2021年10月1日より“スーパーアニメイズム”枠にて放送開始!TVアニメ『ブルーピリオド』主題歌情報解禁!

2021.09.10


●作品情報
TVアニメ『ブルーピリオド』
MBS/TBS系全国28局ネット“スーパーアニメイズム”枠
10月1日 より毎週金曜25時25分〜
BS朝日
10月3日より毎週日曜23時00分〜
AT-X
10月7日より毎週木曜日21時00分〜
毎週(月)9:00 ※リピート放送
毎週(水)15:00 ※リピート放送

配信情報
Netflixにて
9月25日〜毎週土曜日
テレビ放送より国内先行配信

特番情報
「アニメ放送直前!ブルーピリオド 大解剖SP」
9月24日(金)25時25分放送
出演者
山田五郎、パンサー、ラランド サーヤ、峯田大夢、宮本侑芽、花守ゆみり(ナレーション)

<イントロダクション>
成績優秀で世渡り上手な高校2年生・矢口八虎は、悪友たちと遊びながら、毎日を過ごしていた。
誰もが思う“リア充”……
そんな八虎は、いつも、どこかで虚しかった。
ある日、美術室で出会った1枚の絵に、八虎は心を奪われる。
「絵は、文字じゃない言語だから」
絵を通じてはじめて正直な気持ちを表現できた八虎は、美術のおもしろさに目覚め、衝動のままにスケッチブックへ向かっていく。
そして八虎は、ついに進路を固める。
「第一志望 東京藝術大学」
実質倍率200倍、入学試験まで、あと650日──!
国内最難関の美大を目指して青春を燃やす、アート系スポ根物語、開幕!

【スタッフ】
原作:山口つばさ『ブルーピリオド』(講談社「アフタヌーン」連載)
総監督:舛成孝二
監督:浅野勝也
シリーズ構成・脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:下谷智之
美術監督 :仲村謙・金子雄司
美術設定:緒川マミオ・中島美佳
撮影監督:服部安
色彩設計:歌川律子
3DCG監督:大見有正
編集:関 一彦
特殊効果:福田直征
音楽:井上一平
音響効果:小山健二
音楽プロデューサー:酒井康平
音楽制作:DMM music
音響監督:菊田浩巳
制作:Seven Arcs

【キャスト】
矢口八虎:峯田大夢
鮎川龍二:花守ゆみり
高橋世田介:山下大輝
橋田 悠:河西健吾
桑名マキ:宮本侑芽
森 まる:青耶木まゆ
佐伯昌子:平野 文
純田:福西勝也
恋ケ窪:神尾晋一郎
歌島:橘 龍丸
海野:平塚未玖
白井:長谷川育美
城田:根本優奈
山本:古賀 葵
大葉真由:和 優希
岡田さえ:陶山恵実里
石井啄郎:村田太志
桜庭華子:大西沙織

●主題歌情報
OPテーマ
Omoinotake「EVERBLUE」

<Omoinotake コメント>
TVアニメ『ブルーピリオド』のオープニング曲を担当しますOmoinotakeです。
「創造すること」への苦悩や素晴らしさの詰まった、この素敵な作品に携わることができ光栄に思います。
僕らは「才能」なんてひとつも持ち合わせていない3人でした。
「じゃあどうすればいいんだろう」と何年も試行錯誤を続けた末にたどり着いた場所は、ブルーピリオドの舞台でもある、渋谷でのストリートライブでした。
「好きなことをやるって いつでも楽しいって意味じゃないよ」
八虎の言葉に自分たちを重ねて、溢れた言葉とメロディをひとつの歌にしました。
今日に至るまで、9年間このバンドを続けてきた僕らは「描くことが好き」という八虎と同じく、ただただ「音楽が好き」なんだと思います。
そんなブルーピリオドのオープニング曲として、描き上げた「EVERBLUE」
コンプレックスも葛藤も、初期衝動の青さも苦悩も、そしてきっとその先に待っている希望も、全てを閉じ込めました。
どうかたくさんの方が、この青い願いに、
心を重ねてくださいますように。

<Omoinotake プロフィール>
藤井レオ(Vo&Key)、福島智朗(Ba&Cho)、冨田洋之進(Dr&Cho)のギターレス構成。中学生の同級生だった彼らは2012年に結成。渋谷を中心にストリートをはじめとするライヴを重ね人気を獲得してきた。配信シングル「モラトリアム」は自身初のタイアップ劇場アニメ「囀る鳥は羽ばたかない The clouds gather」の主題歌に起用され、話題を集める。YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」にインディーズながら初登場。20年11月に配信された「産声」は、テレビ東京「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」のドラマOPに起用され、2021年ネクストブレイクアーティストとして注目されている。

EDテーマ
「Replica」mol-74

<mol-74 コメント>
この度、アニメ「ブルーピリオド」のエンディングテーマを担当させていただくことになりました。大好きな漫画なので大変嬉しく、光栄に思います。
作品を作り上げるまでの苦悩や葛藤、そして完成した瞬間の歓喜と感動。美術と音楽というカルチャーこそ違うものの、自分に重ねてしまう部分が多く、自分自身の現状に対して必死に抗う主人公八虎の姿に何度も背中を押されました。
「Replica」には”誰かに期待するのではなく、自分自身で世界を変えよう”というメッセージを込めました。
この楽曲が現状に抗うあなたに寄り添えるものとなれば嬉しいです。

<mol-74 (モルカルマイナスナナジュウヨン) プロフィール>
2010年に武市(Vo,Gt,Key)、井上(Gt)、坂東(Dr)の3名で京都にて結成。
2017年より髙橋(Ba)が加入し現在の4人体制になる。自主制作でのアルバムリリース後、インディーズで計5枚のミニアルバムをリリース。日常にある身近な感情を武市の透き通るようなファルセット・ヴォイスを軸に、北欧ポストロックを思わせる繊細な音作りで注目を集める。
2019年4月3日に初のフルアルバム「mol-74」でメジャーデビュー。6月に行われたワンマンツアーmol-74one-mantour2019「MorningIsComing」のファイナル公演、東京マイナビBLITZ赤坂をソールドアウトするなど着実にステージを上げている。2021年10月TVアニメ「ブルーピリオド」のエンディングテーマを担当。

関連リンク

TVアニメ『ブルーピリオド』公式サイト
https://blue-period.jp

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人