【ライブレポ連載】FLOW SPECIAL ONLINE LIVE 全アルバム網羅 炎の12ヶ月:vol.9『26 a Go Go!!!』

■DISC REVIEW

『26 a Go Go!!!』

インスト曲「Introduction -collage-」で幕を開けるFLOWの9thアルバム。2014年3月にリリースされた本作の象徴的な1曲は今作のためにミックスが施された「愛愛愛に撃たれてバイバイバイ」だろう。TVアニメ『サムライフラメンコ』の第2クールOPテーマとして書き下ろされたアッパーなロックンロールチューン。ギターの重厚な重なりが疾風怒濤の勢いを見せるが、なんとFLOWメンバー全員がアフレコに挑戦。19話、20話に登場しているので、気になるリスナーはぜひチェックしてもらいたい。繊細に紡がれながらもアグレッシブさのあるエモーショナルな「閃光の唄」では魂の叫びのような歌詞が印象的だ。圧のあるコーラスからシリアスさあるサウンドと畳み掛けるようなボーカルが迫りくる表情豊かな「Marionette」からガラリと空気を変えるのはラブセラピー、略して「ラブ☆セラ」だ。KEIGOとKOHSHIの掛け合いはポップな言葉の応酬なのに、どこかダークさのあるロックンロール。メジャーな調べで持っていきそうなサウンド感をあえて裏切るような旋律こそ、“狂気と情欲のディストピア”か。

そんな1曲に続くのは、琴線に触れるサウンドで優しく歌声を乗せる二人の歌声が柔らかさに笑顔の華が咲いていくような「Smile Smile Smile」。そして26thシングルをアレンジした「常夏エンドレス -Album Ver.-」。発売当時にはハダカのオトコ5人組エンターテイメントグループ「iNDIGO BLUE」とのコラボレーションが話題となったMVといい、“26”枚目という意味といい、夏が大好きなお祭りバンドのFLOWならでは、ということも相まって、ファンにとっても印象深いシングルだったはず。

ライブ感あるダンサブルなロックンロールに乗るキレあるKEIGOのラップも鮮烈な1曲だ。元気印のアニメのオープニング曲にでもなっていそうなFLOWの本領発揮のアッパーチューン「GLORY DAYS」はメッセージもリスナーの背中を押すパワー漲るナンバー。まるで壮大な映画のエンディングを観ているような、スケール感のあるイントロとセピア色を感じさせる楽器の音によって紡がれていくのは「Someday」。どこかノスタルジックで、大切な想いを思い起こさせるけれど、前へと踏み出す力の宿るメッセージソングだ。南米を思わせるインスト曲「Interlude -departure-」に誘われて始まる「ワンダーラスト」はフォルクローレ調のロックンロールナンバー。ガットギターの音やパーカッションの音や独特の南米民族音楽の音階、そこにヘビーメタルのような重々しい音などFLOWにしかできないミクスチャーサウンドがハートを熱くする。

そして、グルーヴする音がライブを思わせる軽快さのあるライブのラストを飾りそうな大団円ソング「また逢う日まで」に続く本作のラストチューンが「PRIDE」。真摯に歌い上げるKOHSHIの歌とギターだけで始まるこの曲に、ドラマチックな音にまるでポエトリーリーティングのように言葉を乗せるKOHSHI、KEIGO。メンバー全員でコーラスして、音像の厚さを持って、力強さや想いの大きさを感じさせる。共に在るファンに、FLOWを聴くすべての人に「仲間だ」と伝える絆の歌だ。そんな1曲はアウトロのような「Conclusion -pride-」で幕を閉じる。“26”というタイトルは、FLOWの大切にしてきた数字。その26を冠にしたアルバムは、FLOWからファンへの恋文なのかもしれない。

TEXT BY えびさわなち

『26 a Go Go!!!』
2014年3月26日発売

【初回生産限定盤(CD+DVD)】
品番:KSCL-2886~2887
価格:¥3,353(税込)

【通常盤(CD)】
品番:KSCL-2888
価格:¥3,204(税込)

<CD>
01. Introduction -collage-
02. 愛愛愛に撃たれてバイバイバイ -Album Mix-
03. 閃光の唄
04. Marionette
05. ラブ☆セラ
06. Smile Smile Smile
07. 常夏エンドレス -Album ver.-
08. GLORY DAYS
09. Someday
10. Interlude -departure-
11. ワンダーラスト
12. また逢う日まで
13. PRIDE
14. Conclusion -pride-

<DVD>
愛愛愛に撃たれてバイバイバイ(Music Video)
常夏エンドレス(Music Video)
New Album「26 a Go Go!!!」完成記念全曲紹介という名の慰労会 in 箱根

次ページ:インフォメーション

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人