
お問い合わせ先:デューク松山 089-947-3535

★2014年9月28日(日) 徳島club GRINDHOUSE
16:30開場/17:30開演
前売:¥3,800(税込)(ドリンクオーダー別)
ローソンチケット:0570-084-006(Lコード:62810)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:232-506)
d:089-943-9966(dコード:21315)
イープラス
お問い合わせ先:デューク高松 087-822-2520

★2014年10月4日(土) 鹿児島CAPARVO HALL
16:30開場/17:30開演
前売:¥3,800(税込)(ドリンクオーダー別)
ローソンチケット:0570-084-008(Lコード:86441)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:232-379)
イープラス
お問い合わせ先:キョードー西日本 092-714-0159

★2014年10月5日(日) 長崎DRUM Be-7
16:30開場/17:30開演
前売:¥3,800(税込)(ドリンクオーダー別)
ローソンチケット:0570-084-008(Lコード:86442)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:232-379)
イープラス
お問い合わせ先:キョードー西日本 092-714-0159

★2014年10月12日(日) Zepp Tokyo
16:30開場/17:30開演
前売:¥4,200(税込)(ドリンクオーダー別)
ローソンチケット:0570-084-003(Lコード:78257)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:232-610)
イープラス
お問い合わせ先:チッタワークス 044-276-8841

★2014年10月19日(日) Zepp Namba
16:30開場/17:30開演
前売:¥4,200(税込)(ドリンクオーダー別)
ローソンチケット:0570-084-005(Lコード:55010)
●発売日特電 0570-084-655(6/14 10時~18時)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:232-582)
●発売日特電 0570-02-9540(6/14 10時~18時)
イープラス
お問い合わせ先:キョードーインフォメーション 06-7732-8888

★2014年10月26日(日) Zepp Nagoya
16:30開場/17:30開演
前売:¥4,200(税込)(ドリンクオーダー別)
ローソンチケット:0570-084-004(Lコード:48213)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:232-633)
イープラス
TANK! The WEB
ダイレクトセンター 052-320-9000 
お問い合わせ先:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

★2014年11月9日(日) 桜坂セントラル
16:30開場/17:30開演
前売:¥4,200(税込)(ドリンクオーダー別)
ローソンチケット:0570-084-008(Lコード:86443)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:232-379)
イープラス
お問い合わせ先:キョードー西日本 092-714-0159
※ 入場は整理番号順となります。
※ 3歳以上有料、3歳未満入場不可。

関連リンク

この記事を書いた人