【ライブレポート】まだまだ“君”に届けたい歌がある――ワンマンライブ“MARiA MUSIC LAND 2022 -Moments-”レポート

GARNiDELiAのボーカリスト・MARiA(メイリア)のワンマンライブ“MARiA MUSIC LAND 2022 -Moments-”が、7月3日、東京・EX THEATER ROPPONGIで開催された。ソロとしては約1年ぶり2度目となる今回のライブには、ニューアルバム『Moments』に参加した原田夏樹率いる気鋭のポップバンド・evening cinemaがゲスト参加。ソロアーティストとしての新たな挑戦と、ファンと共に音楽を楽しみ尽くしたいという変わらぬ想い、その両方が存分に感じられる一夜となった。

今回のライブタイトル“MUSIC LAND”は、MARiA自身が「音の遊園地」をイメージして名付けたもの。ステージセットは紗幕や飾りカーテンによって華やかに彩られ、そのテーマパークのような装いはまさに「音の遊園地」の名に相応しい。バンドメンバーがスタンバイし、4つ打ちのオープニングSEが高揚感を高めるなか、ライブはダンスナンバー「Star Rock」でエネルギッシュにスタート。“時が来たのね 迎えに行くわ It’s my new world”という歌い出しの歌詞が、久々のライブの開幕という状況にぴったり当てはまる。

ジャケットにショートパンツとロングブーツを合わせた装いのMARiAは、6人のダンサーを従えつつ、のっけからパワフルな歌声を会場中に響き渡らせる。曲終わり、お立ち台に足をかけて「皆さんこんばんは、MARiAです!今日は楽しんでいこうね!」と呼びかけると、続いて軽快なグルーヴが心地良い「君といたい」へ。歌詞は曲名通り“君といたい”というストレートな想いを歌ったラブソングの体裁をとっているが、ライブという場所では「君=ファン」に向けた言葉として感じられるもの。MARiAも客席のあちこちを見渡しながら、1人1人に直接届けるように歌う。

そこから最新作『Moments』でもひと際ダンサブルなナンバー「Heartbreaker」に繋ぎ、明暗のコントラストが効いた照明演出や、間奏でのダンサーとシンクロした動きでクールな世界観を描き出すと、今度は「タオルの準備できてますか?」との煽りに続いて、tokuが作編曲した「Galactic Wind」へ。バンドのアグレッシブな演奏が熱を注ぐなか、MARiAもサビでは片手でタオルを回しながら熱唱し、会場中を熱狂の渦に叩き込む。ラストで「一緒にー!」と呼びかけて人差し指を頭上に掲げると、ファンもペンライトを掲げて気持ちを一体に。歌詞の最後のフレーズ“必ず光はあるから”という言葉が、より実感を伴って心に刺さった。

MCで“MUSIC LAND”というタイトルについて触れ、自身のソロライブは「みんなで嫌なことを忘れて一緒に遊べる場所」にしたかったと語るMARiA。そんな彼女が約10年前、20歳になりたての頃に書いた楽曲が、その“MUSIC LAND”のテーマにピッタリということで、ここで披露されることに。その楽曲はなんと「aMazing MusiQue PaRK」。彼女がMARiA名義で発表した初めてのアルバム『aMazing MusiQue PaRK』(2012年)の表題曲にして、tokuが提供したナンバーだ。音楽の力とそれを信じる気持ちが真っ直ぐに描かれた本楽曲は、まさに“MUSIC LAND”のテーマとシンクロする。ステージを動き回りながら楽しそうにこの曲を歌うMARiAの姿が印象的だった。

そしてここで『aMazing MusiQue PaRK』からもう1曲、「踊ってみた」界隈で絶大な人気を誇る「Girls」をパフォーマンス。ダンサー2人と踊りながら歌唱しているのを見ていると、本家の「踊っちゃってみた!」動画を思い出したりもするが、生演奏ならではのアレンジも加えられていて、一層ファンキーでノリの良いサウンドに。上空のミラーボールも回転して、会場はダンスフロアに様変わりだ。

そんな昔からのファンならば大歓喜間違いなしの2曲に続いて、バンドメンバーによるインタープレイを挿み、前作のアルバム『うたものがたり』収録の「ガラスの鐘」へ。ゴシック風の黒いドレス衣装に着替えたMARiAは、哀愁を感じさせるラテン歌謡風のこの楽曲を、力強い歌声で切々と表現していく。

歌い終えて、いつの間にかステージ上に用意されたテーブルとチェアーでくつろぎながら、優雅なティータイムを楽しむMARiA。観客にも水分補給をするように呼びかけつつ、「美味しいカフェラテ、どうぞ召し上がれ」との一言を合図に、今度はluzとのコラボ曲「カフェラテのうた」を披露。椅子に腰掛けながら冒頭の一節を歌い終えると、立ち上がり、luzのボーカル音源に合わせて情熱的な歌声を届けていく。ダンサー4名の扇情的な動きも合わさって、そのステージングは「狂おしい」と形容したくなるほど。ラストの髪をかき上げる仕草も含め、彼女の激しくも艶やかな魅力が色濃く出ていた。

そこからエモーショナルなロックチューン「Asterisk」で、天の星にも届かんばかりのパワフルなボーカルをぶつけると、ダンサーたちによるパフォーマンスタイムを挿み、今度は赤いドレス風の衣装に衣替えしたMARiAが登場。バックバンドもいつの間にかevening cinemaのメンバーにチェンジし、原田夏樹が提供したアルバム『Moments』のリードトラック「Think Over」を、彼らの演奏に乗せて届ける。原田はキーボードを弾きながらコーラスも担当。どこか懐かしさを感じさせつつ爽やかで新鮮なバンドサウンドが、MARiAのこれまでになく軽やかな一面を引き出す。

続くMCでMARiAは、evening cinemaとの出会いについて語り始める。なんでも『Moments』のプロデュースを手がけた清水信之の推薦で彼らの音源を聴いたところ、すぐに気に入ったとのことで、原田に楽曲提供をお願いすることに決めたのだという(原田は清水本人からツイッターのDMでオファーをもらい驚いたとのこと)。そんなお気に入りのバンドをせっかくゲストに迎えたということで、ここで彼女の好きなevening cinemaの楽曲を一緒にコラボすることに。まずは横揺れ系のグルーヴィーなナンバー「Good Luck」を、原田とのデュエットで披露。さらに彼らの代表曲の1つ「summertime」を2人で歌い、ポップかつドリーミーな歌声でオーディエンスを虜にしてみせた。

evening cinemaとの楽しいコラボのひと時を終え、自身のソロプロジェクトについて「色んな出会いを生んでくれる」「新しい刺激をたくさんもらえる」と、手応えを語るMARiA。また、それと同時に「今まで私が歩んできた道の中で出会ってきた友人や仲間と一緒に音楽をできる場所」でもあると語り、そんな昔からの仲間との出会いを生んでくれた楽曲をカバーすることに。「ブチ上げソングなのでついてきてくださいね!」と前置きして、彼女が歌い始めたのはなんと「夜咄ディセイブ」。MARiAの盟友である、じんの「カゲロウプロジェクト」を代表する楽曲の1つだ(MARiAとLiSAによる歌唱バージョンがあることでも知られる)。MARiAは時にお立ち台に片足を載せながら、熱のこもった振る舞いで感情を爆発させるように歌唱。バンドの白熱した演奏も合わさって(ギターの渡辺裕太は背中弾きも披露していた)、この日のライブのなかでもとりわけ熱い一幕となった。

続きを読む

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人