「このセトリを完遂できたら、すごいライブになる」――“大橋彩香ワンマンライブ2021~Our WINGS~”開催直前インタビュー

念願の演出も挑戦も盛り込んだ、“過去最高”を超えるライブを目指して

――バンドリハを通じて、セットリストについてはどう感じられましたか?

大橋 観る側は間違いなく、めっちゃ楽しいだろうなと思いました。ただ、やる側となるとだいぶキツいところが多くて(笑)。それに『WINGS』にかっこいい曲が多かったり、ダンサーさんの出番が普段より少なかったりするのもあって、もしかしたら今までのライブでいちばんどっしりとした空気感のライブになるのかもしれないです。『WINGS』の新曲が“失恋”とか“己との戦い”みたいな曲が多いですし。

――たしかに、ここ数年のカップリング曲の系統のものが多いというのはあるかもしれません。

大橋 だから「みんな気持ち、ついてこれるかな?」というのもありつつ、自分の気持ちも曲に沿ってコロコロ変わるようなセトリになっているので、自分も強い気持ちをもって歌い切るようにしなきゃいけないなと思いました。でも「このセトリをしっかり完遂できたら、めちゃくちゃすごいライブになる!」とも感じているので……今は「5月1日の自分、頑張れ……!」という気持ちです(笑)。

――アルバム曲の中で、バンドと合わせることでレコーディングとは違う難しさを感じた曲はありますか?

大橋 特に「Winding Road」はダンス曲なので、バンドアレンジになるとCD音源にはあった音がなくなっている部分があって、全然違う聴こえ方がするので、その中で音を取っていくことに難しさを感じます。でもやっぱり「生だなぁ」という感じがしますし、バンドの皆さんと意見を交わしながら進めていくのも含めて、すごく楽しいんですよ。

――パフォーマンスに加えて、今回は初のアリーナライブということもあって、ステージ演出の部分でもこだわられましたか?

大橋 意見は結構出させていただきました。私のライブではおなじみの演出もありますし、今回の会場でやっと実現できる、ずっと「やりたい」と言い続けていた演出もあるんですよ。それに今回は久しぶりにやる演出もありますし、特効系の演出もあったりと本当に盛り盛りなので、全部みんなの記憶に残せるといいなぁ……声を出せない分、全部目に焼き付けて帰ってほしいですね。

――となると演出の関係上、普段とステージングに違いが出る部分もあるのでは?

大橋 ありますね。たとえばステージ上の床も普通のものじゃなくて、結構珍しいものになっているんですよ。ライブ前なので、どう珍しいのか詳しくお話しできないのが申し訳ないんですけど……。私自身もライブでその床を経験するのは初めてなので、いろいろ気をつけなきゃで。靴も床に合わせたものにしてもらうので、大丈夫だと思うんですけど。

――その床が活きる場面は、会場でも配信でも楽しめますか?

大橋 はい。ライブを観ていただくなかで、きっと「だからこういう床にしたんだ!」と驚いてもらえると思っています。あと、ライブのMC中は、リアルタイムで配信を観てくださっている方のコメントも見られるようにしてもらう予定なんですよ。コメントを通じて掛け合いたいので、当日配信で観てくださる方はぜひ「#大橋彩香WINGS」でつぶやいてください!

――ちなみに、大橋さんはコロナ禍においても有観客ライブへコンスタントに出演されていました。その経験が活かせそうだと感じているところはありますか?

大橋 たしかにコンテンツ関係では去年の夏頃から色々とやらせていただいていましたけど、逆にソロのワンマンとなるとめちゃくちゃ久しぶりなので……「ひとりでこの曲数久々に歌うけど、大丈夫かな?」という不安はあります。ただ、お客さんが声を出せないなかでの盛り上げ方やコミュニケーションの取り方みたいなものはなんとなく掴めてきたような感じがあるので、それは活かしたいですね。

――声出せないお客さんをどう盛り上げるかというのは、やはり……。

大橋 めちゃくちゃ難しいです。だから心の準備ができたという意味では、ワンマンの前に声出しNGのライブを経験できてよかったかもしれないです。もうバンドリハで、初めて「間奏、手持ちぶさただな」と感じたぐらいなんですよ。いつもなら間奏でコールを煽ったり「一緒に歌ってー!」みたいに色々言えたのに、今回は「これも言えない、あれも言えない……」みたいになっちゃって(笑)。そこは本番までに、魅せ方を見つけておきたいですね。

――そんななかだからこそ、聴かせる曲も今回は普段よりも少し多めに?

大橋 そうですね。『WINGS』自体があまりコール部分のないじっくり聴いてもらえるような曲の多いアルバムだと思うので、今回に限っては、その分静かに集中して観てみるライブもいいのかもしれないですね。

――また、リハーサルの開始に前後して“Start Up!”や“PROGRESS”といった以前のライブのコメンタリー配信も行なわれましたが、モチベーションを上げてくれた部分はありましたか?

大橋 はい。特に“PROGRESS”は自分のアーティスト活動の中でライブとしてもアルバムとしても大きな転機になったものだったので、それを“Our WINGS”の直前に観ることで改めて「頑張らなきゃな」という気持ちになれたのは、すごくよかったなと思います。

――気合いも入った。

大橋 そうですね。あのライブのときは、特にやりたいことがたくさん湧いていた時期で。ダンス欲もめちゃくちゃあったし、いろんなアーティストのライブを観ることにもすごくハマっていたし……それを一気にガッと詰め込んだライブだったので、あのときの気持ちも思い出して、またモチベーションがひとつ上がった気がします。あのコメンタリーを観たうえでライブに来てくださる方は、あれから私がどれぐらい成長できているのかも感じていただけたら……ちょっとプレッシャーにもなりますけど(笑)。たぶん、できているはずです!

――最後に改めて、ライブに向けての意気込みをお願いします。

大橋 まずは約1年半ぶりのワンマンライブを、無事開催できることがすごく嬉しいです。あれから本当にいろんなことが皆さんにもあったでしょうし、私にもあったので……特に今は、色々な想いを抱えている人が多いと思うんですよ。なので今回は、明日も頑張れるようなパワーをあげられるようなライブにできたらいいなという気持ちでいっぱいです。もちろん今回も新しいことにたくさん挑戦させていただいているので、大橋彩香の成長やさらなる可能性もお見せしていきたいですね。現地も配信も両方あるライブなので、ぜひ皆さんの好きなスタイルで楽しんでもらえたら嬉しいです。

INTERVIEW&TEXT BY 須永兼次


●ライブ情報
大橋彩香ワンマンライブ2021~Our WINGS~
5月1日(土)
会場:幕張メッセイベントホール
開場:16:30/開演:17:30
座席チケット:8,500円※その他特典付きチケットあり

配信チケット:3,600円(税込)※その他特典付きチケットあり
※Go Toイベント事業対象のため、お得に購入することができます。


関連リンク

大橋彩香オフィシャルサイト
https://ohashiayaka.com/

「大橋彩香ワンマンライブ2021~Our WINGS~」
会場チケット購入はこちら
https://ticket.rakuten.co.jp/music/jpop/RTBCOSK/

配信チケット詳細はこちら
https://ohashiayaka.com/contents/418147

アーカイブチケット購入はこちら
https://up.auone.jp/articles/id/83468?ref=os

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人