2019年2月23日。彼女たちは間違いなく、世界最強のアイドルだった。 妄想キャリブレーション LAST LIVEレポート

この場の全員の、未来にバンザイ!!

そのまま星野が、次の曲を「活動終了後も、一人ひとりの背中を押せるような応援歌」と紹介し、ラストシングル「爆アゲ↑バンザイ!!」へ。直前までとはうって変わって笑顔で躍動する姿は、ファンに希望を与えてくれるのはもちろん、同時に5人の前途も明るいものに感じさせてくれるし、直前のMCを受けたからこそ、星野のソロラップは実にエモいものになっていた。またDメロでは水城がソロで雨宮と目を合わせると、その表情にグッと来たのか水城が少し声を詰まらせ気味になる場面も見受けられた。
ここで再びアッパーなギアの入った5人は、続く「まじでもういや」をキュートにパフォーマンス。力強い歌声の続いた桜野もこの曲では甘く甘く歌い、彼女のボーカルバリエーションの豊かさを改めて感じさせつつ、大きく投げキッスをフロアに飛ばしたりとラブリーさ全開。2サビ明けには全員でウェーブも起こしてファンと一緒に楽しむ1曲にも。そしてこの2曲の流れで思った。あの位置であのMCをしてからのこの陽転は、彼女たちの笑顔でステージを終えたいという意志からのセトリなのではないだろうか、と。

そしてグイグイギアを上げてきた雨宮が「声、足りないんだけど?」とさらにフロアを引き上げると、5人はタオルを手にして「人生はいじわるなの…かな?」を披露。この曲では直前にみせたラブリーさと強さとを使い分ける桜野や、1サビ前のソロで愛らしさの映える胡桃沢の姿が特に印象的だったし、そのときの心情とリンクしたのか、星野が担った「見つけてくれて本当にありがとう!」のソロのシャウトも心に残るワンシーン。フロアではもちろんタオルが回りまくり、ペンライトと合わせてこの日をラストにするには実に惜しい、美しい光景を生み出していた。最後に5人がフロアへとタオルを投げ込むと、Aメロから5人がリレー連動するような振付に美しい生ハモにと、とにかく“魅せる”“聴かせる”要素の強い「初めてだよこんな気持ちにさせてくれたのは恋。」へ。そんななか、序盤からはしゃぎめな水城のかわいらしさも目立っていた。
と、曲が終わって暗転したステージに一筋のスポットライトが。その中に立ちひとりアカペラで、「忘れられないクロニクル」冒頭のフレーズを歌い上げたのは、桜野羽咲その人である。彼女の力いっぱいの歌声にフロアは最初ざわめくが、次第にそれはシンガロングへと発展していき、そのエモさ全開の歌声でステージを引っ張っていった。

MCでは直前の桜野のアカペラをメンバー全員が絶賛。だが桜野は「みんながアドバイスしてくれたから」と、「言わない約束(星野談)」なはずのことをサラッと明かすと、ライブもいよいよ「YOUをちぇっくします!」からラストスパート。終盤に投入されたお祭りナンバーでは、ポンポンとリズムに合わせて跳ねる振付もかわいらしく、星野も曲のテイストにあったいい具合のあざとさを発揮。落ちサビ前の“ちぇっく”担当は、もちろんこの日は5人全員だ。そこから今度は、違った意味で荒ぶるナンバー「Hey Yo!」へと続く。イントロでの顔を伏せながらのダンスで楽曲に入ると、歌声のベクトルを荒めのものに切り替えての披露。特にこの曲は、キメでの表情も含めて桜野の歌が出色。Dメロでもスカートを掴みながらありったけの想いを込めた歌声が、とにかく心を揺さぶってきた。水城も目線も合わせてシャープなかっこよさを出して惹きつけるし、ボーカルを執るメンバーの外でアグレッシブにダンスを続ける星野の、底知れないパワーにも改めて圧倒される。加えて、オーラスの「目をそらすな」のフレーズを歌った際の雨宮は、顔への髪のかかり具合が絶妙。その神がかり的なかっこよさで、ハートを撃ち抜く。
そして本編ラストを飾ったのは、現メンバーが全員参加しての初シングル曲「悲しみキャリブレーション」。ファンの口上を経て、大サビでは星野が叩きつけるようなパワフルさで飛び出してきたりと、その全力投球ぶりが視線を奪う。長く歌われてきただけに細部までブラッシュアップされたダンスに個々人の技量の高さを改めて示したところで、ライブ本編は幕を下ろした。

しばしの間アンコールの声が響き渡ると、「桜色ダイアリー」のピアノ演奏をBGMにした、メンバーの素の姿を星野が撮影したVTRが上映される。遊具で戯れたり、近くにいた子供と遊んだりと“4人の女の子”の姿が切り取られたレンズ越しの映像に、それを撮影する彼女をさらに後ろから収めたカットが織り込まれる。それをまったく意に介さず撮影に没頭するところから、星野の本気度合いが感じられた。さらに続けてオフショットがスライドショー形式で次々と映し出されていくと、ステージ上手にいつの間にか据えられたピアノのもとに雨宮が着席。しばしの彼女の独奏に続き、「手をつないで」からアンコールが始まる。胡桃沢の先導で場内が温かなクラップの音に包まれると、雨宮はそのまま伴奏を担当。弾き語りスタイルで、横一線に並んだ4人と温かなミドルポップを披露する。1サビでは、雨宮のいちばん近くにいた水城がチラッと彼女を温かな目線で見やる姿に、胸が熱くなった。そして落ちサビでは、逆に妄想族からのサプライズが炸裂。下手側から順に、ピンク、青、黄色、白、緑に5等分された光がフロアで輝く。これにはさすがに笑顔でステージをまっとうしてきたメンバーの胸にもこみ上げるものがあったようだが、それでも全員しっかりこらえて、披露しきっていった。

後奏も雨宮の演奏で楽曲を締めくくると、彼女は続けてラストシングルに収録された「帰り道」の頭サビを弾き語る。笑顔だけれども想いを込めて、少々震え気味の声でそのパートを歌いきった彼女は、そのまま4人に合流。5人一緒に、麗しい振付とともに披露する。円状になった部分で5人が手を重ねる2サビ明けなど、振付からも5人の絆が感じられる。しかもいたずらに悲壮感はなく、楽曲通りスッと爽やかで、それでいて達成感に満ちあふれた表情で、5人で言葉を紡いた大事な曲をもってアンコールを締めくくった。

しかしフロアからは、再びアンコールを求める声が上がる。その想いに応えてステージに上がった妄キャリは、彼らをバックに記念撮影へ……と、今度はスタッフから、それぞれのイメージカラーのワックスペーパーで彩られた花束贈呈のサプライズが!その後は、アンコール前に流れた星野撮影の映像をメンバーが絶賛すると、星野自身も「やっぱ、あたしが撮ったみんながいちばんかわいいね!」と笑顔で自画自賛。続けて「帰り道」についてもメンバー全員が「うちらいい曲書いたね」と噛み締めて自画自賛しながらしみじみする場面も。

そんなトークを経て、雨宮から「今日のライブは妄キャリとしての私たちだけじゃなくて、妄キャリで見つけた夢や一人ひとりの個性をステージで出せるように、自分たちでできることやこれからやりたいことを形にしました。そんなみんなの未来が見えるような素敵なライブになって、皆さんの心に何かひとつでも届けば幸せです」と、改めてこの日のライブコンセプトを含めたメッセージがおくられると、「私たち5人と、今日来てくれたみんな。そして今まで関わってくれた全員の未来が、明るくて爆上げな人生になりますように」との星野の言葉に続いて、「爆アゲ↑バンザイ!!」を妄キャリ最後の曲としてもう一度披露。イントロ明けから振付をフリーにして、5人がステージ上にそれぞれ散りフロア中の妄想族とともに楽しみまくる。1サビ明けの星野のソロラップでは4人がまわりに座って“捧げ”て、桜野・水城が「大問題」などの部分をかぶせてさらに盛り上げていく。胡桃沢も2サビ頭では楽しさがあふれ出て止まらないのか高く高く跳びまくり、雨宮も負けじとサビ終わりで跳ねまくる。さらに5人のユニゾンとなったDメロは、互いが互いに“ありがとう”を送り合う光景を経て不意に音が止まる。そこから「今までたっくさん愛してくれてありがとう!(星野)」「歌を届けさせてくれてありがとう!(桜野)」「いろんな夢を見せてくれてありがとう!(水城)」「伊織に出会ってくれてありがとう!(雨宮)」「青春を、一緒に過ごしてくれて、ありがとう!(胡桃沢)」とひと言ずつ感謝を叫び、一斉にもう一度「ありがとー!!」と叫ぶと、最後はバシッとダンスで決め、最後まで最強のステージを完成させたのだった。

生ハモも含めて歌声がまったくブレなかったうえに、ダンスのキレやパワーも抜群だったLAST LIVE。その姿は水城の言葉通り “まだやれる”と惜しまれながらの活動終了であることを裏付けるパフォーマンスだった。だから思うのだ。2019年2月23日に妄想キャリブレーションは“完成”され、それぞれが無限大の可能性広がる自分の道へと踏み出していったのだ、と。今度は妄想ではなくそれぞれの夢をリアルに変えていくであろう彼女たちに、こちらからもこの言葉を贈りたい。お互い健康で、「がんばれ」じゃなくて「がんばろうぜ」、と。

Text By 須永兼次

“『妄想キャリブレーション LAST TOUR 2018/19 ~HOME~”LAST LIVE
2019.02.23@Zepp DiverCity(Tokyo)
【SET LIST】
M1.OPENING SE
M2.激ヤバ∞ボッカーン!!
M3.いつだって世界にファイティングポーズ
M4.旅は君連れ世は情け
M5.ちちんぷいぷい♪
M6.Bang Bang No.1
M7.only my railgun
M8.irony
M9.アンバランスアンブレラ
M10.夢のカケラ、愛のカタチ
M11.たとえもう一人の私を見ても…
M12.何故なら私、妄想少女ですの
M13.もっとずっとキュンとしたいの
M14.魔法のジュース
M15.はじまりがはじまる
M16.妄想が止まらない
M17.桜色ダイアリー
M18.青春プロローグ
M19.物語はまだ始まったばかり
M20.五線譜
M21.爆アゲ↑バンザイ!!
M22.まじでもういや
M23.人生はいじわるなの…かな?
M24.初めてだよこんな気持ちにさせてくれたのは恋。
M25.忘れられないクロニクル
M26.YOUをちぇっくします!
M27.Hey Yo!
M28.悲しみキャリブレーション
EN1.手をつないで
EN2.帰り道
W-EN.爆アゲ↑バンザイ!!

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人