Study、5人体制での初ワンマン! “Study 2nd LIVE「ready STUDY 5!!!!!」”ライブレポート

2019年12月1日、東京・新宿LOFTにて、Studyによるワンマンライブ“Study 2nd LIVE「ready STUDY 5!!!!!」”が開催された。TVアニメ『ぼくたちは勉強ができない!』のキャスト陣から成る音楽ユニットである彼女たちにとって、9月に行われた1stワンマンからおよそ2ヵ月半ぶりとなったこの日のステージは、同時にLynnと朝日奈丸佳を迎えて5人化となったStudy初のワンマンでもあった。そうしたStudyとしての成長とあらたな姿が見られた、熱狂のステージをレポートしていこう。

この日のオープニングはチャイムが鳴り、影ナレーションが流れるという9月のワンマンと同じスタイル。ライブを目前にした古橋文乃(CV:白石晴香)、緒方理珠(CV:富田美憂)、武元うるか(CV:鈴代紗弓)という3人の緊張した様子が聞かれるというものだったのだが、今回はここに桐須真冬(CV:Lynn)と小美浪あすみ(CV:朝日奈丸佳)が加わる。5人化したStudyへの期待が高まるなか、ファンキーなイントロに乗せて5人のメンバーがステージに登場。

老舗のライブハウスである新宿LOFTはフルハウスという形容を超えた、観客でパンパンの状態である。そんな会場が彼女たちの登場により熱気をさらに倍増させ、その盛り上がりのままこの日の1曲目にしてStudyのデビュー曲「ready STUDY go!」がスタート。白石の歌い出しから富田、鈴代という最初のマイクリレーはオリジナルと変わらないが、そこからLynn、朝日奈が加わり、さらにサビでは5人のユニゾンを披露。その声の厚みが3人のときとはまったく違うことがわかる。また、新宿LOFTのステージに5人が並ぶのも壮観で、ステージを最大限に使うようなフォーメーションなど、ステージングも5人用にブラッシュアップされているのも印象的だった。

続いては2ndシングルにも収録された「関係≧方程式」へ。ポップな「ready STUDY go!」から一転して、エモーショナルなサウンドがまた切ない1曲だが、5人でのユニゾンが素晴らしく、両手を鳥のようにひらひらとした振り付けとともに独特な雰囲気を醸し出していた。

MCを挟んだあとはLynn、朝日奈が舞台からいったん退場し、白石、富田、鈴代の3人が「Happy weather girl」を披露。前回のワンマンと同じ曲でもステージでの動き方や歌唱、そして表情一つひとつが以前よりもさらに堂々とした、成長が見られるパフォーマンスだった。5人から3人と可変的なステージングでありながら、そのなかでバラエティに富んだユニットの魅力を感じさせる前半のセットとなった。

Studyが出演するニコ生特番などで構成と務める構成作家・長田 宏を司会に迎えてのゲームコーナーを挟み、中盤はソロコーナーへ。最初は朝日奈が歌う、あすみのキャラソン「小妖精ファイター あしゅみぃ伝説」へ。8-bit的なあしらいのロックサウンドにフレディ・マーキュリーのようなスタンドマイクを握りしめステージを縦横無尽に動き回る朝日奈がまたかっこいい。

続いては鈴代にバトンタッチをしてうるかのキャラソン「水平線でクイックターン」へ。新曲となるこの曲はうるからしいカラっとしたロックチューンで、中盤では観客と一緒にタオルも回すなど、会場がさらに熱を帯びていく。

そして白石、富田、鈴代の3人で人気電波曲「引き出せ!ポテンシャル」を歌い、会場の熱狂は一気に頂点へ。そんな1曲を挟み再度ソロコーナーへ。Lynnによる真冬のキャラソン「次の問いに答えよ」は、ピアノが印象的なロックナンバー。そこでのLynnの真冬先生らしいクールな歌唱が印象的だった。

続いては富田が新曲となる理珠のキャラソン「100点が取れるまで」を披露。ロックバラード調のサウンドのなか、理珠の口調でもある敬語の歌詞がグッとくる。

ソロコーナーの締め括りは白石による文乃のキャラソン「流星のち晴れ」。こちらも新曲で、ストリングスが美しいバンドサウンドに、白石のメロディアスな歌唱が生える1曲だ。

ソロコーナーのあとには再びゲームコーナーを挟み、いよいよライブも終盤戦へ。まずは3人での「ていく・あ・ぶれいく♪」。前回ライブで初披露された、まさにライブにぴったりなロックチューンで会場はライブ仕様の熱気を取り戻していく。そしてLynn、朝日奈が加わって、現在放送中のTVアニメ第2期『ぼくたちは勉強ができない!』OPテーマ「Can now, Can now」で本編を締め括った。「関係≧方程式」もそうだが、やはり5人になって作られた楽曲はStudyが持っていたフレッシュさよりもエモーショナルさがより強い、また違った魅力が感じられる。こうしたポップながら切ない楽曲では振りも表情も落ち着いていて、5人それぞれが持つその優しさが等しく降り注ぐような、そんな心地良さを感じさせる本編ラストとなった。

そしてアンコールでは、第1期OPテーマである「セイシュンゼミナール」を5人で披露。これもまた白石、富田、鈴代の3人のリレーからLynn、朝日奈が加わるという、これまでと違った魅力が聴かれるバージョンに。またライブのラストというカーテンコール感もあってか、メンバーが抱き合ったり一緒に歌ったりというステージングになっていたのも印象的だった。そうしたハッピーなムードのまま、しかし会場は熱気をたたえたまま、Studyの2ndワンマンは終わりを迎えた。年内ではTVアニメの放送と同じく、Studyのニコ生が最終回を迎えてしまうわけだが、彼女たちの伸び代をずっと観ていたい、そんな想いに駆られた2ndワンマンだった。前回のワンマンを経た3人の成長も実感でき、さらにはLynnと朝日奈が加わることにより、あらたな魅力がステージから見られた。Study、そしてTVアニメ『ぼくたちは勉強ができない!』の今後の展開を最後まで見届けていきたいと思う。

TEXT BY 澄川龍一

Study 2nd LIVE 「ready STUDY 5!!!!!」
2019/12/1(日)新宿LOFT

OP ※カゲ朗読
M01 ready STUDY go!
M02 関係≧方程式
M03 Happy weather girl
M04 小妖精ファイターあしゅみぃ伝説(朝日奈ソロ)
M05 水平線でクイックターン(新曲・鈴代ソロ)
M06 引き出せ!ポテンシャル
M07 次の問いに答えよ(Lynnソロ)
M08 100点が取れるまで(新曲・富田ソロ)
M09 流星のち晴れ(新曲・白石ソロ)
M10 ていく・あ・ぶれいく♪
M11 Can now,Can now

<Encore>
M12 セイシュンゼミナール


●インフォメーション
TVアニメ第2期『ぼくたちは勉強ができない!』OPテーマ
Study 2ndシングル「Can now, Can now」好評発売中!

TVアニメ第2期『ぼくたちは勉強ができない!』完全生産限定版Blu-ray&DVDの第1巻が12月25日に発売予定。
原作・「ぼくたちは勉強ができない」は週刊『少年ジャンプ』で大人気連載中 。

原作単行本最新15巻は2020年1月4日(土)発売!各詳細は公式サイトをチェック!

関連リンク

この記事を書いた人