【インタビュー】『NARUTO-ナルト-』から『BORUTO-ボルト-』へ――18年の時を経てFLOWの新たな名曲が誕生!新曲「GOLD」に込えた想いをメンバー全員が語る!

今や『NARUTO-ナルト-』という作品の代名詞のように歌い継がれる「GO!!!」。2004年にこの曲を歌ったことで木ノ葉の里の忍・ナルトたちと結びつき、その未来で世界を席捲することとなったFLOWが、ナルトの息子・ボルトを主人公に描かれる新世代の物語『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』のOPテーマを歌うことに。新たな時代を切り開く、若き忍たちに向けた「GOLD」について、さらにナルトの物語を描く舞台・ライブスペクタクル「「NARUTO-ナルト-」~うずまきナルト物語~」のテーマソングであるカップリングの「燈」について、バンドに話を聞いた。

18年前、『NARUTO-ナルト-』に対してどう思っていた?

――「GO!!!」で初めて『NARUTO-ナルト-』とタッグを組んだのが2004年のこと。あれから18年を経た今、改めて伺います。『NARUTO-ナルト-』の主題歌を歌うことになった当時、アニメ作品タイアップに対してどのような感想がありましたか。

TAKE 「贈る言葉」が、音楽番組「カウントダウンTV」のEDテーマになったのが最初のタイアップで、「メロス」が音楽番組「Matthew’s Best Hit TV」のEDテーマで、「ドリームエクスプレス」「流星」「シャリララ」もTV番組のテーマ曲としてタイアップになっていたんだけど、アニメタイアップは「GO!!!」が初めてだったし、何かの主題歌で画がつくことも初めてだったから、我々の音楽に画がついて1つの作品として仕上がっていることに非常に感動した記憶があります。

IWASAKI このタイアップはコンペだったのですが、そもそもは「ジャンプ作品の主題歌として出せるよね」と書いていた曲でもあったんです。なので『NARUTO-ナルト-』に決まったときには「やったー!」という気持ちが強かったですね。

KOHSHI 曲が出来たときに、「この曲にはこの歌詞だな」と俺が当時大好きだったジャンプ作品をモチーフに歌詞を書いていたんだけど、それをイワちゃん(IWASAKI)が覚えてくれていたんだって、今、びっくりしてる(笑)。

IWASAKI すごく印象的だったからよく覚えてる。だからこそ『NARUTO-ナルト-』の主題歌が決まったときの感動はすごかった。僕個人としてはアニメタイアップに対しては、むしろやりたいと思っていました。諸先輩方がアニメ主題歌を歌われていたのを見てきましたからね。例えばLOUDNESSとか、THE HIGH-LOWSとか。ロックバンドがアニメのテーマを歌う足跡はありましたから、ぜひやりたいという想いは当時からありました。

GOT’S 当時、アニメをそれほど観ていなかったから、何も考えずに取り組んでいた記憶がありますね、俺は。アニメタイアップについても、当時こんなに続くと思っていなかったですよね。

KEIGO たしかにやっていきながら、アニメの力を思い知っていったよね。コンペのために曲を書くと決まってから原作マンガを1巻から再不斬のエピソード辺りまで一気に読みました。正直それまではタイトルは知っていたけど読んだことがなかったですし、内容も知らなかったんですが、夢中になりましたね。ちなみにアニメは小さい頃からよく観ていたし、アニメのタイアップをすることに対してはフラットな感覚でしたね。ロックバンドがアニソンとタッグを組んでいく、ということを考えるようになるのも、「GO!!!」からちょっとあとでしたね。それくらいフラットでした。FLOWは色んなことに興味があるから、お話をいただいたらやってみる、というスタンスですし、その1つ、という印象でした。

GOT’S 俺の中でアニメを強く意識したのは、「GO!!!」のあとの『交響詩篇エウレカセブン』かな。初めて作品が始まるタイミングから制作側と一緒に作品に寄り添った曲作りをしていったのもそうでしたし、アニメイベントに出演するようになっていくのもそのタイミングだったから、まだ「GO!!!」のときはKEIGOが言うようにフラットだったと思います。ピュアなFLOWでした。

KOHSHI ジャンプ作品の“友情”“努力”“勝利”の気持ちで書いていた曲ではあったのですが、『NARUTO-ナルト-』のコンペに出すことが決まったところで俺も『NARUTO-ナルト-』を読んだんです。それで『NARUTO-ナルト-』に向けて、そもそも書いていた歌詞を忍者っぽくしたりした記憶があります。アニメタイアップということに対しての抵抗感もまったくなかったです。既に「贈る言葉」をカバーして、パンクバンドとしては色モノ的な反応をされていましたし、十字架みたいなものを背負っていたので、「なんでもやったれ!」という気持ちでした。

TAKE でも、楽曲を作ったときにはジャンプ作品を意識はしていなかったよ?(笑)。

KOHSHI 俺だけよ。そこを意識していたのは(笑)。その当時、めちゃくちゃハマっていたから。

TAKE アニメのタイアップのコンペは初めてでしたが、今と変わらず2~3曲提案させていただいたのを覚えています。それを先方に聴いてもらって、最終的に「GO!!!」が選ばれたんですよね。オープニングに必要な物語の幕開け感や疾走感を意識して書いていたことを覚えています。

ナルトから息子・ボルトへ。繋がる新たな時代

――そして18年が経ち、ナルト世代の皆さんがその息子であるボルトの物語へと楽曲を作られました。今の想いをお聞かせください。

TAKE おこがましい!

一同 (爆笑)。

KEIGO ずっとTAKEはそれを言ってるよね(笑)。

TAKE FLOWがデビュー20周年イヤーを迎えるタイミングで、『NARUTO-ナルト-』がアニメ放送開始20周年を迎える機会にまたタッグを組ませてもらえるということは、物語として繋がっているのかなと思い全力投球させていただきました。

――このタイミングは偶然の合致だったのですか?

TAKE 偶然ですね。去年まではそんな話、考えてもいませんでしたし。なんだったら個人的には『BORUTO-ボルト-』とのコラボについてはあまり前向きになれない部分もありましたから……。そんななかで、「お互いの節目の年に」というお話をいただいたので、「であれば、僕らができることもあるのではないか」と前向きに受け止めさせていただきました。

――なぜ積極的ではなかったのでしょうか。

TAKE 主人公や物語が次のフェイズに入っているのに、それ以前の人が入ってくることに対してですね。やはり主題歌も、新しい世代のアーティストが、ニュークリエイティヴとして作ったほうがいいのではないかというのは一人のクリエイターとしては考えていました。『NARUTO-ナルト-』世代のASIAN KUNG-FU GENERATIONを観ていた次の世代のKANA-BOONが、『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』の最初のオープニング(「バトンロード」)を担当するということへの印象がすごく強かったですし、新しい世代の活躍が描かれる物語であり、“NEXT GENERATIONS”というキーワードも含め、新しい人たちが作り上げる必要があるんじゃないかな、と勝手に思っていました。

――その『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』に対しては、皆さんどのような想いがありますか?

IWASAKI 俺ら自身、『NARUTO-ナルト-』とのタイアップは久々にやらせてもらいますが、そこでやっぱり、TAKEの言うように世代の違いみたいなテイストは感じています。なので自分たちみたいなバンドでも、リアルタイムでアプローチしていけることの名刺代わりになるように、という想いで楽曲制作に臨ませてもらいました。

GOT’S ナルトに子供が生まれて、子育てしている時点でナルトは人生の先輩っていう位置にいっちゃったなって思っちゃいます。ナルトとして物語を駆け抜けているときには、同じような感覚でいたのに、今や立派に家庭を持って……。僕から見たら、大先輩ですよ。ボルトに対しては……青臭い感じで、子供ならではの真っ直ぐさがあるなぁと思いながら観ています。そこにナルト目線での、大人の事情もあるわけで。そんな大人と子供の言い分の、その両方がわかる世代になったんですよね、僕らも。どちらに対しても共感があります。

KEIGO 『NARUTO-ナルト-』からすべてを見てきて、息子であるボルトの物語が始まったときって、俺らに限らずみんな、親のような目線になっていると思うんです。なぜならナルトの物語をずっと見てきたから。ナルトの苦労を知っているし、そんなナルトが火影になり、火影として苦しんでいる部分も見ているわけですよね。親として、子供に伝えきれない気持ちや悩みもあって。だからこそ読者や視聴者はみんな、どこかでボルトに対して息子を見るような気持ちになっていると思うんです。俺もそんな感じで観ています。

GOT’S ついつい親のほうを応援したくなるよね。

KEIGO みんなそうじゃない?「ボルトのわからずや!」みたいな気持ちで(笑)。「ナルトの苦労がわからないのか!」って。そうやって観ている作品って珍しいんじゃないかなって思いますし、結局のところ成長物語であるのはナルトもボルトも変わらないんですよね。仲間との確執や友情、新しい要素として親との関係もあって。ナルトとは違う環境の下で成長していく、まったく新しい冒険物語が見られることはすごく嬉しいです。俺たちも20年近くバンドをやってきて、変わらない根本の部分を持っていて、その部分がボルトの世界と合致していくものだなって感じています。

次ページ:「GOLD」に込めたものとは――

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人