ALI 4月より放送開始のTVアニメ『すばらしきこのせかい The Animation』のOPテーマ「TEENAGE CITY RIOT」のゲスト・ラッパーにR-指定(Creepy Nuts)が決定!

今年4月よりMBS/TBS系全国28局ネット‟スーパーアニメイズム“枠にて放送されるスクウェア・エニックス制作のアクションRPG「すばらしきこのせかい」を原作とするTVアニメ『すばらしきこのせかい The Animation』のOPテーマであるALIの新曲「TEENAGE CITY RIOT」のゲスト・ラッパーにR-指定(Creepy Nuts)が決定した。

ラップパートにのせたアニメの新PVも公開されたので是非チェックしてほしい。

また、2月5日渋谷クアトロにておこなわれたALIの久々の有観客ライブ「LOVE, MUSIC AND DANCE 2021」の模様がフジテレビNEXT/フジテレビNEXTsmartにて独占放送・配信されることが決定した。


●楽曲情報
TVアニメ『すばらしきこのせかい The Animation』OPテーマ
ALI「TEENAGE CITY RIOT feat. R-指定」

<アーティストコメント>
LEO from ALIコメント
去年の春頃、この曲が完成した時に、このサウンドに対してラップ出来るのはR-指定くんしかこの世に居ないと思いました。快くオファー受けて頂き、本当に感謝です。
レコーディングにお邪魔した時に、ラップが入ったプレイバックを一緒に聴いた衝撃が忘れられません。
ようやく皆様に、届けられるのが嬉しく思います。
大変な世の中を生きる皆様の世界が、少しでも素晴らしく感じられますように。
そして、ALIと、R-指定くんの新しい旅がはじまります。
嗚呼、アニメ公開も、ライブも楽しみ過ぎます。
音楽最高。

<ALI Profile>
Funk/Soul/Jazz/Latin などのルーツ・ミュージックにHipHopをクロス・オーヴァーした東京/渋谷発のバンド。
リーダーでボーカルの LEOを中心にメンバー全員が日本とヨーロッパ、 アメリカ、 アジア、 アフリカなどをルーツにもつ多国籍音楽集団となる。

R-指定コメント
先に今回のトラックを頂いたのですが、一聴した時に”格好良い”と思ったので、負けないようにラップしました。「すばらしきこのせかい」のオープニングとしてバッチリな曲だと思うので、是非、何度も聴いて下さい!そして、リリースになっているアルバムのほうでは梅田サイファーの一員として楽曲に参加させて頂いてます。そちらも是非聴いてもらえると嬉しいです!

<R-指定(Creepy Nuts) Profile>

大阪府堺市出身のラッパー。日本最高峰のMCバトルULTIMATE MC BATTLE(以下UMB)大阪大会にて5連覇を成し遂げ、2012年、2013年、2014年の全国大会UMB GRAND CHAMPIONSHIPで優勝し全国3連覇を成し遂げる。また、DJ松永とのHIP HOPユニット、Creepy NutsのMCとしてクラブやライブハウスから大型ロックフェスまで、シーンを問わず数多くの観客を魅了している。

●作品情報
『すばらしきこのせかい The Animation』
2021年4月9日(金)深夜1時25分から放送開始

MBS/TBS系全国28局ネット“スーパーアニメイズム”枠

【スタッフ】
原作:すばらしきこのせかい It’s a Wonderful World (スクウェア・エニックス)
監督:市川量也(DOMERICA)
シリーズ構成:後藤みどり(サンジゲン)
キャラクターデザイン:野村哲也・小林元(スクウェア・エニックス)
音楽:石元丈晴(THRILL)
制作:DOMERICA × SHIN-EI ANIMATION

<ストーリー>
“シブヤ”の街を駆け巡り、7日間の「死神ゲーム」を生き残れ!!
シブヤのスクランブル交差点で目を覚ました主人公・ネク。
そこは現実のシブヤと重なりあう異なる次元“UG(アンダーグラウンド)”だった。
訳が分からないまま「死神ゲーム」の参加者になっていたネクは、同じゲームの参加者である少女・シキと出会い、“パートナー”として契約。
理不尽に課せられる“ミッション”や襲いかかってくるバケモノ“ノイズ”に立ち向かいながら、「死神ゲーム」と自分の記憶に隠された真相に迫っていく。

『生き残れるのは、パートナーを信頼できた奴だけだ。』

果たして、彼らは生き残ることができるのか―

【キャスト】
ネク/桜庭 音操:内山昂輝
シキ/美咲 四季:鉢嶺杏奈
ビイト/尾藤 大輔之丞:木村昴
ライム/(本名不明):竹達彩奈
ヨシュア/桐生 義弥:木村良平

©SQUARE ENIX/すばらしきこのせかい製作委員会・MBS

関連リンク

この記事を書いた人