自主企画イベント“スピラ・スピカ presents 星見ヶ丘 vol.1”開催記念 スピラ・スピカ×佐藤純一(fhána)スペシャル対談

――「星見ヶ丘」は、そうした夢をかなえる場所でもあるわけですね。さて、一方fhánaとしては、メジャーデビュー5周年という節目にあります。スピラ・スピカら後輩から多大なリスペクトを受ける現状についてはどう感じていますか?

佐藤 そうですねえ、気がつけば5周年って感じで、fhánaもついこの間までスピラ・スピカと同じようにデビュー直後という時期があったんですよね。それがつい昨日のような感じもあるのが、ふと気がつけば5年も経っていて、バンドのポジションとか周りからの見られ方も新人じゃなくなっていたんですよね、自分の意識のなかではそんなつもりはなかったんですけど、周りからの扱われ方で「あれ、俺そうだったんだっけ?fhánaってそうだったんだっけ?」って思うところもあったりして、それによって逆に「もうちょっとちゃんとしなきゃな」って(笑)。

――周りからのリアクションで気づかされるというか。

佐藤 そうですね、フワーっとしていたんで(笑)。でもやっぱり5年の間で変わってないこともあれば変わったこともあって。そこでスピラ・スピカのライブも観させていただいて、初々しい気持ちを思い出して、若い者には負けてられないなみたいな気持ちになりましたね(笑)。

――自分よりキャリアの浅いバンドを観て刺激を受けることもあるんですね。

佐藤 最近はありますね。スピラ・スピカもそうだしほかのバンドやアーティストでも。今まではライブを観に行くときって自分たちよりキャリアも長いアーティストを行くことが多かったんですね。なかなか下の世代のライブを観に行くことがなかったのが最近はけっこうあるというか、それだけこっちが新人じゃなくなって、新しいバンドやアーティストが出てきたんだなって思って。そのなかでもスピラ・スピカはハッとさせられるという。このバンドはいいぞと。

幹葉 そんなことを言ってくれるなんて……夢みたいです。

佐藤 仕事で会う人にも「最近デビューしたスピラ・スピカって知ってます?」って話したり……。

――スピラ・スピカが感激のあまり声を失っています(笑)。

佐藤 これはfhánaもそうかもしれないですけど、スピラ・スピカっぽいバンドっていそうでいないというか。それは思いましたね。楽曲のオリジナリティーもそうだし、バンドの佇まいの、この感じ。幹葉には、かわいくて面白くて、シリアスあり笑いありのいろんな要素が凝縮されていて(笑)、歌声からはパワフルでポジティブなエネルギーがパンと出ている。そして寺くんの曲はメロが良くて、メロも王道っぽいんだけど、結構テクニカルですよね。ちょいちょい転調したり、「これはなんかやってるぞ」っていう(笑)。そこにめちゃくちゃポップな歌が乗って、ライブも盛り上がって、これはなかなかないぞと。

――それってデビュー当時のfhánaもそうだったと思います。2013年当時の業界的にはない新鮮さがあったというか。

幹葉 “星見ヶ丘”でない者同士がぶつかったらどうなっちゃうんでしょうね?

佐藤 どうなっちゃうんだろう……(笑)。

幹葉 “星見ヶ丘”というタイトルも、何かと何かがぶつかってなくなり、新しい星が生まれるという意味を考えていたんですね。

佐藤 はあ、そうなんですか。あらたな銀河が生まれるというか。

幹葉 そうですそうです。その設定は却下されたんですけど(笑)、でもそういう新しい空間が“星見ヶ丘”の日は生み出されるのではないかなと思っています。

佐藤 星の誕生を目撃する、壮大なイベントになりますね。

――そんな新しい空間が間もなく目撃できるわけですが、最後にイベント本番に向けて意気込みをお願いします!

幹葉 フレッシュさで負けんとこ!

寺西 まずな!

幹葉 私たちはライブをするときにまず楽しむっていうことを大切にしているので……あ、でも楽しみすぎちゃうかもしれんな。

ますだ たぶんな。

幹葉 ファンの気持ちはできるだけ抑えて、尊敬する先輩やけども、ビビることなくスピラ・スピカらしいライブができればなって思います。

寺西 やっぱり一緒にやらせていただくのに、誘っておいてなんですけど、恐れ多さが僕のなかでとてもあったんですね。どういうふうにライブをしようとか、セットリストとか、イベント関係なくそのときの曲作りとかでも結構左右されやすいタイプなんですけど、今回はしっかり100パーセントいつも通りの僕らでそのままぶつからせていただく、そういうイベントにしたいと思います。

ますだ 先輩の胸を借りつつ、でもガチンコバトルでもあるので、負けへんぞっていうその気持ちも持ちつつ、自分たちのバンドらしさ、スピラ・スピカらしさを出せるライブにしたいと思います。

――ではそんなスピラ・スピカのまっすぐな想いに、fhánaとしてはどう応えますか?

佐藤 すごく楽しみですね。以前彼らには「臨戦体制だ」と言ったんですけど(笑)。

幹葉 ラジオのコメントでそう言われて、ビビりましたからね(笑)。

佐藤 とはいいつも、普段通りやると言うのがいちばんかなと。僕はサッカー選手の遠藤保仁がすごく好きで、遠藤って普段から飄々としていてどんなときでもいつも通りなんですよね。W杯とか大舞台でも「まあ普段通りですね」って言うんですよ。そう言う感じでfhánaもぶつけられたらなと。それによって、お互いのファンがそれぞれいますし被っていたりするかもしれないけど、アーティスト同士の交流だけじゃなく、ファン同士の交流も生まれたらいいなって思います。

幹葉 私たちのことも知ってくれてるfhánaのファンが、私たちがfhánaを好きなのを知ってくれていて、「夢が叶ったね!」って一緒に喜んでくれたんですけど、そういう人たちにも楽しんでほしいです。佐藤さんも言ってくださったんですけど、もし仮にfhánaのことをまだ知らない人がいたとしたら、私たちの大好きな歌を聴いてほしいです!

Interview & Text By 澄川龍一
Photography By 小賀康子


●イベント情報
スピラ・スピカ presents 星見ヶ丘 vol.1
11月30日(金)【東京】Shinjuku BLAZE
時間: 開場 18:30/開演 19:00
出演:スピラ・スピカ/fhána

チケット発売中
料金: スタンディング 前売り¥4,000(D代別)
問い合わせ: HOT STUFF PROMOTION

・チケットぴあ(P:129-793)
・ローソンチケット(L:75199)
e+

●リリース情報
fhána 5th Anniversary BEST ALBUM
12月12日発売

【初回限定盤(2CD+1BD)】

品番:LACA- 35765
価格:¥5,200+税

【通常盤(1CD)】

品番:LACA- 15765
価格:¥3,000+税

スピラ・スピカ
メジャーデビューシングル

「スタートダッシュ」

発売中

CD通販/ダウンロード等はこちら

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人