【イベントレポート】新グループ・VadLipより小野賢章、花江夏樹、増元拓也がサプライズ登場! 作品の魅力が詰まった“アオペラ -aoppella!?- Summer Festival”イベントレポート

各グループにしか表現できない世界がある――。

朗読劇のあとには「ミリしら」のコーナーでも触れられたVadLipのJ-POPカバーのMVが公開に。紫をベースにした衣装に身を包み、スタジオでマイクに向かって歌うのはAdo「踊」、そしてYOASOBI「怪物」のアカペラカバーの2曲。武内の歌い始めから重厚なビートが響き、内田、小野のボーカルが伸びやかながら鋭く放たれる。八代、花江のラップにも近い小刻みなフレーズにベースの増元の声が礎のように支える「踊」からロッキンなビートで聴かせる「怪物」のメドレーを聴かせると、会場では既存メンバーもフロアのオーディエンスも息を飲むように見入ってしまう。アカペラmeetsミクスチャーロックといったアレンジで聴かせるアグレッシヴで疾走するナンバーに、VadLipのカラーが伝わる。

MVが終わってもしばらく鳴りやまない拍手に満面の笑みのVadLip。「ちょっと!フルオーケストラ入れちゃだめだよ!」と、その歌唱のレベルの高さにKENNも思わず突っ込んでしまう。「完全に楽器の音が聞こえた」と濱野も感心しきり。歌の構成としても「覚えるのが大変だろうな」と逢坂が言うと、原曲を知っているぶん、アレンジが入ったことで別パートでのまったく違う歌い方が大変だったそう。アカペラが初めてだったものの「先にやっていたリルハピとFYA’M’を見ていたので、やってみたいという想いもあり、(オファーを受けて)嬉しかった」という増元。また、八代はベースの少し上の部分を担っていて、そのパートは非常に難しいのでは、と話すキャストたち。同じベースを担当する前野、濱野も同じく難しい表現に挑戦していると話す。そしてヒューマンビートボックスの武内については「天才すぎる」とその表現力が絶賛されていたのが印象的だった。またレコーディング秘話なども明かされ、アカペラへの挑戦によってその魅力を知っていく充実感が伝わってきた。

楽しい時間はあっという間に過ぎていくもの。2時間近く過ごしてきたイベントもいよいよフィナーレに。「最初にお話をいただいたときに、“嘘じゃないよな”と何回も確認して。どうやら本当らしいとわかってからプレッシャーに押し潰されそうになっていたんですけれど、MVを見させていただいたときにやっぱり6人揃ってこの形になるのがすごいんだなと感じられて。もちろん先輩の2ユニットに負けないように頑張っていきたいし、2ユニットに頑張って追いついてやるぞという気概で頑張っていこうと思います」と増元。続いて花江は「アカペラ。色々仕事してきたなかでまだやったことないことがあるんだという新しい挑戦としてやらせていただいたんですけど、やっぱりすごく難しくて。自分の中に今までなかった感覚や技術を絞り出してどうにか素敵なものにしたいという気持ちが出てきました」と話す。小野は「1年以上前に初めてMVを観たときの衝撃を忘れられなくて。“やりたいなぁ”と話していたら、まさか1年後にこうやってこの場に立たせていただけていることに心から感謝しています。花江くんが先ほど言っていたようにすごく難しかったんですけど、やり甲斐があって、結果すごく楽しかった。もっと歌いたい、早く次の曲やりたいというモチベーションがありますので、これから新たに参加するVadLipを応援していただけたらなと思います」と深々とお辞儀をした。

増元拓也

増元拓也

花江夏樹

花江夏樹

小野賢章

小野賢章

続いてFYA’M’。「VadLip、仲間であり、とんでもねぇライバルが現れました。カバー2曲からもわかりますけれども、めちゃめちゃすごいので、何度でも聴いていただいて、とんでもないことをやっているなということを改めて体感してほしいと思います。僕らも負けないようにまだまだ頑張ってまいりますので、ぜひアオペラを今後ともよろしくお願いいたします!」と仲村が言うと、「新たな仲間が加わったということで、アオペラがどんどん歩みを止めずに大きくなっていくのが毎回楽しみです。『アオペラジオ』も月1で柿原さんとやっておりますので、そちらのほうも聞いていただいて新情報や楽曲を楽しみにしてもらいたいと思います」と濱野。そして佐藤が「すごいグループが現れて思うのは、VadLipにしか歌えない曲があり、FYA’M’にしか歌えない曲があり、リルハピにしか表現できない世界がある。この世界の広がりが僕は本当に嬉しくて。こんなすごいものを見せてもらうと、次の我々が立ち向かう曲はどうなるんだ、と相乗効果でどんどんやれることや見せられることが増えていくのは幸せなことだと思っています。ドラマも気になるところではありますが、我々声優が紡ぐアカペラの世界をこれからも一緒に楽しんでいただければなと思います」とFYA’M’の挨拶を締め括った。

仲村宗悟

仲村宗悟

濱野大輝

濱野大輝

佐藤拓也

佐藤拓也

最後はリルハピ。「1人でのレコーディングだったので、最初の頃はやっているとどうしても不安になってしまうこともあったんです。ところが最近は、“あとは必ず仲間たちがなんとかしてくれる”という謎の信頼感が芽生えてきて。この間も『KALEIDOSCOPE』が公開されましたが、その音源を聴いたときにこのメンバーを誇らしく感じたりもして。このメンバーでやれて良かったという強い気持ちを持ってやらせていただいています。また新たな素晴らしいユニットが生まれてきて、ここからますますアオペラが盛り上がっていくと思います。より難易度の高い曲に立ち向かっていかなければいけないと思いますが、精一杯やらせていただきます」と前野。柿原も「アオペラという作品に携わっていると、色々な曲もそうですし、イベントもやらせてもらったり、生放送に参加させてもらったり。アオペラってまだ始まってから1年と半年くらいなのに、こんなにやっちゃって。知らないうちに僕らがサプライズを受けて、新メンバーが集まってくれている。この回転の速さは、たくさんの方々の“次はなにをするんだろう”という期待に応えなきゃいけないという気持ちがスタッフさんにもあると思いますし、新曲が出来るたびに楽屋で“今回もやばくない?”“楽しみじゃん”って毎回俺たちのハードルが上がっています。すげぇ奴らが入ってくるたびに……FYA’M’、あなたたちもよ!?あなたたちがいるから、僕らも少しずつ技術力をあげなきゃ、とハードルも上がっているので、共に成長させてもらっています」と続く。

前野智昭

前野智昭

柿原徹也

柿原徹也

KENNは「今日も感動しております。「ぺらぶ!」というアカペラのコンテンツが10年くらい前にありまして、今そのメンバーともやらせていただいていて、今回も嬉しいサプライズがたくさんあって、新キャラたちがこれからどんどん盛り上げて、僕らも盛り上げて……これだけの早いスピードで色々なことができているのは応援をしてくださる皆さんのおかげなので、それを今日も実感しています。すごい勢いで僕らは前へ前へ進みますので、これからも見逃さないように応援をよろしくお願いします」と頭を下げた。そして逢坂は「新グループが出てきたということで、1曲目からものすごいクオリティのものを聴かせられて、正直驚きもあったんですけど、なんだか悔しいんですよね。僕ら、1曲目って結構必死に頑張って歌ってできたものだったんですけど、VadLip は1曲目から完成度がすごくて。なんなんだこの差は、と悔しさがありました。でもこの悔しさがあるおかげで、次には僕も上手く歌えるんじゃないかな、と。成長していけるなと思いましたし、アオペラってキャラクターたちも成長していきますけど、僕らの成長物語でもあるんじゃないかなと思っています。これからどんどん新曲が増えていくと思いますが、そのたびにパワーアップして皆さんの元にお届けできたらいいなと思っています」と笑みを見せた。

KENN

KENN

逢坂良太

逢坂良太

最後は木村が「今日、このステージに入ってきたときの熱気から“おっ!”とこっちが驚かされてしまうくらい、皆さんが楽しみにしてくださっているのが伝わってきて。すごく温かくて嬉しかったです。みんなも言っていましたけれど、とんでもない回転速度で色んなものを作っていますが、これは実はスタッフのやる気と熱意が凄まじいんです。アカペラに対する知識や情熱であったり、そういったものがあってこそこのコンテンツができて、どんどん新しいものが作られて、VadLipなんていう化け物みたいなメンバーに“やりたい”と思わせられるようなコンテンツになっているのは、スタッフの力があるということもちょっとだけ皆さんにも知っていてほしいなと思いますし、もちろんこのコンテンツを楽しみにしてくださっている皆さんのおかげでアオペラは育ってまいりました。引き続き応援をよろしくお願いします!」とすべてのキャスト、スタッフの想いも届けるように挨拶をすると、会場を大きな拍手が包んだ。新たな多くの展開が発表となり、今後のアオペラのメンバーたちがどんな物語を紡いでいくのかという期待感が大きく膨らむこととなったイベント。今まで以上にアオペラから目が離せない!

木村良平

木村良平

TEXT BY えびさわなち


●イベント情報
アオペラ -aoppella!?- Summer Festival
2022年8月27日(土) 17:00/18:00

会場:江戸川区総合文化センター 大ホール
出演:木村良平、逢坂良太、KENN、柿原徹也、前野智昭、佐藤拓也、濱野大輝、仲村宗悟
サプライズゲスト:小野賢章、花江夏樹、増元拓也

●作品情報
『アオペラ -aoppella!?-』は、「青春」×「アカペラ」をテーマにメディアミックスで展開していく、KLabが手掛ける音楽原作プロジェクトです。

<ストーリー>
————あの日、少年たちは魅了された。
目の前に立つのは、自分達と同じ普通の高校生。華美な衣装もない。
楽器のセットもない。
それなのに、彼らが口を開けた瞬間、変幻自在のハーモニーが溢れ出し、観客は熱狂する。

「僕たちも、あんな風に歌いたい!輝きたい!」

アカペラ≪無伴奏歌唱≫に魅入られた高校生たちが目指す、
高校生限定アカペラコンテスト『アオペラ』
遥かな高みを目指す、彼らの演奏が今、始まる————!

関連リンク

公式サイト
https://www.aoppella.com/

公式Twitter@aoppella
https://twitter.com/aoppella

公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/aoppella

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人