【インタビュー】より新しく、より自分らしく――声優・芝崎典子、2ndミニアルバム『てん、てん、てん』リリース! 作曲という新しい挑戦の中で本作とどのように向き合ったのか、話を聞く

みんなと気持ちを伝え合える距離感で

――そんな新たな挑戦が見られる『てん、てん、てん』ですが、そのほかの楽曲についてもお伺いします。続いては、こちらもアッパーなデジタルサウンドの「MUGEN」。

芝崎 デモを聴いたときから「どうしよう……!」って思っていて。こういう楽曲は聴いたことも歌ったこともあまりなかったので、そのままの自分で歌ってもかっこよくなるのかな?って。なのでその前の曲の収録をするときから、「次の曲はどう歌ったらいいですか?」って聞いちゃうくらいずっと不安で。

――サウンドや芝崎さんのフロウもK-POPなどを想像させるいわゆる今っぽさがありますが、新鮮である一方でこのかっこよさはすごくハマっていると思いました。

芝崎 悩んではいたんですけど、「自分の中で一番かっこつけているくらいでちょうどいい」って言われました。元々スルスル歌っちゃうタイプで、あまりかっこつけて歌うということをしてこなかったので。本当に自分がかっこいい女性だって思い込んで歌って、なるべく我に返らないようにしていたんですが、歌い終わってプレイバックするたびに、「う~、恥ずかしい!」って(笑)。声の加工とかもかっこいい感じにしていただきましたが、いまだに聴くのはちょっと照れちゃいますね。

――そうしたハードな側面も見られるアルバム前半からの「サクラサク」では、スカ調のサウンドに。ただ、アッパーになりすぎない、芝崎さんの声に合わせた抑え方が印象的でした。

芝崎 歌っていて楽しいんですけど、意外と難しくて。元々はもう少し歌のお姉さん的な歌い方にしようかと思ったんですけど、裏の掛け声とかがどちらかというと賑やかで元気な少女っぽい感じにしたいという思いもあったので、そんなにキンキンしない感じで歌いました。

――この塩梅も絶妙だなと。これはライブで聴いて盛り上がりたいですね。

芝崎 そうですね、盛り上がりたいです!

――そこから最後の2曲「ゆめゆめ峠」と「今日が永遠になるように」というしっとりとした曲が続きます。まずは幻想的な「ゆめゆめ峠」はいかがでしたか?

芝崎 情景が浮かぶような楽曲なので、1つ1つの言葉を大切に思いつつ、曲の中で切るところはしっかり切る、ということを意識しましたね。

――サウンドに乗せたままではなくアクセントをつけると。

芝崎 そうですね。そのままのトーンで歌い続けるとずっとなだらかなままの歌になってしまうので、そこは気をつけました。

――そこからの「今日が永遠になるように」ですが、こちらも壮大なサウンドで歌い上げる感動的なエンディングだなと。

芝崎 初めてこの曲の音源を聴かせていただいたときはまだ歌詞がついていなかったんです。すでにその時点ですごく良い曲で「歌えるの嬉しいな」と思って臨んだのですが、なんだかんだ今回この曲が一番難しかったですね。アルバムの中でも「一番飾らない自分」という感じで、これまでみたいに強い主人公の設定がないぶん、素の自分をいかに出せるかという部分に苦戦しましたね。自分は割と声でまとめてしまう癖があるので、あまり声で設定をつけないというのは難しいなって、悩みながら歌いました。

――壮大なサウンドではあるけれど自分らしく歌ったと。歌詞も今聴くと刺さる部分も多いのではないでしょうか。

芝崎 そうですね。2番の“「しあわせ」と 言ったら壊れてしまいそうで 言葉をそっと飲み込んだ”というフレーズは共感するなって思いましたし、意外と今が幸せって歌っているようで、根っこがネガティブなところもわかるなって思いながら歌いました。永遠になるように祈るぶん、そうならない怖さもずっとあるっていうのも自分の気持ちと重なるなって。

――そうした想いを“自分の声”で情感を込めて歌うというのは大きな意味があると思いますし、それら含めて芝崎さんのアーティスト性、作家性がしっかり見られる1枚になったのかなと。そんなアルバムをリリースして締め括る2021年は、改めて芝崎さんにとってどんな1年でしたか?

芝崎 皆さんともっと繋がれる機会が増えてほしいっていう気持ちで取り組ませていただいた1年でした。そのなかでも色んな形で感想を伝えていただいたり、ネットサイン会を開かせていただくことで、皆さんと会話しているような時間を過ごさせてもらったりして。最初は「できないこと」に対して悔しい思いがあったんですけど、「できる」ことに目を向けると、様々な関わりやたくさんの繋がりをいただいたりと、また一歩強くなれた気がした1年だったと思います。

――そんな2021年を経て、2022年はどんな1年にしたいですか?

芝崎 願望……このCDをたくさん聴きながら年を越していただいて、2022年もどんな形であれ言葉を伝え合う機会があると思うので、そのときまでにお互い曲に重ねる気持ちを高めていきたいですね。皆さんの中でも、色んな経験をしていくなかでこういう変化があってこの曲の聴き方も変わりました、ということも出てくるかもしれないですし、そういうのも気軽に伝え合える距離感でこれからも皆さんと過ごしていきたいなって思います。

INTERVIEW & TEXT BY 澄川龍一


●リリース情報
芝崎典子 2nd ミニアルバム
『てん、てん、てん』
発売中

【初回限定盤】

品番:MUCD-8156/7
価格:¥3,000(税込)

<収録曲>
1.(機種依存文字)
2.moment
3.MUGEN
4.サクラサク
5.ゆめゆめ峠
6.今日が永遠になるように

【通常盤】

品番:MUCD-1475
価格:¥2,200(税込)

<収録曲>
1.(機種依存文字)
2.moment
3.MUGEN
4.サクラサク
5.ゆめゆめ峠
6.今日が永遠になるように

関連リンク

芝崎典子 公式サイト
http://norikoshibasaki.com/

芝崎典子 公式Twitter
https://twitter.com/ShibaNori914

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人