【インタビュー】昨年の経験を経て、変化させたタイアップとの向き合い方とは? 田所あずさ「箱庭の幸福」リリースインタビュー

きれいだけれども違和感のあるMVは、曲が今まで以上に入ってくる映像作品に

――そして今回のMVもまた、1本の映像作品のような美しいものに仕上がっていますね。

田所 今回はさらに幅を広げられるようにあらたな出会いをしたいと思っていました。色々な方のMVを観て自分でも探していたんですが、レーベルの方に上田昌輝さんという方を紹介してもらったんです。上田さんが監督した、maco maretsさんというアーティストの方のMVがとても素晴らしくて、初めてお願いすることにしました。

――どんなところを気に入られたんですか?

田所 そのMVでは鏡合わせや万華鏡のような表現、あとはループしたりどんどん増えていくみたいなシーンが印象的で。きれいなのにどこか違和感を残すような表現が、すごく素敵に感じたんです。しかもMVを観ながら、曲がとてもよく頭に入ってくるのも感じたんですよね。なのでそういう表現を散りばめつつ、曲がより耳に入ってくるようなMVを作っていただけたら……と思いました。

――おっしゃったような表現は、実際に今回のMVでも多々用いられていますね。

田所 そうなんです。「箱庭の幸福」という曲自体も、“自分の好きなものばかりを並べている”という意味では予想外なことが起きないというか、ずっと同じことを繰り返している……と考えて、今回はループを中心に作っていただきました。ほかにも、平原の中で中央の空間だけが切り抜かれていたり……でもそういう違和感が積み重なっているのに、不思議と気持ち悪くないというか、ずっときれいで気持ちがいいところが本当に不思議で。あえて無機質な感じというのも、いいなぁと思いました。

――田所さんの表情も、無機質なものが多かったように思いますし。

田所 ただ、監督からの指示はまったくなかったんですよね。しかも今回はループや加工を多用するMVなので、私自身撮っている段階では全容まではわからなかったんです(笑)。

――となると、田所さんも完成した映像をご覧になって驚いた部分もあった?

田所 もう、ただただ「すげー!」という感じでした(笑)。撮ったときのことを知っているので「どうやって編集したの?」と驚いたような部分もたくさんありましたけど、やっぱり何より、曲が入ってくるというところがすごくいいですね。大木さんやジョンさんはじめ、まわりの皆さんも大絶賛してくれました。

――観る度に発見があるMVですし、意味深なシーンも多いので解釈も捗りますよね。

田所 そうなんですよ。私もまだ気づいていないことがたくさんありそうなので、皆さんにもぜひ自由に考えを巡らせていただきたいですし(笑)。そういう意味でも、めちゃくちゃ曲が入ってくるMVだなぁ、と思っています。

――さて、本作のリリースを皮切りに2022年の活動も始まっていきます。2022年、田所さんがやってみたいことはなんですか?

田所 そうですねぇ……旅行に行けたらいいですね(笑)。

――たしかにそれは(笑)。でも、ライブイベントなどで遠出できたりはしませんでした?

田所 それもなかなか……今って中止の可能性を考えると、企画される方にも勇気がいりますもんね。でも先日“京アニフェス”には出させていただいて。久々に京都行きましたけど、やっぱり楽しかったですね……!

――ご自身としての、有観客ライブ自体も久々だったのでは?

田所 はい。「そうだ、こんな感じだった」って思い出すようなところもありつつ、むしろ無観客よりも緊張した気がします(笑)。

――そうなんですか(笑)。

田所 「人に見られてる」という感覚を、すごく痛感したというか……あれはあがりましたね(笑)。みんなにこやかなんですけど、マスクしてるし声を出してもらえないから……そこでちょっと不安になっちゃったりして。完全な無観客とも違う難しさを感じました。

――ただ、ライブ中に観客の高まりみたいなものも、ステージ上では感じましたか?

田所 そうですね。コールとかはしちゃいけないですけど、我慢しようとして我慢しきれずに「うっ……」みたいに漏れちゃう声が聞こえてきたり……。もちろんそれって気をつけなきゃいけないことではありますけど、でもそういうものや拍手を通じて、反応をいただけるありがたみを感じました。

――ファンの方としては、田所さんの有観客ワンマンというのも久々に観たくてたまらないのではないかと思います。

田所 今の状況なら、声をわーっと出さなくてもいいアコースティックライブみたいなしっとりしたものなら、有観客でも違和感なくできるのかなと思うので。ぜひ近々やりたいですね。

――最近の曲以外にも、リリースから時間の経った曲の中にはアコースティックが合うものもあるでしょうし。

田所 はい。たくさんあるはずなので、ちょっと大人っぽいバージョンで歌ってみたり……いいですね。昔の曲も交えて『Waver』のライブを踏まえた次の一歩になるアコースティックライブという感じで……前向きに、検討します(笑)。

INTERVIEW & TEXT BY 須永兼次

抽選で1名様に田所あずささんのサイン色紙をプレゼント!

●応募期間
2022年1月18日(火)23:59まで

●応募方法
1:リスアニ!編集部の公式アカウント(@Lis_Ani)をフォローする
2:該当ツイートをRTする

【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、リスアニ!編集部公式アカウントのダイレクトメールにて後日連絡させていただきます。リスアニ!編集部公式アカウント(@Lis_Ani)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・当選結果に関してのお問い合わせにはお答えすることはできません。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者への譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。
・賞品の不具合、破損に関する責任は一切負いかねます。

【個人情報の取り扱いについて】
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


●配信情報
田所あずさニューシングル
TVアニメ『リアデイルの大地にて』EDテーマ
「箱庭の幸福」
配信中

配信リンクはこちら

●作品情報
TVアニメ『リアデイルの大地にて』

<Introduction>
不慮の事故によって生命維持装置がないと生きられない少女、各務桂菜。
彼女が唯一自由でいられるのは、VRMMORPG『リアデイル』の中だけだった。
そんなある日、生命維持装置が停止し、桂菜は命を落としてしまう。
しかし、目が覚めると桂菜は200年後の『リアデイル』の世界にいた。
彼女は、失われたスキルと限界突破したステータスをもつハイエルフの“ケーナ”として、
この世界を生きる人々と交流を深めていくことに。
しかも、その中にはかつて自らがキャラメイクした“子供”たちもいて……!?
ゲーム世界に転移した少女と個性的な仲間たちによる、
笑いあり、涙あり?なのんびり冒険譚、開幕!

【STAFF】
原作:Ceez(「リアデイルの大地にて」/KADOKAWA刊)
原作イラスト:てんまそ
監督:柳瀬雄之
シリーズ構成:筆安一幸
キャラクターデザイン:舛舘俊秀、小島えり、出口花穂
アニメーション制作:MAHO FILM

【CAST】
ケーナ:幸村恵理
スカルゴ:小野大輔
マイマイ:名塚佳織
カータツ:杉田智和

<田所あずさプロフィール>
「第36回ホリプロタレントスカウトキャラバン~次世代声優アーティストオーディション~」グランプリ。
人気作のアニメ・ゲームの CVを担当する一方、アーティストとしても4枚のアルバムと11枚のシングルをリリースし、ソロライブも精力的に行う。
2021年4月には自身初のセルフプロデュースアルバム「Waver」をひっさげた初の無観客・無料配信LIVEを開催。

【主な出演作品 】
「ウマ娘 プリティダービー」(シンボリルドルフ役)
「半妖の夜叉姫」(もろは役)
「アイカツ!シリーズ 」(霧矢あおい役、二階堂ゆず役、 神城カレン役)
「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」(瀬田薫役)
「アイドルマスター ミリオンライブ!」(最上静香役)
ほか 多数

©2021 Ceez,てんまそ/KADOKAWA/リアデイル製作委員会

関連リンク

田所あずさLantis HP
https://www.lantis.jp/artist/tadokoroazusa/disco.html

田所あずさOfficial Twitter
https://twitter.com/AzusaTadokoro

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人