最後は9人そろって感動のフィナーレ!“ラブライブ!サンシャイン!!Aqours クラブ活動 LIVE & FAN MEETING ~ Landing action Yeah!! ~”千葉公演レポート!

2018年3月11日、幕張イベントホールで“ラブライブ!サンシャイン!!Aqours クラブ活動 LIVE & FAN MEETING ~ Landing action Yeah!! ~”の千葉公演が行われた。2017年11月の大阪公演から始まり、ソウル・上海・台北の海外公演も含めて9都市21公演が行われたライブ&ファンミーティングもついにフィナーレ。今回の記事では数々の感動的なシーンが見られた千葉公演2日目夜の部の模様をレポートする。

ライブ&ファンミーティングの出演者はAqoursの伊波杏樹(高海千歌役)、逢田梨香子(桜内梨子役)、諏訪ななか(松浦果南役)、小宮有紗(黒澤ダイヤ役)、斉藤朱夏(渡辺 曜役)、小林愛香(津島善子役)、高槻かなこ(国木田花丸役)、鈴木愛奈(小原鞠莉役)、降幡 愛(黒澤ルビィ役)の9名。まず、開演前にGuilty Kiss(津島善子、桜内梨子、小原鞠莉)の3人による諸注意のアナウンスが行われた。ここで「全員、前後左右の人にメンバーの証の会釈をするがよい!」という指令があり、“10人目のAqours”であるファンの皆さんはかなりざわつきながら「あ、よろしくっす」などと会釈をするという微笑ましい光景が見られた。そんなこともあって、本番前から会場内は大変な盛り上がりだ。

オープニングの映像の後、Aqoursのメンバーが登場。今回のライブ&ファンミーティングのタイトルにもなっているAqours Next Step! Projectテーマソング「Landing action Yeah!!」で幕を開けた。

歌が終わると、「愛奈~!」というメンバーの呼びかけで、ステージに姿を見せていなかった鈴木愛奈がメンバーに助けられながら登場。鈴木は昨日の公演で足を痛め、この日の昼の公演では怪我を押して参加していたのだが、夜の公演は大事を取ってライブパートの参加を見合わせると報告した。涙をぬぐいながら会場とライブビューイングで観ているファンに謝罪する鈴木。会場は鞠莉のカラーであるヴァイオレットのブレードの光で染まり、温かい拍手と声援で彼女を励ました。なお鈴木はトークパートには参加すると発表され、さらに大きな声援が起きていた。

その後のコール&レスポンスを交えた恒例のメンバー自己紹介では、鈴木も元気に挨拶を行った。そして、「Landing action……Yeah!!」の掛け声と共にトークパートがスタート。まずはファンから寄せられたメッセージをもとにトークをする“Aqours MEETING”のコーナーが行われた。そこで夫婦でファンミーティングに参加しているという方からの、“神田明神で結婚式を挙げ、沼津に新婚旅行へ行った”というハッピーなメッセージが紹介された。すると、“Aqoursのメンバーが結婚式を挙げるならどこがいいか?”という話題から、どういうわけかひとりずつ結婚式の誓いの言葉を言っていくという流れに……。牧師役となった降幡 愛がハンディカメラを持ち、カメラに向かってアップで誓いの言葉を言うことになったのだが、いつの間にか「隣にいる人と一生添い遂げます」というセリフが加わり、それぞれ照れたり恥ずかしがったり抱き合ったりしながら4組のラブラブなカップルが誕生していった。最後はひとり余った降幡が、小宮有紗との黒澤姉妹コンビで誓いの言葉を言って、会場のファンも大喜びでコーナーは終了。

次のコーナーは“イケメン選手権”だった。これはメンバーの中で誰がよりイケメンなのかを競うというもの。2人がイケメン役となり、審判役のメンバーをどちらがときめかせることができるかというルールだった。“家でホラー映画を観ていたら本気で怖がりだした彼女にイケメンな一言”などといったシチュエーションでイケメンなセリフを炸裂。斉藤朱夏と伊波杏樹は鈴木愛奈をメロメロにして、「落としてやったぜ!」という名言を生み出したり、降幡 愛が「味見したい」というセリフで“レジェンドイケメン”と呼ばれたりしていた。このように自由な雰囲気でさまざまな素顔を見せ、メンバーの仲の良い様子が伝わってくるのはファンミーティングならではといえるだろう。

トークパートの最後に、“Aqours Hop! Step! Jump! Project!”と題した今後のAqoursの展開が発表された。まず、浦の星女学院購買部BIRTHDAYプレゼントシリーズ第2シーズンの展開が決定。また、早くも次のライブ&ファンミーティング“ラブライブ!サンシャイン!!Aqours クラブ活動 LIVE & FAN MEETING 2018ユニット対抗全国ツアー”を開催することが決まった。さらに、“Aqours Hop! Step! Jump! Project!” テーマソングを制作。こちらは「Aqours CLUB CD SET 2018」として2018年6月30日発売される予定で、“Aqours CLUB 2018”ではユニット対抗全国ツアーの最速チケット先行受付を予定している。

そして第2回パーソナリティ総選挙の結果、「浦ラジ」ことWebラジオ「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours浦の星女学院RADIO!!!」の新パーソナリティが決定! 渡辺 曜役・斉藤朱夏、黒澤ルビィ役・降幡 愛、津島善子役・小林愛香の3人が3月14日配信の回からパーソナリティを務めることになった。続投となった小林は涙ぐみながらここまで一緒にやってきた伊波、小宮のふたりに感謝の気持ちを伝え、「新しい津島善子を届けたい」と抱負を語った。

ここからはライブパート。まずは「未来の僕らは知ってるよ」でTVアニメの映像とシンクロするように登場した。そして、印象的だったのが「恋になりたいAQUARIUM」。まるでスクリーンに映し出されたアニメーションPVから飛び出したかのように観客がライトブルーのブレードで“道”を作っていた。「Daydream Warrior」、「スリリング・ワンウェイ」と続けて歌った後、メンバーは一旦ステージから姿を消した。

そして再登場するとTVアニメ1期のOP主題歌「青空Jumping Heart」で大いに盛り上がり、「ハミングフレンド」ではメンバー同士で抱き合ってAqoursの友情を表現していた。7曲目はライブ&ファンミーティングの特別企画として“ファン決定楽曲”を歌うことに。色分けされた4曲の候補曲の中で、会場のファンが歌ってほしい曲の色のブレードを点灯させ、一番多くのファンに支持された曲を歌うという企画だ。その結果「届かない星だとしても」が選ばれ、手拍子も起きてかなりの盛り上がりを見せた。続く「Landing action Yeah!!」はスクリーンに歌詞が映され、Aqoursのメンバーとファンが声を合わせて大合唱が起きていた。

最後の曲、「勇気はどこに?君の胸に!(TVアニメ2期第11話合唱Ver)」は“みんなそろっていないと歌えない”ということで、ライブパートをお休みしていた鈴木が登場。9人で手をつなぎながらファンのみんなと合唱して、メンバー全員がそろってライブ&ファンミーティングのフィナーレを迎えることができたのだった。今回の公演でMCを務めた逢田梨香子は感極まって涙を見せながら、最後の挨拶で「みなさんと一緒に旅をしているようでした」と4ヶ月にわたるライブ&ファンミーティングを振り返っていた。

終演後はAqoursのメンバーによる“お見送り”が行われた。会場の出口でメンバー全員が待っていて、退場するファンに手を振ってくれるというもので、ファンはほんの数秒ではあるが至近距離で彼女たちを見ることができ、「ありがとう!」と感謝の言葉を伝え合うことができたのだった。こうして、Aqoursのメンバーが各地のファンと直接目を合わせて触れ合ってきたライブ&ファンミーティングツアーも全日程が終了。次の彼女たちのライブは4月27日、28日に函館アリーナ メインアリーナで行われる“Saint Snow PRESENTS LOVELIVE! SUNSHINE!! HAKODATE UNIT CARNIVAL”となる。今度はSaint Snowが贈るユニットライブということで、またひと味違ったライブになりそうだ。

Text By 金子光晴

“ラブライブ!サンシャイン!! Aqours クラブ活動 LIVE & FAN MEETING 〜 Landing action Yeah!! 〜”
3月11日(日)幕張メッセイベントホール
<セットリスト>
オープニング:Landing action Yeah!!(1コーラス)
01.未来の僕らは知ってるよ(TV Size)
02.恋になりたいAQUARIUM
03.Daydream Warrior
04.スリリング・ワンウェイ
~FAN MEETING ORIGINAL SE~
05.青空Jumping Heart
06.ハミングフレンド
07.“ファン決定楽曲”「届かない星だとしても」
08.Landing action Yeah!!
09.勇気はどこに?君の胸に!(TVアニメ2期第11話合唱Ver)

(C) 2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

関連リンク

この記事を書いた人