クラウドファンディング国内最高額を記録した前代未聞のプロジェクト、遂に始動ー。『Dies irae』最新ビジュアル&PVを公開!主題歌アーティストも決定!

2017.08.09

2007年に発表されたPCゲーム「Dies irae」シリーズ。その重厚な世界設定や、一癖も二癖もあるキャラクター、圧倒的強者との異能バトルストーリーは多くの者を深く虜にし、熱狂的ファンを生み出し続けてきた。2015年に実施されたクラウドファンディングでは国内最高額となる9656万円の支援を集め世間を驚かせた。そんな驚異・狂気のコンテンツが、シリーズ開始から10年となる2017年、遂にアニメーションとして放たれる。

暗躍する闇の超人達、人の魂を触媒とする魔術や魔導兵器、夢に現れるギロチン跡の残る美少女、神々しい最強の敵…。「恐怖劇(グランギニョル)」の、幕が上がる―。

この度、10月より放送開始となるTVアニメ『Dies irae』の新たなティザービジュアルが公開となった。純白の衣服を身にまとったメインヒロイン・マリィ(CV:榊原ゆい)が鎖に繋がれ、その背後には血で錆びたギロチンが描かれており、神々しさと妖しさが入り混じるビジュアルとなっている。

更に最新PVも解禁!主人公・藤井蓮(鳥海浩輔)の日常が突如として一変し、戦わなければ生き残れない激しい戦いへと巻き込まれていく様子が迫力満点の映像で表現されている。

あわせて放送日が決定。10月6日(金)深夜1:05よりTOKYO MXにて、BS11では毎週月曜深夜0:30より放送。またAbemaTVでは地上波同時配信が決定しており、その他、各動画サービスでも順次配信予定となっている。

加えて、オープニング・エンディング主題歌の情報も解禁となった。

オープニングテーマは、榊原ゆいの歌う「Kadenz(カデンツァ)」に決定。また、エンディングテーマは諏訪部順一・鳥海浩輔のユニット、フェロ☆メンが担当することも決定した。

また、アニメ公式HPにてキャラクターの追加情報が一挙公開となった。今回追加となったのは、蓮の住む諏訪原市を襲った闇の軍団・聖槍十三騎士団のラインハルト・ハイドリヒ(CV:諏訪部順一)をはじめとするキャラクター達。個性豊かな聖槍十三騎士団の面々の設定をぜひチェックしてほしい。


●作品情報
TVアニメ『Dies irae』

2017年10月6日より放送開始予定
TOKYO MX毎週金曜深夜1:05~1:35
BS11 毎週月曜深夜0:30~1:00
AbemaTVにて、地上波同時配信決定!その他、各動画サービスでも順次配信!!
※放送日時は局の都合により変更になる場合があります。

【キャスト】
藤井蓮:鳥海浩輔
マリィ:榊原ゆい
綾瀬香純:福原綾香
氷室玲愛:生天目仁美
遊佐司狼:前田 剛
本城恵梨依:牧野芳奈
ラインハルト・ハイドリヒ:諏訪部順一
ヴァレリア・トリファ:成田 剣
ヴィルヘルム・エーレンブルグ:谷山紀章
櫻井螢:瑞沢渓
ベアトリス・ヴァルトルート・フォン・キルヒアイゼン:瑞沢渓
イザーク:生天目仁美
ゲッツ・フォン・ベルリッヒンゲン:安元洋貴
ルサルカ・シュヴェーゲリン:いのくちゆか
エレオノーレ・フォン・ヴィッテンブルグ:矢口アサミ
シュピーネ:はらさわ晃綺
リザ・ブレンナー:羽吹梨里
ウォルフガング・シュライバー:環有希
メルクリウス:鳥海浩輔

【スタッフ】
原作:light
キャラクター原案:Gユウスケ
監督:工藤 進
シリーズ構成:正田 崇
キャラクターデザイン:福世孝明
美術監督 :桑原 悟(スタジオ天神)
色彩設計 :鈴城るみ子
撮影監督:小西庸平(スタジオトゥインクル)
編集:REAL-T
音響監督:森田洋介
音響制作:ブレイブハーツ
音楽:与猶啓至
音楽制作:Greenwood
オープニングテーマ:「Kadenz(カデンツァ)」榊原ゆい
プロデュース:GENCO
アニメーション制作:ACGT
製作:Dies irae ANIME PROJECT

<ストーリー>
「諏訪原市」に暮らす、ごく普通の学生藤井蓮は親友の遊佐司狼と殴り合いの決闘を起こし、決別。それでも幼馴染の綾瀬香純や先輩の氷室玲愛と共に元の学園生活にも戻りつつあった。
しかし、彼らの住む諏訪原市では人が首を斬り落とされて殺されるという無差別連続通り魔事件が起こり始める。
奇妙なことに蓮はその頃から、自分が断頭台で首を刎ねられるという恐ろしい悪夢にうなされ始めていた。だがそれは彼にとって恐怖と苦悶に満ちた戦いの物語の前触れでしかなかった。

裏返る日常。暗躍する闇の超人達。街は戦場へ変わり、常識を超えた不条理が蓮を襲う。戦わなければ生き残れない現実の前に、彼は平凡な生活を取り戻せるのか―

©light/Dies irae ANIME PROJECT

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人