声優としての「あの曲」で自らの誕生日を祝福!よりバンドとの一体感が増した渡部優衣ライブ「FUN FAN BIRTHDAY 2016」レポート!

2016年6月にアルバム『FUN FAN VOX』で歌手としてメジャーデビューを果たした声優・渡部優衣のバースデーライブ“FUN FAN BIRTHDAY 2016”が12月3日、新宿ReNYで開催された。

声優としては『プリパラ』白玉みかん役や『アイドルマスター ミリオンライブ!』横山奈緒役など多くの役で知られ、どちらかといえば元気で明るい役柄に定評がある渡部だが、『FUN FAN VOX』のリードナンバー「Brightest story」では力強い疾走感の中に透明感がある、新しいアーティスト・渡部優衣像を提示して見せた。夏に憧れの人・水樹奈々もデビュー当時に立った原宿アストロホールで1stライブを成功させると、11月には待望のメジャー1stシングル「夢のキセキ」をリリース。より勢いを増しながら自らの誕生日(12月4日)を祝うバースデーライブを行なった。

161205-c0021

会場は新宿ReNY。キャパはデビューライブのアストロより大きいが、凝集感のある半円形の会場は体感ではむしろステージに近く感じられる。今回も演奏は「イエローサンダーズ」による生バンド。ステージの視認性の良さと音響の良さもあいまってか、バンドメンバーが楽しそうに演奏している様子が気分を盛り上げる。特にベースが音もパフォーマンスもやんちゃでとても楽しい。

動きやすいTシャツ姿でステージに立った渡部は挨拶代わりに「FUN FUN LOVE」と「スキがあふれて止まらない!」を歌唱。渡部の元気いっぱいの「だーいすき!」からの畳み掛けるようなライブ感を、気持ちよく鳴くギターが盛り上げる。静かなパートでのささやくような「…大好き」とのコントラストも良い。

161205-c0022

ファーストライブに比べていちばんの違いを感じたのは、バンドとのチームとしての一体感が増したことだろう。それをいちばん感じたのが「Last_Pain」。前半の渡部の天を見上げ惑い、何かを問いかけるような仕草と、そこからの語りかけるような歌唱は渡部優衣個人の表現力だろう。だがそこから緩急をつけて、サビで一気に走り出すような渡部の歌唱に合わせてドンと圧を増すドラムワークや、歌声と有機的に重なっていくメロディアスなキーボードの響きが彼女のパフォーマンスを背中からぐいっと押していた気がする。

161205-c0013

客席の一体感を感じたのが「Say La La La」で、渡部はステージ最前のボックスに腰掛けて、客席といちばん近い目線で大きく手を振りながら歌い、はにかんだような笑顔を浮かべる。歌いながら立ち上がってどこに行くのかなと思ったら、二番は舞台下手側のボックスに腰掛けてもう半分の観客とコミュニケーションを楽しんでいた。ステージ下に投げ出した長い足が、楽しそうにぴょこぴょことリズムを刻んでいるのがすごくかわいい。

161205-c0012

 「イエローサンダーズのテーマ」は、渡部が大好きな野球の球場アナウンスになぞらえたメンバー紹介コーナー。事前収録の音声で、渡部がウグイス嬢としてコミカルなメンバー紹介と「かっとばせ!」の応援の音頭を取ると、それに応えてメンバーも超絶テクニックのソロパートで返す演出だ。バンドメンバーが存分に盛り上げている間に、渡部はツインテールにミニハットのアイドルっぽい衣裳にチェンジ。今回のライブはMCや休憩無しで、本編は一気に駆け抜けて一連の楽曲を聴かせる構成だ。

161205-c0017

衣装チェンジ後は「こ・こ・か・ら color」からスタートする明るくハッピーな渡部優衣のターンだ。ずばっと天をつくポーズから「もっともっと声を出せよー!」と客席を煽る声はあくまでキュートに。「笑顔がイイネ☆」でコールアンドレスポンスを楽しむと、ギアを変えたのは疾走感のある「どんと胸をはれぇ!」だろうか。アーティストとしてのはじまりの曲「Brightest story」と、そこからの一連の物語を締めくくる「Days」を続けて聴けるのはこのタイミングのライブならでは。「Days」に入る前のピンと張り詰めた静寂、咳払いひとつで壊れそうな空気を保ったままラストの曲に入ったのは客席との信頼関係を感じる(と思っていたのだが、本当はここで渡部が「次の曲がラストです」と言うはずだったらしい)。

161205-c0014

アンコールの頭は、なんとTVアニメ『プリパラ』で渡部が白玉みかんとして参加するユニット「そらマゲドン・み」の「ラッキー!サプライズ☆バースデイ」を披露。声優として活躍する彼女のバースデーライブならではの遊び心だが、フルで歌うのはこれが初めてとのこと。みかんではなく「渡部優衣バージョン」をフルで歌唱する嬉しい機会になった。

161205-c0016

本編ではノンMCだったうっぷん(?)を晴らすように、アンコールMCではライブグッズへのこだわりなどを語りまくる渡部。「こ・こ・か・ら color」の頭サビの照明が暗かったのは、グッズの七色に光るライトをしっかりと見せたいとのこだわりだった。さらにMCでは、渡部からこの日のライブの模様がライブBD化される嬉しい発表も。発売は「にゃーにゃーにゃーの日(渡部談)」こと2017年2月22日。「歌う自分がどんな風に映っているかが不安」と、ネガティブゆい㌧がちょっと顔を出すのも彼女らしいが、「みんなと一緒に歌っている楽しさを思い出すから」とポジティブに変えていく渡部だった。アーティストとして駆け抜けた前半も、アンコールでのメンバーとの雑談も含めたMCオンステージも両方が彼女の魅力だろう。MC終わりにはキュートな豚をあしらったサプライズバースデーケーキが登場し、サプライズバースデー返しが渡部を喜ばせる一幕もあった。

161205-c0019

クライマックスは12月のライブハウスを真夏に変える「常夏ココナッツ」から。会場を幾つかのゾーンに分けて、リズミカルなクラップで客席と掛け合いをしていく。生バンドならではの入念な盛り上げから、そのまま盛り上がり不可避のタオル曲「Shine! Shine!」につないでいくのだからたまらない。渡部自身もタオルをぶん回し、自身もくるくると回ったりながら縦横無尽にステージを楽しんでいる様子だった。

161205-c0015

今年もファンと一緒に誕生日を祝えた喜びを語った渡部は、「これからも私らしく、一歩一歩前に進んでいこうと思いますので、引き続き応援よろしくお願いします!」と彼女らしくこれからの抱負を語った。感謝を込めたラストナンバーはもちろん、この曲無しでは終われないデビューシングルより「夢のキセキ」。圧倒的な盛り上がりの中、彼女の誕生日に輝かしい軌跡を残した。

Photography By 江隈麗志
Text by 中里キリ

渡部優衣「FUN FAN BIRTHDAY 2016」
2016.12.03新宿ReNY セットリスト
M01:FUN FUN LOVE
M02:スキがあふれて止まらない!
M03:100% Believe
M04:Last_Pain
M05:Say La La La ~イエローサンダーズのテーマ
M06:こ・こ・か・ら color
M07:秘密の呪文
M08:笑顔がイイネ☆
M09:どんと胸をはれぇ!
M10:Brightest story
M11:Days
-Encore-
EC1:ラッキー!サプライズ☆バースデイ(TVアニメ『プリパラ』)
EC2:常夏ココナッツ
EC3:Shine! Shine!
EC4:夢のキセキ


●リリース情報
渡部優衣
メジャー・ファースト・シングル
「夢のキセキ」
発売中

【初回生産限定盤(CD+Blu-ray)】
int-161116-c007
品番:TKCA-74443
価格:¥1,852+税

<CD>
1. 夢のキセキ
作詞:ハラユカ。 作曲:藤永龍太郎 (Elements Garden)
2. FUN FUN LOVE
作詞:ハラユカ。 作曲:母里治樹 (Elements Garden)
3. 夢のキセキ (Instrumental)
4. FUN FUN LOVE (Instrumental)

<Blu-ray>
1. 夢のキセキ (Music Video)
2. FUN FAN VOXから夢のキセキへ (スペシャル・インタビュー)

購入はこちら

【通常盤(CD)】
int-161116-c008

品番:TKCA-74444
価格:¥1,204+税

<CD>
1. 夢のキセキ
2. FUN FUN LOVE
3. Days
作詞:Lily-Rings, KOH 作曲:KOH
4. 夢のキセキ (Instrumental)
5. FUN FUN LOVE (Instrumental)
6. Days (Instrumental)

購入はこちら

リリース決定!
渡部優衣 1st LIVE VIDEO
「FUN FAN BIRTHDAY 2016」Blu-ray
2月22日発売
品番:TKXA-1107
価格:¥4,500+税

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人