『アオペラ -aoppella!?-』3rdCDが、2022年2月10日発売決定&予約スタート!引地洋輔、土屋礼央、浪岡真太郎、とおるす、作曲家陣よりメッセージも到着!


●リリース情報
『アオペラ -aoppella!?-3』
2022年2月10日発売

【初回限定盤 -リルハピ ver.-】
【初回限定盤 -FYA’M’ ver.-】
価格:各¥2,420(税込)

【通常盤】
価格:¥1,980(税込)

<CD>
01 オレたちのクリスマスライブにようこそ(drama track)
02 リルリルHappy!
03 Let it snow, Let it snow, Let it snow
04-05 アオペラ地区予選開催!(drama track)
06-08 合同クリスマスライブ開催!(drama track)

初回限定盤封入特典
・各グループ毎のオリジナル楽曲の楽譜(スコア)
・ランダムブロマイドセット5枚封入
※1パックに全22種の中からランダムアソートでいずれか5枚が入っています。

通常盤封入特典
・ランダムブロマイド1枚封入

※「リルハピ ver.」「FYA’M’ ver.」共通の特典内容です。
※レアは生徒からのメッセージが入った豪華仕様!

購入特典などその他詳細はこちら

<クリエイターコメント>
都立音和高校アカペラ部「リルハピ」
「リルリルHappy!」

RAG FAIR 引地洋輔
違う声が集まるのがアカペラの楽しさ。『アオペラ -aoppella!?-』にはまさにそれが詰まっていると思います。制作期間にすっかりファンになりました。
3作目ということで、ここまでリルハピが過ごした時間も考えながら作詞しました。
この歌で、より強いチームになったリルハピが、リスナーさんに届いたら嬉しいです。
「リルリルHappy!」お楽しみに!

RAG FAIR 土屋礼央
今回楽曲制作を担当したRAG FAIR土屋礼央です。
歌詞の提供は過去にもあったのですが、曲も含めての提供は初めての事だったので、 お話を頂いた時は本当に嬉しいの一言でした。
自分がリルハピのメンバー自身だったらどういう曲を作るかなと想像しながら作った所、自分でも驚くぐらい自然に、かつRAG FAIRでは出なかったメロディーラインや言葉が生まれました。
是非、リルハピのハーモニーで沢山の人の心に響いて欲しいなと思っております!

私立奏ヶ坂中学高等学校アカペラ部「FYA’M’」
「Let it snow, Let it snow, Let it snow」

Penthouse 浪岡真太郎
コロナ禍でなかなか会えなくなった人って、誰にでもある程度いると思います。それでもどこか心で繋がっている、そんな暖かさをこの曲で感じてもらえたらうれしいです。

アカペラクリエイター/Rabbit Cat とおるす
Think About Uを聞いてFYA’M’が大好きになりました!この度は楽曲制作に携わらせて頂き大変光栄です。
先日アレンジ提供致しました天体観測とはうってかわって今作はしっとりとしたバラード楽曲です。
寒空の中、温かいレモンティーみたいに心に寄り添えるような、そして、近しい誰かに想いを馳せたくなるような、そんな楽曲です。ファンの皆様に楽しんでもらえますように。

私立奏ヶ坂中学高等学校アカペラ部「FYA’M’結成秘話」スペシャル動画が公開!

●作品情報
『アオペラ -aoppella!?-』

『アオペラ -aoppella!?-』は、「青春」×「アカペラ」をテーマにメディアミックスで展開していく、 KLabが手掛ける音楽原作プロジェクトです。

<ストーリー>
————あの日、少年たちは魅了された。
目の前に立つのは、自分達と同じ普通の高校生。華美な衣装もない。
楽器のセットもない。
それなのに、彼らが口を開けた瞬間、変幻自在のハーモニーが溢れ出し、観客は熱狂する。

「僕たちも、あんな風に歌いたい!輝きたい!」

アカペラ≪無伴奏歌唱≫に魅入られた高校生たちが目指す、
高校生限定アカペラコンテスト『アオペラ』
遥かな高みを目指す、彼らの演奏が今、始まる————!

(C)KLab

関連リンク

『アオペラ -aoppella!?-』公式サイト
https://www.aoppella.com/

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人