前期に続き新OP主題歌も担当!TVアニメ『魔法陣グルグル』OP主題歌「流星ダンスフロア」リリース記念ORESAMAインタビュー

サウンドクリエイターの小島英也とボーカリストのぽんによる2人組ユニットのORESAMAが、ニュー・シングル「流星ダンスフロア」をリリースする。

今年5月にランティスから再メジャー・デビューを果たし、話題のアニメ・タイアップ曲を連発している彼ら。今回の表題曲「流星ダンスフロア」は、前作「Trip Trip Trip」に続いて、TVアニメ『魔法陣グルグル』のOP主題歌に起用。同アニメの劇伴を手がけるTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDがアレンジで助力しており、ディスコサウンドとJ-POPの融合を進めてきた彼ららしい華やかなダンスチューンとなっている。

リスアニ!WEBでは、『グルグル』への作品愛とディスコ愛に満ちた同曲と、それぞれ異なる魅力を有する個性的なカップリング2曲についてのインタビュー取材を実施。ニューシングルの魅力に迫った。

なお、リスレゾでは本シングルのさらにディープな音楽的話題や、上坂すみれへの楽曲提供といった課外活動について聞いたインタビュー記事を掲載。本インタビューとの連動記事となっているので、ぜひ併せてご一読いただきたい。

――まずは今年8月に行われた音楽イベント「リスアニ!PARK」についてお聞かせください。ORESAMAはこちらのイベントにライブで出演されましたが、いかがでしたか?

ぽん ステージに立つまでは自分たちの曲でどうノッてくれるか少し不安に思っていたんですけど、みなさんその気持ちを払拭してくれるくらい盛り上がってくれて、自分たちもすごく楽しかったです!「銀河」というアニメのタイアップがついてない曲でもとても盛り上がってくれたのが印象的で、自信になりましたし、嬉しかったですね。

小島英也 なかには僕らの曲を聴いたことのない人もいたと思うんですけど、みなさん本当に温かくて、盛り上がってくれるので、うれしい限りでしたね。新木場STUDIO COASTでライブをやったのも初めてだったので、そういう意味でも楽しかったです。

――ライブはもちろんですが、MONICOさんによる出囃子のDJもステージをいい感じに盛り上げる仕掛けになってました。ぽんさんがボーカルを担当するONE III NOTESの楽曲「Shadow and Truth」も組み込まれてましたし。

小島 あの曲は自分たちのライブでもすごく歓声が上がるんですよ。

――他のアーティストのステージはご覧になりましたか?

ぽん ちょこちょこ拝見しました。以前に別の機会でTom-H@ckさんにお会いしたことがあるんですけど、あの日に初めてMYTH & ROIDさんのステージを見させていただいて感激しました。

小島 僕もぽんちゃんと同じ機会でTom-H@ckさんとお会いしたことがあるんですけど、その時に音楽の作り方やギターのお話をさせていただいたことがあって。MYTH & ROIDさんのライブもめちゃくちゃカッコ良くて、早く追いつきたいなと思いましたね。

――出演者としても見る側としても楽しまれたようですね。

ぽん MONICOちゃんもDJで出演したり、ライブメンバーも含めて全員で楽しませていただきました。

――そのステージでは『魔方陣グルグル』のOP主題歌「Trip Trip Trip」も披露されてましたが、それに続く今回のニューシングル「流星ダンスフロア」も『グルグル』とのタイアップ曲になりました。

ぽん はい!

小島 本当にうれしいですね。

――アニメは楽しんでらっしゃいますか?

ぽん 楽しませていただいています!私が子どもの頃に見ていたものよりテンポが速いので新鮮ですね。私の姉は『グルグル』をあまり見たことがなかったんですけど、たまに一緒に見てるとあまりストーリーがわかってなくても笑ったりしてるので、そういう力のある作品なんだと感じられてうれしいです(笑)。

小島 僕は録画を溜めてしまって、いま少しずつ見てるんですけど、魔王の弱点のくだりはギャグの畳み掛けが破壊的におもしろかったですね。

ぽん まだそこなの?(笑)。

小島 10話目ぐらいまでは見たはず(取材時は13話まで放送)。でも、早く追いつかないと新しいOP主題歌になってしまうので、ちょっと急いで見ます(笑)。

――その新OP主題歌として作られた「流星ダンスフロア」ですが、今回はド直球のディスコに挑戦されてますね。

ぽん 『グルグル』のなかでダンスはすごく大切なキーワードだと思うんですけど、それを踏まえてプロデューサーさんと一緒に次の曲はどんなものにしようか考えたときに、「ORESAMAのディスコを作ろう」という話になったんです。そこから小島くんが襟を正して作り始めてくれました。

――ディスコ好きの小島さんとしては、それをテーマに曲を作るからには襟を正さなくてはならないと(笑)。

小島 ORESAMAはデビュー前からずっとJ-POPとディスコやファンクを混ぜ合わせた音楽性を追求してきたので、改めてディスコをやるとなったときは本当に身が引き締まる思いになりました(笑)。現時点でのORESAMA流のJ-POPによるディスコの集大成をこの曲で出そうと思って、本当に気合いを入れて作りましたね。

――それだけに音の隅々までディスコ愛に溢れた楽曲になってますね。

小島 例えばベースのフレーズだったり、男性による裏声のコーラスだったり、ストリングスだったり、もちろんギターもディスコにある要素をしっかりと表現した上で、J-POPとしてもちゃんとしたものを作ろうと思って。今回はストリングスをフィラデルフィア・ソウルのような質感にしたくて、そのあたりのディスコの曲をあらためて聴き直したりして参考にしました。もちろん僕の大好きなナイル・ロジャースのギターをもう一度コピーしてみたりもして、まず頭の中の感覚をディスコにするところから始めましたね。

ぽん 私、この曲のイントロは、小島くんがいままで作った曲のなかでも史上最高に好きなんですよ。昂揚感というか、これから何かが始まる予感をくれるパワーがあって。イントロを聴いた瞬間に、この曲で歌詞を書きたい、歌いたいって思いました。

――たしかに冒頭からファンキーなギター・カッティングが入ってきて、一発で持っていかれますね。歌詞はどんなイメージで書かれましたか?

ぽん この曲は、『グルグル』の作品の世界と現実のダンスフロアを舞台に、昨日でも明日でもない、今日いまこの時間この場所で同じ時間を共有できる奇跡みたいなものを表現したくて、歌詞を書き始めました。私は自分がライブをしていても、他の方のライブを観ていても、”世の中に限りなくある可能性や選択肢のなかから同じ場所にたどり着いた人たち”に、奇跡的なものをすごく感じるんです。すごいことだなって。その同じ場所に同じ目的で集まった人たちが知り合いであろうがなかろうが、そのひとときはひとつのパーティーであれたらいいな、という私の願いを込めてるんです。

――その〈パーティー〉というのは、みんなでひとつのライブやダンスを楽しむ意味の〈パーティー〉であり、『グルグル』のニケとククリたちのような冒険者仲間としての〈パーティー〉でもあるわけですね。

ぽん そうですね。それにさっきも言いましたけど、『グルグル』はダンスパーティーがあったり、もちろんキタキタおやじがいたり、グルグル自体にダンスが関係していたりとか、作品のなかでダンスがすごく大切なキーワードだと感じてたんです。一方で私たちもみんなで一緒に踊りたいという気持ちを持ってライブをしてるので、そこをイコールにしたいと思ったんです。

――ただ、その瞬間の輝きは過ぎ去るからこそ美しいという側面もあって。歌詞に<答えはどこまででも秘密なんだけれど ともにここで笑いあえる今宵はパーティーさ>といったフレーズがあるように、楽しいばかりじゃないところを感じさせるのがぽんさんらしいですよね。

ぽん それはもう私のクセですね(笑)。落ちサビも<満ちては欠け夢は醒め>ですし、楽しいのはいっときの時間だということを入れたくなっちゃうんですよ。でもそれを自覚してるからこそ、楽しい時間をより楽しめるんじゃないかとも思うので。

――そこの少し切ない感情を楽しいサウンドでポップに昇華するところに、ORESAMAらしさをすごく感じました。カップリング曲についてもお聞きしたいのですが、「ヨソユキノマチ」はこれまでのORESAMAにはないオーガニックな質感の楽曲になっていますね。

ぽん どんな曲を作ろうか相談していたなかで、「私たち、冬の曲はあるけどクリスマスの曲はないね」という話になって。そこで〈優しいクリスマスソング〉というテーマを決めて、小島くんに曲を作ってもらいました。

小島 僕も音的に優しくてあたたかい音にしたい気持ちがあったので、この曲に関してはシンセを極力使わずに、ピアノ、エレピ、オルガンという生系の音で優しさを表現できたらと思って作りました。リズムも8分3連という僕たちとしては新しいものに挑戦したので、そこが新しいと感じてもらえる要因だと思います。

――歌詞も素敵ですね。

ぽん 私、クリスマスが好きなんですよ。別にクリスマスだからといってアクションを起こすタイプではないんですけど、世界中がいちばんぬくもりに恋をする日だという気がしていて。そういう雰囲気とか街の様子が、ただ漠然とした気持ちで好きなんです。なので、私なりの優しいクリスマスソングを書きたいと思って、幸せそうにキラキラ光る街のなかで、うつむいてた人が少しだけ優しい気持ちになれるような曲にしたいなと思って歌詞を書き始めました。

――そういった幸せな街並みを想起させつつ、寒空の夜道を歩いてるときの寂しい感じもあって。

ぽん 寂しい気持ちも肯定したいなと思っていて。それは運命が交差してないだけだよっていう気持ちを入れたかったんですよね。寂しいだけじゃなく、優しいクリスマスにしたかったんです。

――歌詞の端々にロマンスの予感みたいなものも感じさせますけど、そこはクリスマスらしいロマンチックさを意識されたのでしょうか?

ぽん クリスマスの時期って、街がロマンチックな香りで充満していくじゃないですか。そんななかで<いつかわたし まだ見ぬきみのそばで>過ごすから平気だよって、女の子が自分に言い聞かせているような、でも前を向いているような、そういう気持ちを描きました。カタカナのタイトルにしたのも、いつも住んでる街がクリスマス仕様になると自分の街じゃなくなるような感覚を表していて。

――小島さんはこの歌詞をご覧になっていかがでしたか?

小島 僕は「ヨソユキノマチ」というタイトルがすごく好きなんです。クリスマスだから街がちょっとお洒落にイルミネーションされていたり、よそ行きの格好をしてる街だったりとか、いろんなイメージが歌詞のなかに反映されてて、本当に聴いていて情景が浮かんでくるんですよ。この曲を作ってるときに自分で何度か涙腺をやられましたから(笑)。レコーディングで完成した歌詞を歌ってる声を聴いていても、またウルッときたりして。優しいんだけど人の寂しさもうまく表現できていて、そういう意味でも個人的にすごく好きな曲ですね。

――もう1曲の「Waiting for…」はガラリと雰囲気が変わって、打ち込み主体のダンスポップです。

小島 この曲は、デジタル感のあるテクノみたいな曲を作ろうというところから始まっていて。「Waiting for…」というタイトルがいちばん最初に出来たんですけど、テクノという音楽は反復が重要なので<Waiting for…>というフレーズを繰り返したり、多用しながら曲を展開していって作りました。最終的にはビート感のあるテクノやデジタル感のあるフレンチ・エレクトロのような質感に寄せていきましたね。

――「Waiting for…」というワードはどこから出てきたんですか?

ぽん デジタル感のある曲を作ることになったときに、私が「Waiting for…」という言葉を派生させて歌詞を作りたいって提案したんです。この曲は感覚というかサウンドで楽しんでほしい気持ちがあるので、歌詞ではあまり具体的に言及はしてないんですけど、私の中では〈もし自分がアンドロイドだったら〉っていうテーマで書いてるんです。アンドロイドにとっては使ってくれる人が必要で、その人が現れるまでは待つことしかできないじゃないですか。だから〈あなただけを待ってる〉という気持ちが強いのかなと想像して、「Waiting for…」という言葉をキーワードにしたんです。

――なるほど。歌詞が全部ひらがなで書かれていたので、もしかしてAIやロボットのお話なのかとは思っていましたが。

ぽん そうなんですよ。同じ言葉の繰り返しでそういう雰囲気を出したりしていて。歌い方はわりとエモーショナルなんですけど、ミックスではロボット感を意識していただいたりしていて、アンドロイドと感情を意識した曲作りが自分的にはすごく新鮮でした。

――ヒューマンで暖かい雰囲気の「ヨソユキノマチ」と、マシーン感のある「Waiting for…」、対照的な2曲がカップリングされたシングルになりましたね。ジャケットの三方背スリーブではククリとニケが手を取り合って踊っていますし、ORESAMAらしい楽しいサウンドが詰まった作品だと思います。

ぽん このククリちゃんとニケが踊ってるのが本当に可愛くて。もちろん「流星ダンスフロア」のタイトルをお伝えしてから描き下ろしていただいてるんですけど、本当に毎回豪華にしていただいて、その事実がうれしいですよね。もう自分自身が早くこのCDを欲しいです(笑)。

Inerview&Text By 北野 創

※リスレゾORESAMAインタビューはこちら


●リリース情報
TVアニメ『魔法陣グルグル』2クール目OP主題歌
ORESAMA
「流星ダンスフロア」

10月25日発売

品番:LACM-14659
価格:¥1,200+税

<CD>
01.流星ダンスフロア
作詞:ぽん 作曲:小島英也 編曲:小島英也、TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND
02.ヨソユキノマチ
作詞:ぽん 作曲・編曲:小島英也
03.Waiting for…
作詞:ぽん 作曲・編曲:小島英也
04.流星ダンスフロア -Instrumental-
05.ヨソユキノマチ -Instrumental-
06.Waiting for… -Instrumental-

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人