和氣あず未待望のソロデビュー! デビューシングル「ふわっと/シトラス」インタビュー

“もっと遠くもっと高く”その先へ──。『アイドルマスター シンデレラガールズ』(片桐早苗役)、『ウマ娘 プリティーダービー』(スペシャルウィーク役)、『私、能力は平均値でって言ったよね!』(マイル役)など多彩な役柄を演じてきた声優の和氣あず未がアーティストとしてデビュー。新たな扉を開く。

1月29日にリリースするデビューシングル「ふわっと/シトラス」には、表題の2曲に加えて、「ナイショの気持ち」「Snow Falls」の4曲をパッケージ。カラフルなサウンドにのる爽やかでキュートな歌声からは、瑞々しい感性がうかがえる。 “ふわっと”した柔らかな笑顔で今の心境、盟友・芹澤 優への憧れや、シングルに込めた想いなどを話してくれた。

――デビューが決まったときの心境ってどうでした?

和氣あず未 「え、わたし?」という感じでした。信じられない気持ちを数字で表現するとしたら100。まさか自分自身で歌う日が来るとは想像すらしてなかったです。

――最初に出されたコメントでも「ずっとキャラクターとして歌ってきたものを、これからは自分の歌としても歌う機会があるとは夢にも思っていませんでした!」という一文がありましたが、100まで言い切りますか(笑)。

和氣 100ですね(笑)。

――じゃあ、アーティスト活動に対しての憧れのようなものは……。

和氣 声優業をしているなかでは考えたこともなかったです。本当に遠い存在だと思っていました。だから喜びよりも驚きがつよくて。マネージャーさんと電話で話しているときに聞いたんですが「本当ですか?」と。

――和氣さんといえば『アイドルマスター シンデレラガールズ』や『ウマ娘 プリティーダービー』などキャラクターソングを歌われてきていますが、キャラソンとは感覚的には違いますよね。

和氣 はい。どちらかというと……イチからまた声優業をしているような感じです。声優業をイチからスタートさせたときはすごく不安でした。今はその気持ちと同じなのかもしれない。

――でも逆に言うと今しか味わえないものでもありますよね。

和氣 そうなんですよね!また初心に戻っているようにも感じていて。本当に貴重な経験だなと思っています。

――デビューが決まって以降はどう話が進んでいったんでしょう。

和氣 日本コロムビアのかたとお打合せをさせていただき、「恋愛系の曲が好きなので、最初は恋愛系の曲を歌っていきたい……」といった話をしました。

――好きなアーティストがいらっしゃるんですか?

和氣 芹澤 優ちゃんがすごく好きです。仲は良いですけどすごく尊敬しています。アイドルしてるセリコ(芹澤)を見るとものすごく元気が出るんです。可愛いし、かっこいいし、盛り上げかたもすごく上手。アーティストデビューをするとなったときに真っ先にセリコが思い浮かびました。ああいう感じになれるのかな、セリコからいっぱい勉強できればいいなって考えてました。

――ラジオ「わきことせりこ」でもおふたりの仲の良さは感じますが、出会いはいつだったんですか?

和氣 セリコとは去年アニメ『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』で共演したのをきっかけに仲良くなったんです。オープニング曲はキャラクターとしてみんなで一緒に歌っているのですが(SUMMONERS 2+)、エンディングは芹澤 優名義で「最悪な日でもあなたが好き。」。この曲を聴いて以降、セリコに魅了されました。

――そのお気持ちはご本人に伝えました?

和氣 言いました!(笑)。すごく喜んでくれていたと思います。

――そんなふうに身近な存在の方に言ってもらえたらすごくうれしいと思いますよ。

和氣 そうだといいな。セリコはすごく羨ましい子なので。

――まずタイトル曲である「ふわっと」の制作過程について教えていただけますか。

和氣 最初にいただいた曲が「ふわっと」でした。「こういう曲どうですか?」と言っていただいて、初めて聴いたときから自分のイメージにピッタリで。自分らしく作り上げてもらって嬉しかったです。とっても歌いやすく、爽やかで可愛くて。歌っているだけで気持ちがドキドキするようなメロディなんです。

――“ふわっと飛び越えて もっと先へ 君の笑顔が好きだから”と、アーティスト活動に対する“いま”の気持ちが表れたかのような歌詞も印象的ですね。

和氣 今の自分と重なる歌詞でアーティストデビューの1曲目にピッタリの曲だなと思いました。遠く高く行きたいなって。初めてのことなのでつまづきそうになることもあるかもしれませんが、それすらも飛び越えて、頑張っていけたらなと思っています。「ふわっと」に出てくる「君」という言葉は、ファンの人を思いながら歌っていたんです。このドキドキの気持ちを早くファンの人に伝えたいなって。ファンの人の笑顔が好きだからこのお仕事を頑張るぞって気持ちで歌ったので……自分の気持ちが乗せやすかったです。

――じゃああまり気負わず歌えました?

和氣 歌いやすかったんですけど緊張はしていた気がします。今もまだ(レコーディングに)慣れないです。一生緊張しちゃうかも(笑)。

――この先もずっと残るものですもんね。「ふわっと」が最初のレコーディング曲でした?

和氣 そうです。最初ということもあり時間をかけていただきました。

――疾走感のあるピアノ、タンバリン、指を鳴らす音、さらに軽やかなサウンドに相対するようなリズム隊の重低音と、サウンド面もにぎやかですよね。

和氣 そうなんです!すっごくおしゃれで。レコーディングしたときに聴いていた音源とはまた違って、(完成した音源は)よりおしゃれになっていたことが印象的でした。感動しました。ミックスにも立ち会わせてもらったんです。今までは完成した音源をもらうだけだったので「(裏では)こんなことをしてくれてるんだ!」って勉強になりました。一つひとつの音源に時間をかけて、関わってくださっている方たちが細かく調整していただいているんだなと。私自身も大切に歌っていきたいなと改めて思いました。

――もう一方のタイトル曲「シトラス」は和氣さんの好きな恋愛系ですが、タイトル通り少し甘酸っぱさのある青春の曲ですね。

和氣 「シトラス」は過去の思い出を今の歌にしているような曲になっています。昔の切ない記憶や、楽しかった記憶をいま思い出して「懐かしいな」「あんな青春があったな」って。

――匂いって過去の記憶が蘇りますよね。音楽にもそういう魔法がありますが。

和氣 そうなんです!めちゃくちゃ思い出しますよね。私中高一貫で女子高だったのでこういう青春はなかったんですけど……。いまも仲良くしている親友が、中学時代にアップル系のボディスプレーをつけていて。先日久しぶりにその匂いをかいで「うわあ!」って。中高の帰り道にあんなことしたなぁ、こんなこと話したなぁとか、そういう思い出が一気に蘇ってきてキュンキュンしちゃったんです。匂いって本当にあとに残っていくなあって。この曲もイメージがつきやすい曲になっているので、想像をしながら歌っているとすごく切なくなってしまって。

――しょっぱなの“それでも全力で好きでした”から、もう切ないです。

和氣 (笑)。そうなんですよねぇ。“全力で好き”って素晴らしいことだと思うんですが、あんまり余裕がなかったんだろうなというか。大人の恋愛ではない、青春時代の恋愛なんだろうなと。「シトラス」はほろ苦さや切なさに引っ張られすぎてしまって、悲しい気持ちになってしまったんです。だからミュージックビデオの撮影のときにも切ない表情になっていたようで、監督から「もうちょっと笑っていいよ」ってアドバイスをいただいたくらいで。

――でもその切なさのなかに光と希望があるところがこの曲の肝ですよね。

和氣 そうなんです!最後は「昔の恋愛を引っ張ってる」って感じではなく「懐かしいことがあったな、切なかったな」という前向きな方向で終わっていきます。妄想の膨らむ曲なので、いろいろな想像をしながら楽しんでいただければと思います。

――声はじまりの曲って勇気がいるイメージですが、いかがでしたか?

和氣 勇気いりました!(笑)。レコーディングのときはまだ大丈夫なんですが、ライブのときのボーカルはじまりって調緊張するなと。「音外したらどうしよう!」とか、ちょっと不安です(笑)。

――「ナイショの気持ち」も恋愛ソングですね。

和氣 「シトラス」とはまた違った恋愛系で、可愛らしくて明るいメロディの曲になっています。そこまで切なくはないんですが“誰よりも早く君におはようって言いたい”とか、“君の笑顔を見たら胸が苦しくなっちゃう”とか……キュンキュンするような言葉が散らばっています。

――4曲目「Snow Falls」は冬の曲ですね。めちゃくちゃ切ない曲です。

和氣 レコーディングのときは暑かったですけど(笑)。この曲がいちばん切ないんですよね。

――まさに感情が引っ張られる曲ですよね。

和氣 引っ張られますね。“今はひとりで昔の記憶はずっと胸のなか”“あなたにさよならも好きだよも言えなくて”とか……。今は離れ離れになってしまったんだなということが歌詞からも伝わるので。しかも冬にこれを聴くというのがすごく切ないなと思います。

――いままでのキャラソンのなかにもこういったテイストの曲はなかったように思うんですが、新しい挑戦でもありましたか。

和氣 はい!こういう系の曲って歌ったことがなかったので、また新しい私を見てもらえるんじゃないかなと思います。

――可愛い曲、切ない曲……まるで春夏秋冬を閉じ込めたかのような、多彩な表情を見られる作品ですね。

和氣 しかもファーストシングルで4曲も録らせてもらえたので、いろいろな表情が見られるんじゃないかなと思います。本当にありがたいなって。作品として季節については(「Snow Falls」以外)そこまで意識していなかったんですが、いつかそういう曲があったらいいなと思っていたんです。ひとりの主人公で初夏秋冬を表現した曲をやってみたいなって。季節感はすごく好きです。

――「ふわっと」を自分らしいとおっしゃっていましたが、和氣さんの思う自分らしさってどんなところなんでしょうか。

和氣 ガツガツしすぎてないところ(笑)。“マイペース”をいちばん大事にしていきたいと思っている人間なんです。そのほうが伸び伸びできて楽しいので。歌詞には“もっと遠く もっと高く”“止まらなくて 止まれなくて”という表現がありますが……その気持ちはありつつも、そんなにガツガツしていないというか(笑)。矛盾はしてしまうんですが、どちらも大事にしています。そんな気持ちが「ふわっと」にすごくのっている気がします。

――アーティストデビューをするにあたってご自身と向き合う機会が多くなったのでは?

和氣 たしかにそうですね。自分自身の歌声というのがイマイチ分かってなくて。カラオケに行くこともありますし、家でひとりで歌うこともあるんですが、いざCDとしてパッケージするとしたら、どんな声が正解なのかなって。最初キーチェックをしてもらったときは探り探りでした。でも「ふわっと」はこんなイメージだ!と思って歌った声でオッケーをもらえたので、このイメージで正解ならこの方向で自分もやっていこうと掴めた気がしました。

――和氣さん自身、アーティスト活動を通していろいろな発見があるんですね。

和氣 そうなんですよ!自分では気づかなかったことを教えてもらっています。

――今後伝えたい想いが増えて、作詞をされたりすることも……?

和氣 作詞はちょっと……(笑)。センスなさすぎて。語彙力がないので、ネタ曲くらいしか書けないと思います……。

――MVについても教えてください。「ふわっと」は風船が印象的な可愛いMVですね。

和氣 色合いがきれいな映像になっています。監督から「靴で遊びましょう」と言っていただいて。歌詞にも「靴音」「シューレース」という言葉が出てくるので、初めての靴のドキドキした感じで遊んで、最後はその靴を履いて外に飛び出す──という映像になっています。アーティストデビューに向けての一歩を踏み出すイメージで表現しました。いまの私に重なる映像になったように感じています。

――「シトラス」はスタジオとは真逆の、和氣さんの名前の由来となった駅でのロケ撮影だったんですよね。

和氣 長野県安曇野はお父さんとお母さんの思い出の場所なんです。私が生まれる前にデートをした場所で、良いところだったからということで、安曇野からあず未という名前をもらいました。そんな綺麗な場所でファーストシングルのミュージックビデオを撮っていただくってすごくうれしいし、一生の思い出に残るなと。

――実際景色はどうでした?

和氣 すっごく綺麗でした! 自然が豊かで周りのひともあたたかくて。サビは安曇野の高台で撮影したんですが、一望できる場所で夕焼けが綺麗で。天気にも恵まれて運がよかったなぁと。

――ちなみに、ご両親にはご報告されているんです?

和氣 はい。MVは発売日に見せたいなと思っているんです。一足先に曲は渡しているんですが、ずっと聴いています。「まだ聴いてるの?」ってくらい(笑)。はやく完成を見せたいな ぁ。たぶん泣いちゃうと思います。

――仲が良いんですね。

和氣 仲良いです。CDを周りのみんなに配りそうな勢いです(笑)。

――このインタビューをしている今は12月下旬ですが、2020年に挑戦したいことはありますか。

和氣 2020年、どうしようかなあ(笑)。ああしたいこうしたいって毎年言ってるんですけど、一度も叶ったことがなくて。

――例えば去年の願いはなんだったんです?

和氣 去年は「積極的になりたい」と言ったと思います。その前にも「積極的になりたい」と言っていたような……(笑)。

――(笑)。でもアーティストデビューがまさに、「積極的になりたい」の意思の表れでは?

和氣 たしかに!じゃあ叶ったのかな?

――普段は消極的なんですか?

和氣 そうですね。食べることに関しては積極的ですが、欲があまりないんです。さきほどもお話したとおり基本的にマイペースに生きたいと思っている人間なので……。誰かと比べるのがすごく嫌なんです。だからこそ自分のペースで頑張っていきたいなと。でもアーティストデビューは自分のなかではすごく積極的な出来事なので……長年の夢が叶いましたね、やっと。今年の夢はなんだろうなぁ。今夢を言っても叶うのは2025年とかになるかもしれませんが……(笑)。

――でもまあ、1年間で叶える必要はないですもんね。

和氣 そうですね!(笑)。じゃあ一生の目標にします。たいしたことじゃないんですが……ペット飼いたい!

一同 (笑)。

――ツイッターにも書かれていましたよね(笑)。

和氣 犬と猫、両方飼いたいんです。今は無理なのでいつかですね。

――ご実家で飼われてるんですよね。

和氣 犬を飼っているんです。だからひとり暮らしで、家に帰ったときに無音というのが本当に寂しくって。まずはペット可物件に引っ越すところからはじめないといけないんですけどね(笑)。いつか飼いたいです!

Interview & Text By 逆井マリ


●リリース情報
和氣あず未 1st SINGLE
「ふわっと/シトラス」
1月29日発売

【初回限定盤A(CD+DVD)】

品番:COZC-1617〜18
価格:¥2,000+税
<DVD>
「ふわっと」Music Video/Making Movie

【初回限定盤B(CD+DVD)】

品番:COZC-1619〜20
価格:¥2,000+税
<DVD>
「シトラス」Music Video/Making Movie

【通常盤】

品番:COCC-17736
価格:¥1,500+税

<CD>※三形態共通
1.ふわっと 作詞:金子麻友美 作曲・編曲:持田裕輔
2.ナイショの気持ち 作詞:cotton*、RAMS 作曲:cotton* 編曲:ツカダタカシゲ
3.Snow Falls 作詞 : 宮崎京一 作曲 : 宮崎京一、Yo-Hey 編曲 : 宮崎京一、飯田涼太
4.シトラス 作詞:宮嶋淳子 作曲・編曲:トミタカズキ

<和氣あず未(わきあずみ)PROFILE>
9月8日生まれ。俳協所属。
代表作:
TVアニメ「ソウナンですか?」 九条紫音役
TVアニメ「世話やきキツネの仙狐さん」 仙狐役
ゲーム「アイドルマスター シンデレラガールズ」片桐早苗役  他

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人