【インタビュー】“陰”を強さに――新たな強さを獲得したニノミヤユイの“今”に迫る! TVアニメ『世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する』OP主題歌、TVアニメ『テスラノート』EDテーマ収録の両A面シングルリリースインタビュー

多種多様なカップリング曲が伝える、ニノミヤユイの今の想い

――そして今回はシングル3形態のそれぞれに別のカップリング曲を収録。まず、アーティスト盤に収録の「不揃い」は、ニノミヤさん自身が作詞のみならず作曲にも携わっています。

ニノミヤ これは今年の3月に開催した初めての有観客でのワンマンライブ(“消えてくれないアイの痕。”)で初披露した曲で、そのライブのバンマスをしてくださったギタリストの原 ゆうまさんと一緒に作らせていただきました。そのライブだけで終わらず音源化できたことがすごく嬉しくて。当時の私がライブで届けたかったものが等身大に反映されている曲でもあるので、これがこの先時間を経ることでどんな歌い方、見え方になっていくのか、自分でも楽しみな曲です。

――ミディアムテンポのどこか感傷的な楽曲で、途中の語り調のパートを含め、自己嫌悪と愛されたい気持ちの間で揺れる、等身大かつ赤裸々な想いが描かれているように感じました。

ニノミヤ 私の中で感情を消化する役割の曲というか、人に語りかけるよりも自分の中であったことを巡らせていく曲だったので、自分で久々に歌詞を読み返したときに「あぁもうホントに、どこまでいっても私だなぁ」っていう感じがして(笑)。苦しいですけど、そのときに抱えていた想いを曲に残せたのは嬉しいなと思います。

――“私はここで、生きていくと決めたんだ”という言葉は、ニノミヤさんが今いる表現者の世界で今後も生きていく覚悟と捉えていいのでしょうか?

ニノミヤ そうですね。やっぱり私にはこれしかないので。この歌詞にも書いている通り、自分に才能があるとは思っていなくて、むしろ本当に平々凡々の状態から始まったので、私が今ここにいることはすごく幸運なことだと思うんです。でも、幸運でここまで来させてもらったからには、これからは私自身が本当に努力していかないといけない。その決意がこの歌詞にも表れていると思います。

――そういったニノミヤさんの気持ちがすごく伝わってくる曲だと思います。最後は“こんな私を、愛して。”で締め括られるところにもグッときました。

ニノミヤ うふふ(照れ笑い)。自分では全然ダメだと思っている自分でも、応援してくださってる方がいるわけで、そういう人たちが、私がなかなか新しいお知らせができない期間にもずっと応援してくれていたのが、私の中で弱さを強さに変えなくちゃいけないと思ったきっかけの1つでもあって。その人たちのために、ちゃんと輝いている私を見せたい気持ちがすごく大きくなっているんです。だから最後はちょっと強気で書かせてもらいました。

――暗殺貴族盤に収録の「愛したあの頃に哀を」は、ストレートで力強い曲調のロックチューン。この曲の歌詞は、一見すると終わってしまった恋の歌にもとれますが、どんなイメージで作ったのでしょうか?

ニノミヤ 色んな捉え方をしてほしくて結構抽象的に歌詞を書いたんですけど、私としては過去に引っ張られる人間というのを書きたくて。「あのときは良かったな」みたいに過去のことを思い出すことってよくありますけど、でも過去には戻れないし、進んでいかなきゃいけないっていう思いを込めて、過去を断ち切って前に進むという気持ちで書きましたね。

――ニノミヤさんは“愛”や“哀”という言葉を以前から多用されていますが、それは音的に自分を意味する“I(アイ)”にも置き換えることができて。この曲の場合も、過去の自分自身に向けた今の自分からのメッセージにも捉えることができて、そういう面白さがありますよね。

ニノミヤ 自分でも色々な想像ができる余地を残せたと思っていて。だからこの曲は“私”を前面に出すというより、皆さんの心に寄り添いつつ私のカラーを出せた曲になったと思います。それと私は高校を卒業してからプライベートで人と会う機会が本当に少なくなってて。高校の頃は毎日学校で誰かと会って話していたので、あまり孤独を感じることがなかったけど、今はこのご時世というのもあって、そういう時期が良かったなって思い出しちゃうことがあるんですね。その意味では結構過去を引きずりがちな女になってて(苦笑)。

――いやいや(笑)。

ニノミヤ そんなとき、引きずっているから前にも進みにくいのかもと思って、逆にあえて友達から私に連絡を取れないようにしていた時期があったんです。そのときに、自分で生きていかなくちゃっていう気持ちがすごく芽生えたんですね。そこから、過去に囚われているけど前に進む曲を作りたいと思うようになって。真戸原(直人)さんが書いてくださったこの曲は、リズムがずっと同じ調子で回っている感じがあるので、そこから抜け出すイメージの歌詞を最後に持ってきたら、良い感じの曲になるかなと思って歌詞を書きました。真戸原さんのメロディがあってこそ書けた歌詞だと思います。

――もう1曲、テスラノート盤収録の「みっともない私なんて」はボカロPの100回嘔吐さんが作編曲を担当、歌詞はニノミヤさんとの共作になります。制作にあたり、どんなやり取りがあったのですか?

ニノミヤ リモートで何回か打ち合わせさせていただいて作っていただいたんですけど、歌詞は私が作詞用にストックしていた、自分の想いとかを書いた文章をほとんど全部お送りしまして、そこから100回嘔吐さんがピックアップして組み立ててくださりました。なので言い回しは100回嘔吐さんのものだけど私の気持ちが入った曲になっていて。私の新しい部分を引き出してもらえたような感覚で嬉しかったです。

――様々に展開していくジェットコースターのような曲調の中で、歌詞は自分自身を探し続けて足掻いているような内容ですよね。

ニノミヤ そうなんですけど、曲調がすごくキャッチーだからあんまり暗くなりすぎないというか、あんまり自分で重くならない、若干捻くれている方向に向かえたような気がしていて。ボーカルのディレクションも100回嘔吐さんがやってくださったんですけど、今まで私があまり使わなかった、どちらかと言うとキャラソンを歌うときの声作りに近い、かわいい方向に作っていったのが、アーティスト名義としては新しい曲になりました。

――今回の5曲を聴いて感じたのは、これまで以上に前を向いて進む意志が強く表れているということで。先日20歳を迎えたことを含め、技術面だけでなく精神面での成長が刻まれている作品のように思います。

ニノミヤ たしかに今までよりも前に進む力がエネルギッシュに出ている曲が多いとは自分でも感じていて。もちろん停滞感のなかで生まれる曲もそれはそれで良いなと思いますけど、時間を前に進められた感じがこのシングルで出せたのは嬉しいです。なおかつ2作品もタイアップさせていただいているので、その作品をきっかけに私のことを知ってくれた人たちを虜にしたい気持ちがすごくあって(笑)。曲の中で伝えている私の想いに共感してくれる方が増えて、一緒に私の音楽を楽しんでくださったら嬉しいです!

TEXT & INTERVIEW BY 北野 創(リスアニ!)


●リリース情報
ニノミヤユイ 両A面シングル
「Dark seeks light/散文的LIFE」
11月3日(水)発売

【アーティスト盤(CD+BD)】

価格:¥2,860(税込)
品番:LACM-24205

<収録曲>
01:Dark seeks light
作詞:ニノミヤユイ  作曲・ 編曲:ケンカイヨシ
02:散文的LIFE
作詞:ニノミヤユイ  作曲・ 編曲:ケンカイヨシ
03:不揃い
作詞:ニノミヤユイ 作曲:ニノミヤユイ, YUMA HARA 編曲:坂東邑真

※2021年3月に行われたニノミヤユイワンマンライブ「消えてくれないアイの痕。」のダイジェスト映像を収録したBDを同梱。

【暗殺貴族盤(CD)】

価格:¥1,540円(税込)
品番:LACM-24206

01:Dark seeks light
作詞:ニノミヤユイ  作曲・ 編曲:ケンカイヨシ
02:散文的LIFE
作詞:ニノミヤユイ  作曲・ 編曲:ケンカイヨシ
03:愛したあの頃に哀を
作詞:ニノミヤユイ 作曲:真戸原直人 編曲:真戸原直人, Kim Dan

【テスラノート盤(CD)】

価格:¥1,540(税込)
品番:LACM-24207

01:散文的LIFE
作詞:ニノミヤユイ  作曲・ 編曲:ケンカイヨシ
02:Dark seeks light
作詞:ニノミヤユイ  作曲・ 編曲:ケンカイヨシ
03:みっともない私なんて
作詞:ニノミヤユイ, 100回嘔吐 作曲・編曲:100回嘔吐

関連リンク

ニノミヤユイ Lantis web site
https://www.lantis.jp/artist/ninomiyayui/

ニノミヤユイ 公式Twitter
https://twitter.com/YuiNinomiya0906

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人