スタイルキューブの若手男性声優によるプロジェクト「Jugend Stil」が始動!

news-1409102300-c001

スタイルキューブ所属の若手男性声優たちによる新企画「プロジェクトJ」の発表会が、2014年9月7日に初台The DOORSにて行われた。

本プロジェクトに参加するのは、奥山敬人、伊東隼人、筆村栄心、井上雄介、打上隼己、安部川賢治郎、雨宮 瞭、杉山智紀、関 翔太、竹下和宏、寺木慧佑、波多野龍之介、廣岡優介、福西 悠、矢中賢人、島津ひかるの16名。発表会では、彼らが「Jugend Stil(ユーゲント・シュティール)」として活動していくことが発表され、同時に「Jugend Stil」の公式サイトおよび公式Twitterがオープンした。
「Jugend Stil」とは、ドイツ圏のアール・ヌーヴォーにあたる言葉。作品やクライアント、ユーザーのニーズに融合できる次世代の声優の在り方を追求した新企画だ。巨大惑星国家アルカディアが誇る最強の精鋭騎士団「Jugend Stil」がクーデターにより故郷を失い、未知なる惑星・地球へと降り立つというストーリーになっている。

【JUGEND STIL / ZANTETZ】

news-1409102300-c003news-1409102300-c004

今回の発表会では、壇上で実際に演劇を行うことでその世界観を表現。地球のことを調査しているメンバーたちが、“女性”についての調査結果を検証するため、女性のことを知らない男性同士で匂いを嗅いだり、抱き合ったりといったコミカルなステージが展開された。

news-1409102300-c005news-1409102300-c006

さらに、劇中で華麗な殺陣やダンスパフォーマンスも披露するなど、これまでレッスンしてきた成果を発揮。特に、数々のアニメ、ゲームの振付、モーションアクターなどで活躍する奥山敬人がソロで披露したダンスは、目を見張るものがあった。

news-1409102300-c007

発表会の最後には、株式会社スタイルキューブ代表取締役である野口隆行氏が挨拶を行った。「歌ったり踊ったりとタレント性が求められる時代になり、これからは役者自らが発信していく必要がある」と語る野口氏。声優も声の芝居だけに行き過ぎるのではなく、“役者”であるべきという意識を持ってもらいたいと話す。
声優としてはもちろんのこと、役者として総合的にレッスンを重ねてきた彼らは、「Jugend Stil」としても個人としても今後の活躍が期待される。「Jugend Stil」の活動予定としては、10月12日(日)開催の“Style Academy challenge stage vol.3~審査員はあなた~”に参加。そのほか、活動報告は毎週金曜日に配信されるUstream番組や公式サイト、Twitter等で随時行われるので、ぜひチェックしてもらいたい。

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人