【真山りかの恵比寿でチュッ!】第9回 真山さん、大好きなアニメ・ゲーム音楽について語ります!、

sp-150701-banner

アイドル・私立恵比寿中学のメンバーとして活躍するかたわら、TVアニメ『アカメが斬る!』新OPテーマ「Liar Mask」で昨年11月26日にソロデビューを果たした真山りか。アニメやゲームが大好きという彼女が、毎回題材を決めてそれぞれ深く掘り下げて勉強していくこの企画。第9回目のテーマはストレートにアニメ音楽雑誌『リスアニ!』らしいテーマ、”真山さんの大好きなアニメ・ゲームの音楽”ということで、お気に入りのCD3枚を挙げてもらいました!

sp-160528-main


シミュレーション・ゲームをする人間にとって音楽、特にOP・EDテーマってすごく重要なんです!

――まずはお好きなアーティストというくくりで言うとどなたかいらっしゃいますか?

真山 田村ゆかりさん!って言うと3枚全部埋まっちゃいそうなので別枠として(笑)、そのほかで好きなのは織田かおりさんです。

――アニメだと『バッカーノ』や『NORN9 ノルン+ノネット』でEDテーマを歌っていらっしゃいましたが、乙女ゲームでかなりの曲数を歌っていますね。

真山 私も最初に知ったのはゲームの「AMUNESIA」ですね。主題歌を歌っていらっしゃるのを聴いて、なんて素敵な歌を歌う人なんだろうと思って……!シミュレーション・ゲームをする人間にとって音楽、特にOP・EDテーマってすごく重要なんです!

――アニメでも言えることですね。

真山 そうなんです!平面のものを立体的に見せるために音や色などいろいろなものが効果的に使われてますが、自分が歌うことに携わらせていただいてることもあってか、特に音は重要だなと思います。効果音やBGM、主題歌だとかはゲームをプレイしていても印象に残りやすくて特に覚えています。

――ゲームでは繰り返し聴いたりする曲も多いので、BGMなんかも印象に残りやすい気がしますね。

真山 乙女ゲームでは、特にOP・EDテーマで物語のすべてが決まるといっても過言ではないんですよ。好みの曲じゃないときはなかなか入り込めなくて、最初の高ぶりがないまま中盤で良さに気づくみたいな感じになっちゃいます。EDテーマもそれまでのスチールに浸りながら見るので、そこを盛り上げる曲がハマるとグッと浸り具合が違うんですよ。

――なるほど、確かにゲームと深くつながって思い出に残すために重要な要素ですね。

真山 そうですね。OP・EDテーマを同じアーティストさんが受け持って、その人が物語のページを開いて閉じる、語り部みたいな、紙芝居を読んでくれる人みたいな感じが好きなんです。

――物語に導入する進行役みたいな感じですね。お気に入りの織田かおりさんは芯のある歌声という印象ですが、どういうところがお好きなんですか?

真山 やはり歌声の力強さと、それがあるからこそ高音の伸びが不快にならないというか。私は、自分で歌うときは高音の響きが苦手だと思っているので、織田さんの声を聴いたときに「この人の歌い方を目指したらいいんじゃないかな」と自分の声質も含めてできるかな?と思ったりしましたね。

――なるほど!自分で歌う真山さんならではというか、心の師匠みたいな感じですね。

真山 元々私は高音の伸びがいい方ではなくて、高音で攻めるタイプの歌い方ができないんです。すぐにライブで喉を潰しちゃって。なので、そうならない、聴き心地のいい声がいいなと思って参考に女性ボーカルを聴いて探していたこともあって、織田さんの歌い方を聴いたときにピンと来て。こういう歌い方がいいなと憧れるようになりました。音に声がしっかり乗って、歌声も楽器の一部みたいに馴染むのが理想なんです。

――確かに音の役割として楽曲全体に馴染んだ歌声ですね。真山さん的なベスト・ディスクは?

真山 大好きなのはアルバムだと『Colors』ですね。個人的にはしっとりした曲が好きなんですが、これは逆にアップ・テンポ多めなのに好きで聴いてます。あとは「忍び、恋うつつ」にドハマりしてた時期があるせいか、「ふたり綾とり」はすごく好きですね。「忍び、恋うつつ」はほんとにOPテーマで惹き込まれて大好きになった作品です。織田さんの楽曲でいちばん好きなのはやっぱり最初のOPテーマの「花はうつつに」ですし、「忍恋」はBGMもいいんですよ。乙女ゲームで最重要視している個別ルートに入ったばかりでくっつくかくっつかないかという高まるシーンの音があるんですけど、普通はオルゴールみたいな心地よい音が多いんです。

――恋の高まりをセンチメンタルに表現するイメージですね。

真山 それが「忍恋」では背景にブワーッと花が咲くみたいに派手さのある楽曲で!最初聴いたときは大好きになってずっとそこの音を聴いていたいから、一回ゲームを中断して、音楽を聴くモードでずーっと流して「良い……」って聴いてました(笑)。

sp-160528-001-c004

――真山さんはけっこうBGMとか劇伴にも注目して聴いてますよね。お気に入りの劇伴や作曲家の方はいますか?

真山 劇伴で好きなのはアニメ版『坂道のアポロン』のオリジナル・サウンドトラックですね。もう菅野よう子さんが大好きというのもありますし、ジャズ系のサウンドが好きなんです。

――それはやっぱり親御さんが聴いてたりしたんでしょうか?

真山 そうですね、小さいころからジャズとかボサノバとかを聴いて育ってきて、耳馴染みがいいからかもしれないです。モーニング娘。さんとかは除くと、ちゃんと自分でアイドルっぽい曲を聴き出したのは自分がアイドルになってからです。田村ゆかりさんも最初はジャズっぽい曲を聴いてすごくハマりましたし。

――それなら『坂道のアポロン』はまさにジャズで菅野さんで……それはハマりますよね(笑)。

真山 菅野さんは合いますね。あと手嶌 葵さんの「バードランドの子守唄」も、自分の好きな声の出し方でした。オケに乗ってるというか、音と一緒になって奏でるというか。

――今回エビ中のニューアルバム『穴空』収録の「ポンパラ ペコルナ パピヨッタ」は五五七二三二〇名義ですが、なんと菅野さん作・編曲ですね。

真山 シングル「スーパーヒーロー」の限定版Aのカップリングだったんですけど、レコーディングは菅野さんがディレクションしてくださって、もう人生で一番緊張しました……!

――(笑)。それはそうなりますよ!

真山 時間をとって練習をしようと提案してくださって、一か月くらい練習させていただいたんです。ブースに一緒に入ってピアノ伴奏してくださったりして、菅野さんの生ピアノですよ!緊張しちゃっていつも通りの声がなかなか出ないくらい緊張しました。

――それは何と言うか、アニメファンとしては貴重な体験ですね……!なかなかないと思います。

真山 そう思っていたんですが、最近でも放送中のアニメ『コンクリートレボルティオ』で挿入歌「ハチのムサシは死んだのさ」を歌わせていただいたんです。編曲をしてくださった2ANIMEny DJsのミトさんがディレクションにもいらしてて、こちらも緊張しました(笑)。

――『コンクリートレボルティオ』は本当に「なんでこの人がこの曲を?」っていうそうそうたる挿入歌スタッフになっていますね。

真山 観ていても音に力を入れてるアニメで、また音楽の入り方がすごく印象的なんですよ。それでいてアニメ自体をしっかり立てる入り方になっていて。二期に入ってもかなり挿入歌も気合入ってます。

――さすがの水島監督ですね。2ANIMEny DJsはリスアニ!ナイトではオタク全開の曲をかけてらっしゃるイメージですが元々すごい方々ですし、ミトさんはアニメや声優の楽曲もたくさん書いてらっしゃいますからね(笑)。

sp-160528-001-c003

真山 あとは劇伴だと久石 譲さんが大好きで。ジブリは小さいころからずっと観ていたのもあって、もうすごく好きなんですよ。遠征とかで眠れない夜に流すとすぐに眠れます(笑)。最近だとビールのCMで。見た瞬間「久石さんだ!」と思って調べたら音源化してなかった!早く音源化してほしいです。

――聴いたらすぐわかる「久石節」、ありますよね。

真山 豪華な音楽が好きなので、映画の音楽はけっこう好きです。主題歌でもイントロが長めに取られていたりして。久石さんはさらに生演奏でどことなく落ち着けるイメージが好きです。アニメやゲームと違って映画を作曲家につられてみることってあんまりないですけど、久石さんはつられることが多いです。

――劇伴で見るのはなかなかコアですね(笑)。

真山 それこそ最近はアニメやゲームでもネットの初報記事とかでも監督とかと一緒に音楽が書いてあったりしますよね。

――売れっ子作曲家だと売りのひとつになるようになってきたのかなと思います。

真山 やっぱり音楽アニメと言われるものも増えてきてますし、自然としっかりクリエーターにスポットが当たる時代なんだなと思います。アイドルをやっていても取材で作家陣について聞かれることが多いですね。

sp-160528-001-c005

――アニメやゲームで曲につられて見たり買ったりすることってありますか?

真山 けっこうありますね。アニメはまさに菅野さんがやってるからとか、ゲームだと発売前にたいていムービーが出るので、それで曲を聴いてからということはあるかも。やなぎなぎさんのゲームは大体名作なので買っちゃうかもです(笑)。でもお気に入りなのはゲームタイアップでもない「Sweet Track」です。

――朝の情報番組「スッキリ!!」テーマソングですね(笑)そのためかすごく爽やかな曲です。他に気になるアーティストとかはいますか?

真山 『アカメが斬る!』でご一緒した沢井美空さんもよく聴いています。

――アニメファンとしては『キルラキル』の昭和歌謡風の楽曲が印象深いですね。

真山 私はそれより前に「あたし、今日、失恋しました。」で知ってけっこう聴いてたんですよ。あと最近はPENGUIN RESEARCHさんも好きです。ボカロック系で、アップテンポなのはあんまり聴かないんですけど、これはピアノの入り方がすごく気持ちいいんですよ。あとはやっぱり前から何度か言っていますが花澤香菜さんの楽曲が好きです。さっき言っていた「音と一緒になって奏でる」って感じですごくいいですよね。

sp-160528-001-c002

――花澤さんは声質からしてもまさにそれを見事に体現していますし、アーティスト活動ではゆったりめな曲調やジャジーな楽曲も多くて真山さん好みですね。

真山 逆に田村ゆかりさんは、ゆかりんがいてバックバンドがいるって感じで、それも大好きなんです。でも歌の入り方として自分の声質が目指しているのは楽曲と馴染む方かなと思います。縁の下の力持ちみたいな。

――楽曲を引き立てる方に力を入れる方向性ですね。

真山 ゲームやアニメにとっての主題歌もそういうのがいいなと思います。そういう歌が歌えるように勉強していきたいなと思ってます!

――いいですね!さて、3枚目を選ぶとしたら?

真山 花澤さんのアルバムも好きなんですが、「君がいなくちゃだめなんだ」のカップリング曲がすごくよかったので、こちらで!「Blessing Bell」っていう曲なんですが、バラードで途中からちょっと楽しくなる感じの曲調で、もうずっと聴いていられます。

sp-160528-001-c001

Interview & Text By 大用尚宏(クリエンタ)
Photography By 高橋妙子


今回真山さんが選んだ三枚はこちら!

織田かおり『Colors』
ティームエンタテインメント
2014年5月7日発売 
sp-160528-001-c010
品番:KDSD-00702
価格:¥3,800+税

<CD>
01.true colors
02.煌めきの扉
03.GRASPS
04.Reverberation
05.微睡みを超えて
06.花はうつつに
07.エスケープ
08.君と愛になる
09.白、ひとひら
10.誓いの花束
11.Addicted
12.暁のバタフライ
13.愛がきこえる

 

TVアニメ『坂道のアポロン』OST
エピックレコードジャパン
2012年4月25日発売
sp-160528-001-c011
品番:ESCL-3874
価格:¥2,913+税

<CD>
01.KIDS ON THE SLOPE(菅野よう子)
02.Chick’s Diner(菅野よう子)
03.Moanin’(松永貴志)
04.Bag’s Groove(菅野よう子)
05.Blowin’ The Blues Away(菅野よう子)006.Satin Doll(菅野よう子)
07.YURIKA(菅野よう子)
08.Rosario(菅野よう子)
09.Curandelo(菅野よう子)
10.Transparent(菅野よう子)
11.Run (mabanua)
12.But not for me(類家心平 & 古川昌義)
13.My Favorite Things(南里侑香)
14.Equinox(菅野よう子)
15.A Piece Of Blue(菅野よう子)
16.バードランドの子守唄(手嶌葵)
17.Jazz For Button(菅野よう子)
18.Four(菅野よう子)
19.Easy Waltz(松永貴志)
20.float (mabanua)
21.Milestones(菅野よう子)
22.Apollon Blue(菅野よう子)
23.Kaoru & Sentaro Duo in BUNKASAI(松永貴志)
24.いつか王子様が(菅野よう子)

 

花澤香奈「君がいなくちゃだめなんだ」
アニプレックス
2015年2月24日発売
sp-160528-001-c009
品番:SVWC-70055
価格:¥1,200+税

<CD>
01.君がいなくちゃだめなんだ
02.Blessing Bell
03.運命の女神
04.君がいなくちゃだめなんだ (Instrumental)

●リリース情報
私立恵比寿中学 ニュー・アルバム
『穴空』
発売中

【初回生産限定盤A(Blu-ray+CD)】
sp-160528-001-c013

品番:SECL-1844~45
価格:¥4,444+税

【初回生産限定盤B(2CD)】
sp-160528-001-c012
品番:SECL-1846~47
価格:¥3,333+税

【通常盤(CD)】
sp-160528-001-c008
品番:SECL-1848
価格:¥2,778+税

※全種共通特典 トレカ封入(全9種のうち1種ランダム)

<CD>
01. 埋めてあげたい(Interlude)
02. ゼッテーアナーキー
03. 春休みモラトリアム中学生
04. ポップコーントーン
05. 面皰
06. エビ中出席番号の歌 その2
07. マブいラガタイフーン(Interlude)
08. 夏だぜジョニー
09. MISSION SURVIVOR
10. ナチュメロらんでぶー
11. あな秋いんざ夕景(Interlude)
12. ポンパラペコルナパピヨッタ/五五七二三二〇
13. お願いジーザス
14. 全力☆ランナー
15. スーパーヒーロー
16. 参枚目のタフガキ

●ライブ情報
私立恵比寿中学JapanホールKeikiiiiツアー2016~the snack bar in gakugeeeekai~
開催中
6月4日(土)沖縄・沖縄市民会館 大ホール
6月11日(土)新潟・新潟県民会館 大ホール
6月12日(日)宮城・仙台サンプラザホール
6月19日(日)神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール
6月25日(土)兵庫・神戸国際会館こくさいホール
7月2日(土)東京・東京国際フォーラム・ホールA

関連リンク

この記事を書いた人