TVアニメ『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』ハル役・山崎はるか&押守なな役・安済知佳スペシャル対談

2019年1月9日より、AT-X、ABCテレビ、TOKYO MX、BS11にて放送がスタートしたTVアニメ『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』。猫とのほのぼのとした日常が描かれる作品で、いろいろなことを乗り越えながら「家族」になっていく物語となる。その物語と猫の魅力を、ハル役の山崎はるかと押守なな役の安済知佳に語ってもらった。

――原作を読んだ感想をお願いします。

安済知佳 あったかい、だけじゃない……しんみり切ないというか。猫に癒されながらも、主人公の(朏)素晴の人間臭い気持ちの浮き沈みに引っ張られるイメージがありました。でも絵は温かいし、そのバランスにすごく引き込まれました。

山崎はるか たしかに。ハル目線でもしんみりするところはあるので、「かわいい」「ほのぼの」だけじゃないところもあって、それがすごくリアルな感じで共感できます。

安済 似た者同士が出会った感じがあるよね?

山崎 ひとりぼっちになったふたりが出会っているので、ふわふわしたかわいらしさだけじゃないところが引き込まれるところだと、私も思います。

安済 私は猫を実家で3匹飼っているんですけど、猫の動きというのが静止画なのにリアルなんですよ!「わかるっ、この関節の動き方!」とか。

山崎 あと、このポーズするなぁとかね。

安済 すごく些細な動きの描写も細かくて、そういう部分にも癒やされました。

山崎 「落ち着かなくちゃ」って体を舐めるところとかは、たぶん猫を飼ってないとわからないんですよね。体舐めてるだけだとグルーミング(毛繕い)してるのかな?と思うんですけど、あれは落ち着きたくてやってるというのがマンガでも描かれていて。それ、よくやってる!と思いました。

――では、ご自身が演じるキャラクターについて紹介してください。

安済 今回、オーディションでいちばん最初に受けたのがハルだったんです。私、本当に猫が大好きで、実家の猫が1匹でも亡くなったら私の命も尽きるかな、と思ってるくらい愛してるんです!でも結構いいお年だからいつもビクビクしているのですが。そうやって猫のことを16年くらい思ってきたから、いろいろ知っているつもりだったのに、いざ演じるとなったときに、全然うまくできなくて(笑)。こんなにも受かる自信がないオーディションは初めてでした。その後(ペットショップ店員の)押守ななを受けさせていただいたのですが、ななはすごくやりやすかったんです。猫に対しての愛が共感しやすかったというのもあって。ななのように、優しくておっとりとしていて母性に溢れた女性は演じたことがなかったので、初めての挑戦でした。でも、猫という今まで私が愛してきたものが活かせて、原作読んでいるときから、ななの気持ちが自分の経験とも重なってスルスル出てくるイメージだったので、自分も知らなかった母性が目覚めたのかなと(笑)。それとコミュニケーション能力が意外と高い!いきなり道で見かけた素晴さんに声をかけたりしていたので。

山崎 たしかに(笑)。お客さんなのに。

安済 「ハルのダイエットの仕方教えましょうか?じゃあ明日!」って勝手に決めちゃうという(笑)。そういう天然な部分の行動力があるのか、意外とコミュニケーション能力が高いなという感想は、演じてみて抱きました。

山崎 ハルちゃんは、最初の印象はかわいい、猫らしいと思っていたんですけど、演じてみると思っていた以上に野良感が強かったです。怖いことがあっても「ビビってないからね!」みたいに強がる。野良だからこそ、ご飯は好きだけど、その前に生きなきゃいけないという理由でご飯はしっかり食べないと!と思っているところとか。あと、外敵がやってきたときに自分より弱いものは守らなくちゃ!みたいなところがあるんですよね。最初に素晴に拾われたときもそこにとどまる気はなかったですし。なので演じるときも強く出るときは強く出て、絶対負けない!怖いけど……みたいなところは大事にしてます。それとくるっと変わるように、ご飯が出されたとき、カリカリのときと手作りのときで全然態度が違ったりするところもかわいくて。そうやってコロコロ変わる印象がありますね。そこも猫らしいですけど。

――猫に共感というのも変ですが、共感するところはありますか?

山崎 私、ご飯でテンションが結構上がるんですよ!ご褒美でおいしいものをご馳走してもらう機会があるとテンションが上がるので、そこは一緒だなと思いました。「え?ご飯?ご馳走してもらえるの?行く!」みたいな(笑)。ハルちゃんも「くれるの?じゃあ食べるー」となるので。

安済 あるだけ食べるもんね。

山崎 そこは似てるけど、野良心は……私は怖がりだからないですね。怖いものには立ち向かわないほうなんで、ハルちゃんはすごいなって思います。

――名前も一緒ですよね。

山崎 そうなんですよ。同じ名前だから、これは運命かも!?と思いました。

――猫がお好きというところで、どんなところが好きなんですか?

山崎 こ、困る~(笑)。いっぱいありすぎる。

安済 そんざい~~(笑)

山崎 猫だからというのはありますね。

安済 この前、メインキャストがほぼ集まった先行上映会のイベントがあったのですが、みんな猫を飼ったことがある、もしくは飼っているというキャストであったことにびっくりして。芝居に愛が滲んだのかなと(笑)。それくらい猫って愛おしい存在だなと噛みしめたんですけど。この原作を読ませていただき、素晴みたいに猫に対して考えたりするんですが、猫にとっては全然違うことを考えての行動だったりするので、そのすれ違いがいいのかな。マイペースなところというか。

山崎 犬はわかりやすいけど、猫はわからないところが魅力だよね。

安済 ツンデレな感じというか。

山崎 距離感がちょうどいい!(笑)。

安済 ワンワンワンっていう「おかえりおかえりおかえり!」よりも、「あっ、うん、おかえり」みたいな感じでいながら、スリッとしてくる感じ?

山崎 そうそう!!そういう感じがたまらない!

安済 あと見た目?

山崎 私も単純に見た目というかフォルムというか。ふわふわな感じが好き。

安済 ちょっと神聖な感じもあるよね?

山崎 たしかに神様っぽい。

安済 そういうちょっと神秘的な感じもあって、でも愛くるしくて。いろんな要素がありますね。

山崎 寝顔とか、いろんな表情もあるし。

安済 寝顔も、かわいい!

山崎 舌をしまい忘れる顔とかもあって、気取ってるくせにヌケてるところが愛おしい。

安済 すやすや寝てて、たまにビクッて起きる。でも、別にたいしたことないから……って顔をするところとか、基本強がりなんですかね。その強がりが健気でかわいいと思うのかな。

山崎 かわいい!

この記事を書いた人