特別編放送直前!TVアニメ『ワンダーエッグ・プライオリティ』の音楽を手がけたミト(クラムボン)とDÉ DÉ MOUSEが語る、『ワンエグ』の魅力!

私はDÉ DÉくんをセレクトして正解でした(ミト)

ミト でも、私は曲を聴いたときに「DÉ DÉくんの曲じゃん!」って思ったんですよ。それがハマって監督たちが「良い」って言ったんだから、私はこれで「いけたな」って思っちゃった。で、自分自身がDÉ DÉくんに劇伴をつくってもらいたいと思った理由もなんとなくわかった。

DÉ DÉ サントラを作っているときって、当たり前ですけどまだ作品が放送されていないからその反応もわからないじゃないですか。でも実際に放送されて、あのシーンをみんなよく覚えていてくれたと聞いてすごく嬉しかったですね。

ミト 私はDÉ DÉくんをセレクトして正解でした。DÉ DÉくんの音楽ってアニメの音楽として隙間に存在できるんだなっていうのは証明できたというか。これだったら大丈夫っていう。

――たしかにDÉ DÉさんのベースが効いたサウンドが作品にフィットしたのはすごく新鮮でした。

ミト そうそうそう。別に『ワンエグ』のスタッフが忖度してDÉ DÉくんに隙間を与えているかというと、そんな余裕はないわけですよ。なのにそこに入り込んでハマるというか、もちろんハマり方はそれぞれ捉えどころがあって、とある人にはいびつに聞こえるかもしれないんだけど、そのいびつさがかっこいいしあの作品の中で収められているのは、やっぱりDÉ DÉくんのビートや音楽だったんだと思う。

――ベースミュージックがぴったりハマりそうなシーンがあるわけではないのに、そこにハマっているという。

ミト そう。そうなの! 謎なんですよね。だから私も自信なくなってきちゃって。

DÉ DÉ 僕は逆にミトさんのアニメの音楽のシーンへの浸透度がすごいと思って。僕の音楽って、あの作品の世界の外側の次元で鳴っている音楽というか、その奇妙さや違和感、あるいはビートミュージックに関しては恐怖感があると思うんですよ。自分も昔、ビートミュージックに素養がなかった頃って、極端にイキっているビートミュージックって怖かったんですよ。

ミト イキっているビートミュージック(笑)。

DÉ DÉ 怖いじゃないですか。でもいざ自分がそのなかに入るとみんなおっとりしていたり大人しかったり(笑)。そのビートミュージックへの恐怖というものがバトルシーンとかに顕著に出ているから、それが恐怖になりすぎないように放送では全体のレベルを抑えて鳴っていたりするんですけどね。でもミトさんの音楽はすごく聴こえやすく鳴っていて、画面の中のあの世界でちゃんときれいに鳴るようにできているのが僕には衝撃的で。

ミトさんの音楽ってファンタジーがあるんですよね(DÉ DÉ)

――現実世界と異世界と鳴っている場所が違うというか、そこも『ワンエグ』っぽいですね。

DÉ DÉ だから最初のときって僕が異世界、ミトさんが現実世界を担当するっていう話もあったんですよね。

ミト 最近そういうオーダー多いんだよね(笑)。

DÉ DÉ あと個人的にはアイちゃんが沢木先生に「私、学校行きます」って言うシーン。あそこで流れている曲が素晴らしくて。

ミト あれは脚本を読みながら3分で作ったんですよ。

DÉ DÉ それがハマるんだっていう。僕にとってはあの曲が『ワンダーエッグ・プライオリティ』の青春をすべて表している気がして。

ミト あのシーンそのままではないけど、あそこに近いシーンを引っ張ってきて、それを読んで「じゃあ」って電源立ち上げて、ピアノを立ち上げて、テンポも決めないまま弾いたそのままがあの曲ですね。

DÉ DÉ 僕の違和感がある曲か、ミトさんの現実への染み込んだ曲か、どっちが今っぽいかというと、僕はミトさんのほうだと思うんです。今って、現代社会が非現実みたいになっているじゃないですか。だからファンタジーに安らぎを求めているような気がしてるんですけど、ミトさんの音楽ってファンタジーがあるんですよね。

――それがこの世なのか感もあるというか、あのシーンもアイの満面の笑顔も何を考えているのか見えないところもあって。

DÉ DÉ そうそう、逆に不安に感じちゃうし。

――お互いに自分とは別の感覚というものを補完して『ワンエグ』のサントラが出来ていったというのがよくわかりますね。

ミト やっぱりDÉ DÉくんの音楽って、いわゆるトラックメイカーとしての、定期的にフロアに立っている人の音だと思うんです。例えば牛尾(憲輔)くんとmabanuaくんって、トラックメイカーとして今一番劇伴に順応している二人だと思うんだけど、あの二人でさえ、歌でいうバッキングの作り方での劇伴だと感じるときがあるんだよね。でもDÉ DÉくんって違うのよ。それがすごく自分でも刺激的だったし、自分もまだ歌を聴こうとして劇伴のトラックを作っている節があるんだなって。だからそこはもうちょっと攻めたほうがいいかもって思うようになったんだよね。それは、今回『ワンエグ』をやってDÉ DÉくんから得た大きなものだったなって思います。

令和然とした新しいものをプレゼンテーションできた(ミト)

――今回のお話を受けて、改めて音楽に注目しながら本編を観直してみたくなりました。

ミト 私としては、自分の劇伴活動のなかでも非常にフレッシュなことができたと思うんですよね。DÉ DÉくんというスペシャルな人と一緒に楽曲制作ができたのもよかったし、『ワンエグ』のストーリーの中で、音楽が今まであったものとは違う、令和然とした新しいものをプレゼンテーションできたと思う。それは本編も特別編も変わらないと思うし、そういう意味ですごくいい作品として、今後の自分のリファレンスにもなるものができたと感じています。作品が終わったあとも余韻が残るものができたと思いますし、みんなに届いてほしいなと思っています。

DÉ DÉ やっぱりたくさんの人に聴いてもらいたいし観てもらいたいですね……もっと多くの人に聴いてもらいたい……だから……僕とミトさんとでこの作品のアルバムを出したい!

ミト えっ、どういうこと?(笑)。

DÉ DÉ メロディとかちょっとずつ変えて、ジャケットもそれっぽいイラストを描いてもらって。

ミト なんか話が壮大になってきたぞ。たまにDÉ DÉくんと喋っていると、これが現実なのか非現実なのかわからなくなってくるんだよね(笑)。

――まさに『ワンエグ』の世界そのままですね。

ミト DÉ DÉくんがまんま『ワンエグ』ですよ(笑)。

DÉ DÉ 実現させましょうよ!

ミト 現実的なことをいえば、私たちでイベントをやるとかね。

DÉ DÉ オリジナルアルバム作りましょう、僕たちで。

ミト 話進めているけど、私、まだ「うん」って言ってないからね(笑)。ほら、このはみ出し感って『ワンエグ』におけるDÉ DÉくんの音なんですよね。だってこの人、制作の皆さんが頑張っているからって、劇中で使われないのにトラック作ってきたからね。こんな人間いないでしょ?(笑)。

DÉ DÉ アニメ放送中に、皆さん大変なんだろうなって思っていたら、そんなときに何もできない自分がだんだん嫌になって。曲を作って、これ聴いて頑張ってくれたら嬉しいなって思って送ったんです。

ミト それがメールで来たとき、「あれ、追加のオーダーってあったっけ?」って思ったもん(笑)。

DÉ DÉ あ、あの曲を出せばいいのか! じゃあミトさんベース弾いてくださいよ(笑)。

ミト う、うん……(笑)。

DÉ DÉ 夏にはやりたいなあ……(笑)。

ミト もうキリがないからテープレコーダー止めてください(笑)。ありがとうございました!

INTERVIEW & TEXT BY 澄川龍一


●放送・配信情報
「ワンダーエッグ・プライオリティ」特別編
6月29日より放送・配信スタート

【放送情報】
日本テレビ:6月29日(火)25:34~26:34
中京テレビ:6月30日(水)25:37~26:37
福岡放送:7月1日(木)26:40~27:40
宮城テレビ:7月3日(土)25:05~26:05
青森放送:7月8日(木)24:54~25:54
南海放送:7月9日(金)26:57~27:57
札幌テレビ:7月18日(日)26:35~27:35
読売テレビ:7月深夜放送予定

【配信情報】
Hulu・dアニメストアにて29日(火)24時より地上波先行配信予定

●リリース情報

『ワンダーエッグ・プライオリティ 1【完全生産限定版】』
発売中

【Blu-ray】
価格:¥14,300(税込)
品番:ANZX-15131~15132

【DVD 】
価格:¥12,100(税込)
品番: ANZB-15131~15132

収録話:第1回~第4回

【完全生産限定版特典】
・全巻収納ケース
・キャラクターデザイン・高橋沙妃描き下ろしジャケットイラスト
・オリジナル・サウンドトラックCD VOL.1
・オーディオコメンタリー[第3回〜第4回]出演:相川奏多・斉藤朱夏
・特製ブックレット VOL.1
・絵コンテ集 VOL.1
・SDキャラクターシール

『ワンダーエッグ・プライオリティ 2【完全生産限定版】』
発売中

【Blu-ray】
価格:¥14,300(税抜)
品番:ANZX-15133~15134

【DVD】
価格:¥12,100(税抜)
品番:  ANZB-15133~15134

収録話:第5回~第9回

【完全生産限定版特典】
・キャラクターデザイン・高橋沙妃描き下ろしジャケットイラスト
・オリジナル・サウンドトラックCD VOL.2
・オーディオコメンタリー[第5回〜第6回]出演:相川奏多・矢野妃菜喜
・特製ブックレット VOL.2
・絵コンテ集 VOL.2
・4人の思い出プリクラ風シール

※商品の特典および仕様は予告なく変更になる場合がございます。

ワンダーエッグ・プライオリティ 3【完全生産限定版】
2021年8月25日(水)発売

【Blu-ray】
価格:¥14,300(税抜)
品番:ANZX-15135~15136

【DVD】
価格:¥12,100(税抜)
品番: ANZB-15135~15136

収録話:第10回~第12回、特別編

【完全生産限定版特典】
キャラクターデザイン・高橋沙妃 描き下ろしジャケットイラスト
オリジナルドラマCD
特製ブックレット VOL.3
オーディオコメンタリー●絵コンテ集 VOL.3
特典映像(ノンクレジットOP&ED/PV&CM集)
特製イラストカード

※商品の特典および仕様は予告なく変更になる場合がございます。

※店舗別特典購入特典詳細は下記をご確認ください。
https://wonder-egg-priority.com/bddvd/

関連リンク

TVアニメ『ワンダーエッグ・プライオリティ』公式サイト
https://wonder-egg-priority.com/

TVアニメ『ワンダーエッグ・プライオリティ』公式Twitter
https://twitter.com/wep_anime

この記事を書いた人